ブログ読者の皆様こんにちは

今回はエミリー先生こと私山口がブログ記事を書かせて頂きますね




さて、今回は私から皆様に大事なご報告があります




私、山口は、今月6月末をもってペアレンツキャンプを退社することになりました





私がペアレンツキャンプで訪問カウンセラー、そして家庭教育アドバイザーとしてお仕事させて頂いたのは約2年間です

思えば、この2年間本当にあっという間でした

入社直後、私の自己紹介ブログを書かせて頂きましたが、その際にこの会社に入社する「きっかけ」について書かれてあったかと思います


「もともと子どもがすごく好きだったこと」
「心理学に興味を持ち、そのうえで何か人の役に立てるような仕事をしたい」

と思った事が「きっかけ」でした


そこから、水野先生をはじめ先輩カウンセラーに訪問カウンセラーや家庭教育アドバイザーとしてのスキルを叩き込んで頂き、実際に現場に出られるようになってからは様々なご家庭と関わってきました

訪問カウンセラーとしては五月雨登校や不登校状態にある小学生から中学生、また男女問わずいろいろなタイプの子どもたちの復学のサポートを行ってきました


性格や家庭環境は違えど、みんなに共通していたことは「学校には本当は行きたいけれどもどうしても行けないと苦しんでいた事でした


そういった状況にあった子どもたちが、私たち訪問カウンセラーと復学準備を進め、復学日当日には緊張しながらも校門をくぐっていく姿を見たときは本当に嬉しかったです


これまで何人もの復学に立ち会ってきましたが、復学日当日のドキドキ感や緊張感嬉しさや達成感は何回経験しても新鮮でなれないものでした

特に、2年前に訪問カウンセラーとして一番最初に復学に関わった子が校門をくぐっていく瞬間は今でも鮮明に覚えています

とても嬉しく、感動したあの時の感情はこの先も一生忘れる事はないと思います


最近では、支援を卒業された親御さんや現在支援中で継続登校のステージにいる親御さんから、復学後も順調に子どもたちが元気に登校できている話を耳にする機会があり、嬉しい気持ちでいっぱいになりました

子どもたちが頑張っている話を聞くと私自身も勇気をもらえますね


また、家庭教育アドバイザーとしては主に母子登校のケースを多く担当してきました

どの親御さんも初めは

「うちの子は本当に1人で登校できるようになるのか」
「子どものために自分は変わっていけるのだろうか」

と不安に感じていらっしゃいましたが、支援を受けて頂いて、どのご家庭も子どもはもちろん親御さんも本当に変わられました


支援を卒業される際に、親御さんから「山口先生のおかげで我が家は変わりました」「自分の子育てに自身を持てるようになりましたし、支援前とは比べものにならないほどうちの子は成長しましたといった言葉を頂いた際には、胸がいっぱいになりましたし自分の仕事に誇りが持てました

ブログでの発信も合計17本させていただきました。


このような誇りの持てるお仕事に関わることができ、本当に嬉しく思います

水野先生をはじめ、このような機会を与えて頂いたペアレンツキャンプの先生方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです


言葉では言い尽くせないほどたくさんの経験をさせて頂きました


寂しい気持ちではありますが、今回は更なるステップアップを目指し、次のステージへ移ることになりました
ペアレンツキャンプで学んだこと、経験したことを活かして頑張りたいと思っています。

ですので私がブログを書かせて頂くのは今回で最後となります


訪問カウンセラーとして、そして家庭教育アドバイザーとしてたくさんのご家庭に関われたことは私の宝物です



皆様のご家庭とお子さんの未来が明るく楽しく、そして幸せなものであるように祈っております


皆様本当にありがとうございました




エミリー先生(山口恵美理)


宜しければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ