親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2016年09月05日

子どもの自立心をはぐくむ親とは〜みんなで考える親の立場でできること〜

ブログ読者のみなさんこんにちは
最近、筋トレを始めたまいどん先生です。

ブログに登場したての頃は「ジョギング」
途中から「エアロバイク」
現在は「筋トレ」

…と、無駄なあがき体調管理や体力作りのために定期的な運動を頑張ってみています。
そろそろ食べ物がおいしい季節。
美味しくご飯が食べられるように運動は続けていこうと思っています。

↓こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

さて、今回のブログ記事では遅ればせながら先月新横浜で行われた「ペアレンツキャンプ!サマーモーニングセミナー」のワークショップの詳細をご報告いたします

まず、「ワークショップ」とは…。
「あるテーマに対して参加者が知識を分け合う研究集会」のことを指します。
「主題」に対してあらかじめ答えを用意していたり決まっているわけではなく、グループディスカッションをすることで親御さん方には様々な価値観にふれ新たな視点を得てもらうことが目的です。

この日のテーマは…

・子どもの自立について
・子どもの自立心をはぐくめる親について
の2つでした。

まず、ひとつめのテーマ「子どもの自立」についてそれぞれのグループにて話し合っていただきました。

「自立出来ている子どもとはどんな子どもなのか」
「どういうことが出来ると自立した子どもであると言えるのか」
…など、様々な視点から親御さんには「子どもの自立」についてお考えいただきました。

私が皆さんの意見をお伺いして感じたのは、『 「子どもの自立」に対する捉え方は多様で人それぞれ』ということです。

例えば…
自分で生活していける力をつける
お金を稼ぐことが出来る
自分の行動に責任を持つ

など、現実的・具体的な意見もあれば、

相手の価値観を受け入れる
相手を理解しようとする
相手の話に耳を傾ける

など、精神的・共感的な意見もありました。

また、前者の現実的・具体的な意見は親御さんの中でもお父さんが挙げることが多く、後者の精神的・共感的な意見はお母さんが挙げることが多かったように感じます

ふたつめのテーマは、子どもの「自立心」をはぐくむことが出来る親の対応とは」について考えていただきました。

その際に出た意見としましては…
親は子どもに失敗経験をたくさんさせる
親の価値観を押し付けない
親は子に余計な口出しをしない
親は子どものやることを否定しない

などでした。

これらの意見を集約しますと、「子どもを信じて任せる」ということに尽きますね。

親御さんは、子どもの様子を見ていて、「これはこうした方がいいのに…」と感じる場面はいくつもあるかと思います。
しかし、そこをグッとこらえて、お子さんが自分自身で問題を解決し、成長していくために見守ることが必要です。

また、「私が素敵だな」と思った意見は、「親自身が幸せになる」「親自身も自立する」というものがありました

子どもを幸せにするためには、
まず親自身が幸せになること。
子どもの自立のためにはまず親自身が自立することが大切。


私が家庭教育支援コースにて支援を差し上げる中で、小さな幸せを感じられる親御さんであればあるほど、子育てに対してネガティブになったりイライラしにくいように感じます。

親御さん自身が幸せな気持ちで過ごしていると、気持ちにも余裕が生まれます
そうすると、お子さんを温かい目で見守ることが出来ます。

また、お子さんは「親の背中を見て育つ」と言われていますよね。
親御さん自身も、お子さんに送って欲しい生活の見本になるような生活を送るよう心がけていただくと良いかと思います。


冒頭で書かせていただいたようにワークショップに関しては「正解はこれ!」という決まりはありません。
しかし、今回出てきたみなさんのご意見に関しては、「どれも正解だな」と感じた次第です

今回のブログ記事を読んでいただいて、
「子どもの自立とは何なのか?」
「子どもが自立出来るよう親はどう手立てしていくべきか?」
…について一度ゆっくり考えて、子育てを振り返るきっかけにしていただければ嬉しくおもいます

それでは、また次回ブログ記事にてお会いしましょう

まいどん先生(山下真理子)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

parentscamp at 11:40│TrackBack(0)mixiチェック 対談・講演会の記録 | まいどん先生の記事

トラックバックURL