皆さんこんにちは
ブログに久々登場のきりこまち先生こと訪問カウンセラーの辻です

9月も後半に入り、今年の夏に猛暑を振るった日差しが徐々に和らいできたように感じています
まだまだ日によって陽射しは厳しいものの、どことなく夏が終わったことを感じてセンチメンタルな気分になっている今日この頃です。

子ども達にとっては「夏の終わり」=「学校の始まり」ですので、各ご家庭から「宿題がぁ〜」、「朝7時起きとか早いよ〜」、「明日の持ち物なんだっけ〜」といった悲鳴が聞こえておりました

私はこの夏、子ども達の訪問カウンセリングのために全国を飛び回り直接家庭に入って子どもたちのカウンセリングをしておりました。
夏休み中の訪問カウンセリングについて、その一番の目標は「新学期明けからの登校」です

先日の水野先生のブログ記事ともかぶるところもありますが、今日はこのような夏休み明けからの訪問カウンセラーの立場からできるサポートについて書きたいと思います。

学校への復学が夏休み直前になった子ども達の多くは勉強がわからないまま夏休みにはいるため、夏休みの宿題を一人ではなかなかできません

宿題が出来ていない事がネックになって新学期明けに登校が不安定になる子ども達も多いため、できる限りの宿題を一緒に終わらせることが本人の負担を軽減する上で大切です。

もちろん、復学の時期によってはある程度自分でできる宿題も増えているため、訪問カウンセラーの対応は宿題を「手伝う」というよりは「見守る」形になっていきます。

また、夏休み中の生活リズムと学校があるときの生活リズムにずれが生じている場合、それが朝起きられないなどの新学期明けの登校に影響してしまうため、生活のリズムが崩れがちなお子さんについては本人と相談しながらリズムを整えられるようにアドバイスも行っています

こういった対応をとる中、親御さんから良く聴くのは「うちの子は私が宿題をするように言っても全然聞かないんですよ。」という言葉です。

実際、訪問カウンセラーが来なければ宿題に一切手をつけないお子さんもいます。
特に中学生の男の子にこういった傾向が強いように感じています。

この理由について本人達に話を聞いて見ると「一人でやるのは中々気が乗らないんです。でもやらなきゃいけないことは分かっているから、10分でもいいからやろうとしたことはありました。でもその度にお母さんから宿題やりなさいっ!って言われちゃって、、、。」と話していました。

この言葉の先については子によって異なりますがその全ては一言に集約されます。
「お母さんにやりなさいって言われてやるなんて、かっこ悪い!」
この一言です。

お母さんとしてはこれまでのお子さんの宿題への取り組み実績、生活の態度、性格傾向から判断して「この子は宿題をやれと言わないとやらない子だ」と判断し、子のためを思って伝えているはずです
しかし、これは残念なことに子からすると「余計なお世話だ!」と感じていることがほとんどです
そして、宿題が出来ない事を親御さんのせいにすることまであります。

これは親子ともに望まないことではないでしょうか

親御さんからすると「そんな馬鹿な!」っと思われることと思いますが、中学生男子の思考にはこういった物も確かに存在します。
訪問カウンセリングではこういった子ども達の本音を聴く機会が多くあるので、それを聞いた親御さんがショックを受けることも良くあります

夏休みの宿題の件については、水野先生がラジオでもお話されていましたね。
興味がある方はホームページの社会的支援のページから聴くことが出来ますので是非!


こういった夏休み中の対応をとり、新学期明けへの不安を軽くしていってもいざ登校日が近づくと不安がでて来るお子さんは多いです。
その傍らに寄り添い、充分に不安を受け止めてあげるために訪問カウンセラーが新学期明け前日に自宅に泊まって対応することもあります。
それだけこの新学期明けの登校というのはハードルが高いものと私達は捉えています。

そして新学期の登校が果たされた後は学校に通い続ける継続登校が目的になります。
訪問カウンセリングの現場では久しぶりに学校に行ってみて感じた問題や不安について話を聞き、どう対応していくかを相談していきます。
9月は運動会や文化祭などのイベントも多くありますので、行事を苦手とするお子さんの不安を少しでも軽くするために引き続き全国を飛び回らせて頂きます


それでは失礼致します。


きりこまち先生(辻 貴紀)


学生の頃、夏の終わりにセンチメンタルを感じた方。
よろしければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを
  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ