親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2016年10月23日

訪問カウンセラーの役割とは

ブログ読者のみなさんこんにちはまいどん先生です。
今日はスタッフの瀬川さんに「訪問カウンセラーの役割」についてブログ記事を書いていただきました。

はじめての訪問カウンセリング…かなり緊張したのを今でも覚えています。
今ではそんな初めての訪問カウンセリングの日も、かなり前のことになってきました(;´・ω・)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

こんにちは!ペアレンツキャンプスタッフの瀬川です

早いもので、今年ももうあと3ヵ月を切りました!
10月に入り、秋もいよいよ深まってきたというかんじがします

しかし、こちら大阪では、天気が良くない日が続いています。
ですので、せっかく涼しいのにおでかけがなかなか出来ずにいます
前回のブログでも書かせていただいたのですが、私が快適に過ごせるのは1年の中でこのだけです。
なのに…なのにどうして…雨ばっかり…(´;ω;`)

こんなことを言っているうちに、またすぐ冬が来てしまうんだろうなぁと毎日おびえています(笑)



では、本題に入らせていただきます
今回は、訪問カウンセリングについて私なりに感じていることを書かせていただこうと思います。


私は、他のカウンセラーの先生方にたくさんの時間をかけてご指導いただき、訪問カウンセリングに行かせていただく機会を何度もいただいています。
心理学科を専攻しているため、その知識が訪問カウンセリングの現場ではかなり活かされています。
その中でも、私は女の子がいるお宅にお伺いさせていただくことが多いです

これはペアレンツキャンプの訪問カウンセリングの特徴の一つでもあるのですが、子どもと仲良くなるために、さまざまな準備や勉強を念入りに行ってから子どもたちと触れ合っています。
子どもたちと仲良くなるには、カウンセリングの技術のみならず遊びにおいてもプロであることを求められます。
訪問カウンセリングに入る前にかなりの時間を費やして準備をして、そこでやっと様々な遊びを通じて仲良くなっていきます

例えば、一緒に3DSやWiiでゲームをしたり、パソコンで面白い動画を見たり、絵を描いたりすることが多いように感じます
小学校低学年くらいのお子さんであれば可愛いシールを交換したり、中学生くらいのお子さんであれば一緒に雑誌を読んでファッションについてあれこれ話すこともあります。
女の子はやはり可愛いものについて話すとテンションが上がる子が多いですね

また、私には妹がいるので、女の子と遊ぶことに関してはどちらかというと慣れています
ただ、そのぶん男の子と遊ぶとなると、「うーん、何をして遊ぼう…」と多少戸惑ってしまうのですが、基本的には女の子と同様ゲームをしたり、カードゲームをしたり、その子の趣味や好きなことに合わせることが多いです


訪問カウンセリングにつきましては、他の先生方からアドバイスを頂くことも多く、まだまだ発展途上な私ですが、とてもやりがいを感じてお仕事をさせていただいております



今回は、そんな私が訪問カウンセリングに初めて行かせていただいたときのお話をさせていただこうと思います。

私が初めて訪問カウンセリングでお伺いさせていただいたお宅のAちゃん(仮名)は、小学校高学年の女の子でした。
事前分析で「恥ずかしがり屋さん」「心を開くまでに時間がかかるタイプ」と判断しいていたので、かなりの準備をして訪問カウンセリングに伺いました。
いざ会ってみると「え?!こんなに話してくれるの?!」と思うほどよく話す子で、驚いてしまいました。
(後でカウンセリング技術があったからだと先輩に褒めてもらいました)
きっと、私の中で勝手に「不登校の子はふさぎこんでしまっている」というイメージがどこかにあったのだと思います
 
しかし、Aちゃんは決してそんなことはなく、逆に「どうしてこんなに普通で明るい子が不登校になってしまったのだろう?」と思ってしまうほどでした。
時には無口なお子さんもいますが、慣れてくるとたくさん話してくれる子が多いです


また、Aちゃんのところに何度か足を運び、一緒にゲームなどをして仲良くなっていくにつれ、Aちゃんと話す内容もどんどん変わっていきました。
初めはゲームやアニメの話が主だったのですが、会う回数を重ねるたびにAちゃんはだんだんと自分のことを話してくれるようになりました。

例えば、Aちゃんの家族のこと、好きな食べ物のこと、最近あった面白かったことなどです。
私から聞かなくても「そういえばこの間こんなことがあってさ〜とにこにこ話してくれるAちゃんを見ていて、「仲良くなれてるなぁ」と嬉しくなりました


それからしばらくして、Aちゃんの方から学校のことについても話してくれるようになりました。
学校に行っていたときに嫌な思いをしたこと、今も学校に行かなきゃいけないということも分かってはいるけれど怖くてなかなか行けないということ…
Aちゃんは、涙をこらえたような表情で自分の気持ちを話してくれました。
きっとAちゃんは今まで誰にもこのような弱音を吐き出せず、苦しい思いをしていたのだと思います。
しかし、訪問カウンセラーに心を許してくれたからこそ、話してくれたのだと思います。


訪問カウンセラーは、子どもと一緒にゲームをしたりして、ただ遊び相手になるだけの役割ではありません
子どもの良き相談相手となり、何か困ったことがあるときや悩んでいることがあるときに、いつでも頼ってきてもらえるようになるということがまず大切です
このあたりは、まさに世間的によくイメージされる「カウンセラー」のお仕事の領域であると言えそうですね


また、私達訪問カウンセラーは、訪問の現場で自らPCM(ペアレンツカウンセリングマインド)を実践しています
例えば、子どもの話を上手く聞くためにアクティブリスニングを使ったり、何か子どもにお願いするときはアイメッセージを使ったりしています。
PCMの手法を親御さんにお伝えする立場である私たちがPCMを使いこなせていないとなると、示しがつかないですからね


このように「訪問カウンセラーのお仕事」と一言で言っても、実はたくさんの目的が隠されています
私は、インターンシップの期間中に訪問カウンセリングについて研修をしていただきましたが、実際に訪問カウンセリングに行ってみると、やはりお話で聞いていただけとは違い、本当に難しいお仕事だと感じました。

しかし、その分、やりがいも楽しさを感じる部分もたくさんあります!
何より子どもの笑顔を見ていると、とても幸せな気分になれるんですよね…

まだまだ至らない部分も多い私ですが、先輩方にご指導をしていただきながら、これからも訪問カウンセラーのお仕事を頑張っていこうと思います



気温が上がったり下がったりと不安定な気候が続いていますので、体調を崩されないように、ご自愛くださいね。
それでは、また次回のブログ記事にてお会いいたしましょう


瀬川佑奈
 まいどん先生(山下真理子)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

parentscamp at 10:00│TrackBack(0)mixiチェック 不登校カウンセリング | まいどん先生の記事

トラックバックURL