ブログ読者のみなさんこんにちは。
家庭教育アドバイザーと不登校復学訪問カウンセラーをしておりますスージー先生こと鈴木です。

前回の続きです

「もうそんなこと言ったって、熱もないんだから大丈夫でしょ?早く用意して行きなさいよ
…親御さんの言っていることは、間違っていないと思います。

毎日子どもの様子を見ていますし、子どもの性格傾向も理解されていることと思いますので、むしろ親御さんの発言は子どもの背中を押す一言ともいえます。
ですが、熱がない体調不良となりますと、本人にしか分からないことです。
痛みやちょっとした体のだるさなどは、本人でしか感じられないことであり、決めつけて考えることができません

だからこそ、こういった場面で子どもが「熱はないけどしんどい。頭が痛い。」などと言ってきた時には、
❝どうせずる休みだろう❞という決めつけをしてしまうことは良くない
…と当センターでは考えております。

では、どのような声掛けが良いのかというと・・・
体調不良を訴えて、学校を休もうとしている子供に対して親御さんは
「痛いんだね。でも、学校には行かないといけないから、我慢できるのであれば行ったほうが良いとお母さん思うなぁ。」
と先ずは子どもが発言したことに対して、否定的に捉えるのではなく素直に受け入れてあげましょう。
先ほども書きましたように、体の中の話となると親御さんであっても本当のところはなかなか判断できませんよね。

また、上記のような声掛けを親御さんからしてしまいますと、
「お母さんは僕(私)の気持ち何もわかってくれないんだ
・・・と子どもが捉えてしまう場合があるのです。

このような対応が続いてしまいますと、子どもは何か不安なことや本当に体調不良であった場合に、親御さんに対して相談などをすることが無くなってしまう可能性も考えられます。
…そうはなって欲しくありませんよね〜
ですので、まずは子どもの発言に対して否定するのではなく、素直に受け入れてあげてください。

その上で、学校には行かないといけないよねということを親御さんの考えとして伝えてあげましょう。
親御さんの考えや意見として伝えるのは、その方が子どもは話を聴きやすいということがあるからです。
と言いますのも、「〜しなさい!」と命令口調で言われても、誰も素直に聞きたいとはなかなか思いませんよね・・・
そこを「お母さんは〜思うよ」と伝えることによって、子どもから反発は起きにくい状況だと考えられます。

以上のことを考えた結果、
「痛いんだね。でも、学校には行かないといけないから、我慢できるのであれば行ったほうが良いとお母さん思うなぁ。」という声掛けになるのです。

ただ、この言い方ですと休んでしまうのでは?
という不安があるかと思われます。

上記のように伝えた上で、お子さんが休んでしまった場合も親御さんの対応は重要になってきます。
今回のケースですと、子どもの休む理由として体調不良というのがありましたので、基本的にこの段階で休んでしまっているお子さんは病欠という判断での対応をすることになります。

ですので、病院に行かせたり、家の中でもゲームなどせずに安静にしておくといった対応になります。
子ども側からすれば、体調不良で休んでいますので安静に出来る環境を作ってくれた親御さんに対して「ありがたい」とすら感じるものです。
もし、そうではなくずる休みなら、文句を言ってくるかもしれません。
そこについての対応はケースバイケースですが、「そんなに元気なら明日は行けそうね」とにっこり微笑むくらいがちょうどいいのかも知れません。
また、もしかしたら「ずる休み」ではなく、いじめなどの深刻な問題が裏に隠されているかも知れませんので、決めつけは良くないでしょう。

親御さんの対応として病欠で休んだのであれば、家でも病人として対応するということが重要になります


家庭内で、『安易に学校を休むことは許されない』『体調不良で休んだのであれば、子供の体調が良くなるような環境作りと接し方を親御さんは心がける』といったことを徹底していただきますと、お子さん自信学校を休んで良いときとダメなときの判断や区別ができやすくなるでしょう。

勿論、今回お伝えした内容は一つの例ですので、全てに対して当てはまるわけではありませんので、その点ご理解ください。
ご家庭によってこれまでの対応も違いますし、お子さんの性格傾向も違ってきます。
当センターの支援では、その点を考慮して、各ご家庭に合った対応をお伝えしています

私の今回の記事を読んで、「うちはどうだろう」などとお思いになられた方は、お気軽に当センターのホームページからご相談フォームがございますので、そちらをご活用くださいね


詳しくは当センターのホームページをご覧下さい


このブログ記事の内容がみなさんのお役にたてますように…


スージー先生(鈴木博美)

↓こちらもポチッと!
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ