ブログ読者の皆さんこんにちは!

サムライ先生こと香川がブログ記事を書かせて頂きますね♪



鬼は外!福は内ー!
 
2月3日は節分でしたね!

setsubun1160316

 

節分とは「季節を分ける」つまり季節の移り変わる節日を意味し、立春立夏立秋立冬とそれぞれの前日に、1年に4回もあったのです!

しかし、日本では立春は1年の始まりとして、特に尊ばれた為、

次第に節分といえば春のみを指すようになったそうです!

また、私たちは節分の日に豆を撒きますが、豆を撒く意味をご存知でしょうか(。・ω・)?

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとときに毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、

鬼を退治できたという話が残っており、

「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて

「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるという意味合いがあるそうです!

また、豆まきは一般的に、一家の主人あるいは「年男」が豆を撒くものとされています。

皆様のご家庭も今年はご主人を筆頭に家族仲良く、豆まきをされましたか


それでは皆さんご一緒に!!

鬼は外ー!福は内ー( ´_ゝ`)ノ∴:・!!



それでは!本題に入りましょう!


今回の記事では『サムライ式 Psychology Technique !!』シリーズ第7弾を書かせていただきます♪

読者の皆様が楽しんでプチ心理学を学んでいただけるような記事を書いていきたいと思います(・∀・)
(※なお、ご紹介するテクニックに関しましては子どもの性格をしっかりと分析した上で、訪問カウンセラーとしての立場を利用してからこそ効果がありますのでその点を踏まえてお読みください)




 さて今回ご紹介する Psychology Technique   ですが!!



カチッサー効果をご紹介したいと思います!

カチッサー効果とは、ビジネスの際に相手の承諾を得る際によく使われる方法で、要求に対して理由を添えることで相手の承諾を得やすくなるという心理テクニックです。また、添える理由については特に意味のないことでも効果はあるのです。

カチッサー効果を使用した実験にランガーのコピー機という実験があります。

実験内容としては、コピー機を使わせてもらう要求に対して3つの頼み方を検証するというシンプルなものです。

1つ目は「先にコピーを取らせてください」という要求パターン。

2つ目は「急いでいるので、先にコピーを取らせてください」という本当の理由を添えたパターン。

3つ目は「コピーを取らなければならないので、先にコピーを取らせてください」という理由があるようで無い理由を添えたパターンです。

結果は最初の「要求のみ」に対しては60%の人が応じたのに対して、後の2つは共に90%もの人が応じたというものでした!

要求に対して理由を添えるだけで90%の確率で、要求が通るというすごい心理テクニックですよね

では、

サムライ先生」×「カチッサー効果」を組み合わせるとどうなるでしょうか?
さらに今回はPCMのアクティブリスニングとアイメッセージを取り入れてみたいと思います!
実際にあった子どもとの会話例をご覧下さい。 

(以下より、サムライ先生→侍、子ども→タロウと記述します。)


侍「タロウ次は◯日に来ようと思うけどどうやー?」

タロウ「うーん、その日は微妙だなー。」

侍「微妙なのかー。でもその日しか空いてる日がないから空けて欲しいんだよなー。」

タロウ「そうなの?じゃあその日にしたほうが先生は助かるよねー。」

侍「そうなんだよーその日にしてくれると俺は嬉しいなー」

タロウ「じゃあその日にしとくよ!」

侍「ありがとうなー!」

タロウ「いいよー!じゃあ◯日に待ってるねー!その時は宿題絶対手伝ってよね!そのあとスプラトゥーンしよう!」

侍「おっけー!」

このようにアクティブリスニングやアイメッセージとカチッサー効果を組み合わせることで、こちらの要求を自然に通すことができるだけでなく、円滑に対応を進めることができるのです!
要求を通すという意味では使いこなすことができれば最強の心理テクニックなのかもしれませんね( ´∀`)

それではまた次回!


 サムライ先生  (香川武志)




宜しければこちらもポチッと応援お願いします!!!!!!!(1日1回クリックを  
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村