親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2016年08月29日

子どもと1日一緒に過ごす際に気をつけた方がいいこととは?!

ブログ読者の皆さん、こんにちは。 
アカツキ先生です!

2学期がスタートしたご家庭も多い今日この頃。
ブログ読者の皆様はいかがお過ごしですか?
今年の夏は、日本各地で35℃を越える猛暑日が続いております。毎日とても暑いですね

先日、家で洗濯物を干した時に8時間ほどで衣類が乾いていたので太陽の力はとても凄いと感心しました

こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


さて、前回の記事でも書かせて頂きましたが
夏休みならではのご相談が当センターに日々、寄せられていました。

その中でも、当センターに来るご相談として今回取り上げるのは、
「1日、子どもと一緒にいてどのように対応すれば良いですか?」
と言う内容をピックアップしたいと思います。

なので、夏休み中にありがちな会話をcase study形式で書かせて頂こうかと思います。

Are you ready ? Here we Go

case1: 子「ママ、大きなセミ取れたよ!」
    親「それはいいけど宿題は?」

上記のような会話していませんか?
このような言い方をしたら子どもは「今、宿題の話していない…」ってなっちゃうかもしれませんね
このような場合は…

親「大きなセミが取れたんだ!すごいね!」(子の発言を繰り返す)とにっこりしながら聞いてあげましょう。


case2: 子「あ〜しんどいなぁ。寝不足かなぁ」
    親「夏休みだからって夜更かししてちゃダメでしょ」

上記のような言い方をしてしますと、子どもは「うるさいなぁ〜…」ってなっちゃうかもしれませんね。
このような場合は…

親「寝不足でしんどいんだね。」(要約)と言ってあげるとちゃんと聞いてくれているなと子どもは感じるでしょう。

case3: 子「塾の先生、俺のことばっかり怒るんだよ。」
    親「あなたがちゃんとやってないからでしょ。」

上記のような言い方をしてしまうと、子から「ちゃんとやってるよ!」など、
反発が来るかもしれません。

そこで「怒られて頭に来ているんだね。」(共感)といった対応をすれば子どもとの信頼関係が出来、子どもが困った時に本音で話をしてくれるようになるかもしれません
そのような親子関係が望ましいですね

さて、上記のようなテクニックを「アクティブリスニング」(傾聴)と言います。
アクティブリスニングとは、相手が課題を抱えている時に、能動的に話を聞くことによって相手を支え、結果的に相手の心の成長を促す対話法です

〇劼匹發慮世辰浸をくり返す
▲織ぅ潺鵐阿鳳じて要約する
子どもの気持ちを汲む
ざΥ凝に子どもを理解する


と言うのが具体的な対応になります

特に中学生くらいのお子さんは親御さんから教訓めいた事やアドバイスを期待していないことが多いです。
「家庭ノートを添削してもらって、子どもが会話する機会を奪っていました。」と言った気づきをされる親御さんが多いです
まずは意見を言うのではなく、きちんと話を聞く事を心掛けてみましょう!
「この子はこう思っていたんだ…。」など意外な発見があるかもしれないですよ

今後は普段はゆっくり時間を取れないお母さんも、休日などを利用してお子さんの話を一度じっくり聞いてみてはいかがですか

それでは、次回ブログ記事にてお会いしましょう


アカツキ先生(野尻暁)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


parentscamp at 08:30│TrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | アカツキ先生の記事

トラックバックURL