こんにちは!

どんきー先生です


 春のこの時期は毎朝、身体よりも大きなランドセルを背負った新小学1年生たちが小学校に登校していくのを目にするたびにほほえましい気持ちになりますよね

しかし、この小学1年生になるこの時期は楽しいばかりではなく、実は子どもたちにとっては様々な問題に直面する時期になります。

いわゆる、小1プロブレムと言われる問題ですね。

小1プロブレムとは「小学校に入学したばかりの1年生が集団行動がとれない、授業中に座っていられない、先生の話をきかない」など「学校生活になじめない状態が続くこと」を指しています。

この小1プロブレムが解決されないまま登校を続けると子どもたちの中には過度なストレスがかかり不登校にまで発展してしまうケースが多く見受けられます。
私も支援を続ける中でそういったケースの支援を多数行ってきました。

こういった問題が起こってしまうことはなぜなのかという原因を支援の中から探っていきますと、まず大きな環境変化が要因の一つとしてあげられます。
つまり、幼稚園や保育園の生活と小学校生活が大きく違うということが一つの要因ということです。

幼稚園や保育園では、なかったシステムが小学校では導入されることが多いですよね。
例えば、幼稚園や保育園では時間割のようなきっちりした区切りがないことが多いです。
でも、小学校には時間割がある。

そもそも授業という概念が幼稚園にはないことが多いです。
幼稚園にはお昼寝の時間があるけれども、小学校にはないことが多いですよね。
幼稚園には親御さんの送り迎えや送迎バスでの送り迎えがあったりしますが、小学校では送り迎えはなく、自分の足だけで登校しなくちゃならないことが多いですよね。
地域によっては上級生のお兄さんお姉さんたちと集団で登校しなくちゃいけないこともあります。

・・・と、数え上げればキリがないほど幼稚園生活と小学校生活では環境の変化が生じます。(この差が生じないように小学校のような生活をさせている幼稚園、保育園もあるようですが、、)

こういった環境変化に適応できずつまり小1プロブレムに直面してしまうことで、「学校が怖い」というようになり不登校になっていくケースが多数報告されています


今回はその中から一つの事例を紹介したいと思います。 


【小学1年生 女の子 母子登校から不登校】 


支援を引き受けた際は母子登校の段階でした。
毎日、お母さんが学校まで付き添い、教室の中でもお母さんの席を一番後ろに設けてもらい、毎日参観しているような状況でした。
そんな状況ですから、子どもは何か困ったことがあるとすぐに教室の一番後ろにいるお母さんのもとへ駆け寄り、泣いて助けを求めるという状況でした。
幸い先生は根気よく、困ったことがあればお母さんではなく先生やお友達に聞くように指導してくだっさっていました。それでも、泣いてしまい、話にならずといったところだったようです。
しかし、これでは、さすがに担任の先生としてもクラスの運営がままならずといったところで、先生はこちらの状況を最大限考慮してくれているとはいえ、お母さん側がその状況に平謝りするしかないという先生も親ももちろん当事者の子どももつらいといった雰囲気があったようです。

この母子登校になってしまったきっかけとしては「給食が嫌だ」ということから行き渋りが始まり、その後、「ママがいい!学校行きたくない!」という様になり、それであればと母子登校が始まったようでした。

続きはまた次回

 ※細かい対応面や、状況の変化などは実際にはもっとあります。この場では省略しておりますのでその点はご理解いただいた上でお読みください。

 どんきー先生(佐藤博)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ