親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2016年11月21日

中学3年生の不登校の復学事例

ブログ読者のみなさんこんにちは、どんきー先生です
先週の続きです。


訪問カウンセラーと彼は具体的にどうやって学校に戻っていくのかを話しあいました。

休み始めた「きっかけ」の部分はこれまでの記事の通りですが、今後学校に行くことを考えるとその「きっかけ」だけを解決してもなかなか登校に結びつかないことがほとんどです。
なぜなら、学校を休んでいる間に学校のことがわからなくなっているからです。

その部分を訪問カウンセラーが一つ一つ、「何がわからなくなっているのか」を紐解いていきそれに合った支援を組み立てていきました。
もちろん「きっかけ」になった部分をどうしていくのかも一緒に考えていきました。

彼は素直に訪問カウンセラーの話を聴いてくれました。
訪問カウンセラーが丁寧に解決策を話していくことで彼の中で「学校に行けるかもしれない」という思いを持つことができたようです。


その結果、復学に向けて訪問カウンセラーと二人三脚で準備していくことが決まりました。
まだまだ、学校に戻るという決意をしただけで具体的になにか動いたわけではないので不安はまだあったと思います。それでも、その時の彼の顔は少しスッキリしたような顔をしていました。


そして、彼の場合は部屋にひきこもっており、まともに親とのコミュニケーションも取れていない状況でした。
私たちの支援はあくまで親子のコミュニケーションによる家族療法が中心の支援です。
ですので、今後円滑に親子のコミュニケーションが取れるように私が親子の間に入り、関係の修復をするために家族関係を再構築していきました。

そこで彼が話していたことは
「学校を休んでいたことで親と話すことが気まずくなってしまった。心配かけてごめんなさい」
と泣きながら一言親御さんに話をすることができました。
これは私から見て彼の本心だったように思います。

親御さんもそれを受けて涙ながらに彼を応援することを誓ってくれました。


そこからは、約1ヶ月間、訪問カウンセラーと二人三脚で復学準備をしていきました。

準備の中で彼は昼夜逆転生活をしていたので、まずはその生活を学校に合わせた生活にできるだけ近づけていくようにしていきました。
また、私たちの訪問カウンセリングでは学校の準備とは別に遊びを通じて子どもと信頼関係を作っていきます。
その遊びの中で自虐的な発言も多かったため、訪問カウンセラーからところところで「暗いわ!」と突っ込みを入れながら、自虐的になり過ぎないようにケアしていきました


そうすることで学校に戻る前には昼夜逆転が落ち着き、自虐的な発言は減っていきました。
そのおかげで、登校前に友達と会う機会を作りましたが、その時も問題なくスムーズに友達たちと遊ぶことができました


いよいよ登校日を迎えました。

この日、私は1ヶ月ぶりに彼と会いましたが緊張感はありつつも、決意に満ちた良い表情になっていました。


その表情のまま彼は家を出ていきました。


力強く自転車のペダルをこぎ、さっそうと登校していきました。


そこから、彼は1日も休まず登校しています。



今では自虐的な発言はなくなり、どちらかというと明るくなりすぎて親が彼の話を聴くのに必死にならないといけないくらいによくしゃべるようになったそうです

私たちの支援では登校できてからも継続登校のサポートのために訪問カウンセリングに伺います。
そのカウンセリングにおいても、見違えるように明るくなったという変化がありました。
ゲームをしていても自虐的になることもなくなり、笑顔が増えました


そして、今では受験に向けてやめてしまった塾にも再び通いだし、志望校合格に向けて前向きに勉強に取り組んでいる毎日だそうです。


あの暗かった部屋も今ではカーテンを開けて十分に陽の光が入るようになったそうです。


最初に私が入ったときには彼は真っ暗な部屋で陽の光が入らないところにいました。


その彼が登校できるようになったことで陽の光を取り入れ明るく過ごすようになりました。


彼にとって復学とは「希望の光」だったのかもしれません。




登校おめでとうございます!

それでは、また次回ブログ記事にてお会いいたしましょう


※細かい対応面や、状況の変化などは実際にはもっとあります。この場では省略しておりますのでその点はご理解いただいた上でお読みください。


 どんきー先生(佐藤博)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 10:47│TrackBack(0)mixiチェック 実際の復学事例 | どんきー先生の記事

トラックバックURL