ブログの読者の皆さんこんにちは
スージー先生こと鈴木です
それでは、前回の続きを書かせていただきますね




始めはお子さんも、「はいはい」と聞いていたものの、あまりに何度も言われるとその内
「うるさい!」
「ほっとけよ、関係ないだろ!」

という言葉が返ってきがちです

こうなってしまえば、せっかくお子さんを心配して言った言葉が全く伝わりませんよね。
売り言葉に買い言葉を言ってしまっているご家庭も多いのではないでしょうか?


このような問題の対応方法としましては・・・

まずは問題所有の原則を知っていただくことと、この原則に沿って考えてみるということです。

問題所有の原則とは、簡単に言うと
・その問題を誰が抱えているのかを考えること
・問題所有者がその問題を解決する
ということです。
子どもが親の所有する問題を抱え解決する必要がないのと同じで、親も子の問題を「自分の問題と捉え抱える必要はないということです。


今回の場合ですと『宿題や勉強をしなくて困るのは誰か?』という点を考えて頂きたいのです。


宿題や勉強をしなくて困るのは、親御さんでしょうか?子どもでしょうか?




答えは、子どもです。




このように質問すると皆さん、「子どもです」と答えることが出来るのですが、多くの親御さんはこの問題所有を曖昧にしてお子さんに対して対応しているケースが多く、宿題や勉強といったお子さんの問題を、親子の問題としてしまっている方が沢山います。

「勉強しなさい」「宿題はしたの?」
などと毎日のように言っているご家庭のお子さんは、
親を疎ましく感じるようになるだけでなく、お子さんが宿題や勉強を親子の問題と認識してしまう可能性があるのです

そうなってしまうと、
「テストで点が取れないのは、お母さんのせいだ
「俺が勉強できないのは、お前ら親のせいだろ
という発言が出てきがちです。

このような事を言われると、親としても困りますし、何より悲しいですよね・・・



このような流れにならない為にも、問題所有をはっきりとさせ、宿題や勉強に関しては親から発言することは控えましょう。

宿題や勉強をしなくて困るのは子どもです。
子ども自身が宿題や勉強をしないという選択をしたのであれば、その結果をしっかりと見せてあげてください。
親御さんが勉強をするように促しても、お子さん自身が勉強しなければいけないという感覚がないと今後の生活でも同じような選択をしてしまいがちになります。

親として、子どもの将来を想うが故に発言することが、時にお子さんの経験を奪い取ってしまっていることを理解しておいてください。

宿題や勉強をしていなくても、促すような声掛けはなるべくしないように心掛けましょう

勉強がわからず、どうしたら良いのかとお子さんから言ってくるのであれば、その時は親として、人生の先輩として助言してあげましょう。
それまでは、どうか暖かく見守ってあげてください



このご相談を頂いたご家庭は当センターの支援を始められ、上記のような問題所有の対応等をしっかりとご家庭で実践されていきました。
一見細かいことのように思われる方もいらっしゃると思いますが、このような対応を繰り返していくことで中学2年生の息子さんは様々な場面で自分で考えて行動することが身についていきました

そして、最終的に学校に復学することを自分で決め、無事に復学することが出来ました


このように、当センターの考える復学とは、学校に戻り継続登校できることを指しますが、実際は復学までにご家庭で様々な対応(家庭内と学校生活とのギャップをなくすなど)をしていかなければならないと考えております。
そうすることによって、復学した後の継続登校に繋がるのではないかと考えており、お子さん自身が自立して生活できるような力を身に付けることを目指しているのです


今回はこのようなケースをご紹介しました。
また、次回以降もご紹介していこうと思いますので、楽しみにお待ちください


※今回ご紹介した対応は、個々のケースによって合う合わないということがありますので、あくまでも参考程度に見て頂ければと幸いです。


スージー先生(鈴木博美)

LINEにブログの更新告知が受け取れるようになったそうです!(クリックすると詳細に飛びます)
↑設定しておくと、当センターブログの最新記事がすぐに読めます。お試しください♪

宜しければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを  
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ