親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2017年04月16日

それゆけ★スージー先生‼ part

ブログ読者のみなさん、こんにちは。

ご無沙汰しております。スージー先生です

みなさん、今回のブログタイトルをご覧いただいて「何だ何だ何が始まるんだ」と思われた方も多いのではないかと思われます

実はですね・・・
以前からタイトルを考えてシリーズ化できればいいな〜と思っていたのです

今回タイトルにあります「それゆけ★スージー先生‼」では私が訪問カウンセリングで関わった子どもの様子をお伝えしようと思っています。
今回は記念すべき第1回目です
そうなんです、某アニメからヒントをいただきました
(あくまでパクった訳ではありませんからね


さて、誰の話を書こうかな〜と迷ってしまいましたが・・・
決まりました



↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  
  

記念すべき第1回目は、中1の女の子の話をご紹介しますね



 彼女は、お友達とのトラブルがきっかけで学校をお休みするようになりました。
トラブルと言っても、ケンカやいじめがあった訳ではありません。
友達とのすれ違いからくるものでした。
私達大人から見れば本当に些細なすれ違いでしたが、彼女はその出来事があってからお友達のことを信じられなくなったと話してくれました。
大袈裟に感じる方もいらっしゃるかと思いますが、大人から見るとそこまで気にならないことが子どもにとっては一大事だと捉えていることは珍しくないんです・・・


私は彼女の家に足繁く通い、彼女の好きなゲームやお絵描きをしながらリレーション(信頼関係)を築き上げていったのです。

ある日から彼女は私に自分で考えた物語を話してくれるようになりました
私達、カウンセラーが会いに行くと毎回 彼女は新しく考えた物語を話してくれます。
このように、彼女から次々に自己発信が見られるようになったのはカウンセラーとの関係性が良かったからだと考えられます。
彼女が考える物語は、とても上手でした
彼女は中学1年生ですが、ストーリー性もしっかりしていましたしその物語に登場するキャラクターのキャラ設定もしっかりとしていました
彼女が大好きなアニメのキャラクターがその物語に登場したりと、私も話を聞いていてワクワクしていました

しかし、その物語を彼女は頭の中だけに留めていたのです。
そこで私は、彼女に頭の中にある物語を文章化してみることを提案してみました
すると、彼女は目を輝かせ「それ、良いかも!ノートだったら家にも沢山あるし、忘れなくて済むよね!」と嬉しそうに話してくれました。

その日から、彼女の執筆活動が始まります
読み手にも分かり易いようにと、イラストを入れてみたり彼女なりに工夫して物語を考えていました。
やはり、その話をする彼女はとても楽しそうでキラキラしていました


そこから彼女は、「私ね、将来こうやって本書いたり、絵を描く仕事に就きたいんだよねと私に将来の話をしてくれるようになりました。

こうやってカウンセラーとの会話で、子どもが夢を持てるようになるのはカウンセラー冥利に尽きるなぁとしみじみ感じました

今では、復学も果たし頑張って毎日登校しています
もちろん、お家では夢に向かって執筆活動もしています
夢が叶うように今後も頑張ってくれれば嬉しいですよね



今回の話はいかがでしたでしょうか?
カウンセラーとの些細な会話で、子どもが夢を持てるようになったというお話でした


また、今後も「それゆけ★スージー先生‼」のシリーズを増やしていこうと思います
みなさん、楽しみに待っていて下さいね 


スージー先生(鈴木博美) 

 
↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

parentscamp at 11:30│TrackBack(0)mixiチェック 不登校カウンセリング | スージー先生の記事

トラックバックURL