ブログ読者のみなさんこんにちは!

いよいよ夏がはじまりますね〜
我が家では少し早いですがクーラーが起動し始めました…

私がこの世で最も我慢できないもの、それは…暑さです!
訪問カウンセリングに言った際には、ついぽちっと押してしまいます。

あっ、しっかりと両省はいただいてからですけれども

サムライ先生が来た( ・Д・)!
クーラー起動っ( ´,_ゝ`)!

と、していただけると感謝の眼差しで親御さんを見つめるかもしれません

厚かましいお願いですが皆様よろしくお願いします....(´・ω・`) (切実)


では、クーラーをつける時にボタンを押す練習として、こちらバナーを押してみましょう!
(1日1回クリックを
  
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村




それでは!本題に入りましょう!

今回の記事では『サムライ式 Psychology Technique !!』シリーズ第9弾を書かせていただきます!

読者の皆様が楽しんでプチ心理学を学んでいただけるような記事を書いていきたいと思います(・∀・)
(※なお、ご紹介するテクニックに関しましては子どもの性格をしっかりと分析した上で、訪問カウンセラーとしての立場を利用してからこそ効果がありますのでその点を踏まえてお読みください)


 さて今回ご紹介する Psychology Technique   ですが!!



『身の回りに存在している無意識の世界』をご紹介したいと思います!

誰もが無意識の中で心理テクニックを使っています。
これらを無意識ではなく意識的に使うことで、対人関係をスムーズにできているかもしれませんし、少しだけならば、相手を操作可能になるかもしれません!

ただ、人を操作するために使用するのではなく、対人関係を良好にするために使って欲しいなと思います

◆その1 よく話す人

よく話す人は自己防衛の気持ちが非常に高い傾向があります。
よく話すことで、自分の心境を察知されないようにしている可能性があります!

◆その2  人が嘘をつく時

嘘と視線これは有名な話ですが、人は嘘をつく得に女性の場合は目をそらさなくなります!
その代わりに瞬きの回数が多くなりやすくなります。逆に男性の場合は目を逸らす傾向があります。
あとは手が忙しなく動いたりすることもあるので要チェックです!

◆その3  秘密の共有

「誰にも言わないでね!実はね・・・」や「ここだけの話なんだけど」と自分のプライベートな話をすることで、相手に親密さを感じさせることができるのです!
皆さんはいかがですか?


では、この3つを訪問カウンセラーが訪問現場でしようするとどのような効果があるのでしょうか!

子どもとの会話例をご覧下さい。 (以下より、サムライ先生→侍、子ども→タロウと記述します。)

侍「今日学校お休みしちゃったんだね。」

タロウ「うるさいなー!嫌だったんだからしょうがないじゃん!なんで怒られなきゃいけないんだよ!僕の人生なんだから放っておいてよ!うわああああ!」《よく話す人》

侍「まあ、落ち着いて。別に叱りに来たわけじゃないんだよ。何か学校であったの?。」

タロウ「そうなの?うーん。別に何もないよ?(目を逸らす)」《嘘をつく人》

侍(何かあったのかもしれないな・・・)
侍「そうなんだね。まあタロウのこと俺は心配してるから何でも相談してくれよな!俺で力になれることがあるならなんでも言ってくれ!」

タロウ「実はね〜」(悩みを打ち明ける)

       ・
       ・
       ・

侍「そんなことがあったのか。それは辛かったよな。タロウにだけ話すけどさ、俺も学生時代に同じようなことがあったよ。だから気持ち分かるぞ。」《秘密の共有》

タロウ「そうなの!?そうなの辛いんだよ。けど侍先生が気持ち分かってくれて嬉しいよ。」

侍「うんうん。一緒にどうすれば良いか考えよう!」


如何だったでしょうか?
このように訪問カウンセラーは現場にて多くのテクニックや様々な視点で分析し対応しています!

今回は3つの人間の無意識で動いている心理テクニックをご紹介しました!
次回の記事でもご紹介させていただきますのでお楽しみに♪

それではまた次回の記事でお会いしましょう!


 サムライ先生  (香川武志)




宜しければこちらもポチッと応援お願いします!!!(1日1回クリックを  
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村