9月に入りましたね
今回はまいどん先生こと山下がブログ記事を書かせて頂きますのでよろしくお願いします
朝晩はすっかり涼しくなり、長く感じていた夏も振り返ればあっという間でした
まだまだ昼間は暑い日も続きそうですが、きっと「残暑厳しく〜」なんて日々もいつのまにやら秋らしい気温に変わっていくのでしょうね


また、2学期もついにスタートです
私の住んでいるマンション近くには小学校があり、昨日から登校班でワイワイと登校している小学生の賑やかな声が窓の外から聞こえてきました
早いところは8月の最終週から2学期が始まっていたようですね。
静かな朝から賑やかな朝に変わるこの時期は、支援に対する意識も引き締まります

夏休み中は、不登校復学支援では支援を差し上げているご家庭のステージによりそれぞれの課題が違いました。例えば…

支援中のお子さんが2学期からも継続登校が出来るよう必要に応じて夏休みの宿題サポート対応で当センターの訪問カウンセラーは全国を回りました(「宿題が出来ていないから登校できない」等の夏休み明けでの不安を解消する為です)

2学期中に復学を目指しているケースでは、個々のケースを分析した上で、「学校に行きたい」と言うお子さんが学校に戻るためにはどのような不安を解消してやるべきか対応を組み立ててきました

夏休みのような長期休み明けは、一度不登校を経験したお子さんは毎日学校に通えているお子さんよりも行き渋りを見せやすい傾向にあります。
そんな2学期スタートしたばかりのまさに今の時期は、訪問カウンセラーは夏休み明けの登校に不安を訴えるお子さんのサポートに全国を慌ただしく走り回っております
繊細なお子さんであれば、少しでも学校で不安な事があると果たしてその問題を乗り越えられるのかと不安になってしまうこともあるようです
そんな不安を少しでも和らげ、笑顔で「いってきまーす」と支援を差し上げているお子さんが登校できればという思いで本日も当センターの訪問カウンセラーは全力で支援を差し上げている次第です

家庭教育支援では、夏休み中いかに子どもの自立を育めるかというところを支援を差し上げている親御さんにはお伝えしてきました(ぶにん先生が秋の実りを目指してというブログを発信されていましたね
私が担当させて頂いている親御さんも、「夏休みは子どもと一緒に過ごすことがほとんどでノートの記入が大変でした〜」なんて仰る方がほとんどでした。
ですが、「頑張って記入してよかったです。夏休みはじめと終わりでは子どもの成長を大きく感じる事ができました放っておいてもウチの子はやるべきことをやれるのですね」というお声を聴かせて頂くことが多かったです。

親御さんにとっても、お子さんにとっても、頑張った・伸びた・成長した夏になったご家庭は多かったのではないかと感じます


皆さんのご家庭では、お子さんは夏休みをどのように過ごしたでしょうか

お友達を家に呼んで一緒にゲームをして過ごしたのでしょうか
お友達と一緒にカラオケやボーリングに出かけてたのでしょうか
受験生のお子さんであれば夏期講習に出ていったり、家で必死に勉強…なんていう夏休みを過ごしたのかも知れませんね

お子さんの年齢により、夏休みの過ごし方も様々かと思います。


年齢相応の自立が果たせているケースでは、上記のような夏休みの過ごし方や行動がよく見かけられます。

ですが、年齢相応の自立を果たせていないケースでは、1日中お母さんとべったり…ということもあります。

日頃親子でなかなか一緒に過ごせない場合は、親御さんにとってもお子さんにとっても、1日一緒にのんびりと過ごす事は幸せなことでしょう
子どもと1日ゆっくり一緒に居なければ発見出来ないこともあるかも知れません
ですが母子依存が強いケースでは、親御さんにとってはこのような状況が大変お辛い状況である場合もあるのではないかと感じます


母子依存が強く、何をするにも「ママ、ついてきて」と言って親を頼ってくる我が子と1日中一緒にいるのはなかなか辛いものではないかと私は感じます。

「どうしてウチの子と同い年の子は出来る事なのに、ウチの子は出来ないんだろう…。これまでの子育てがわるかったのかしら…。」と不安に感じる親御さんも少なくありません。

これがまだ幼いお子さんなのであれ親御さんのサポートは必須なので仕方がないかと思います。これからお母さんとの距離を徐々に離していくでしょう。

ですが、自分で出来る事は自分で考え行動が出来るようになる小学校1年生位の年齢になっても親から離れる事への不安を感じ訴えてくるというのは、母子分離不安に当てはまっていくケースが多くなっていきます。


今回は、そんな母子依存による母子分離不安をどのように捉え対応をするべきかというところについてブログ記事を書かせて頂こうかと思います。



まず、子育てにおいて教育心理学では、発達課題というものがあるということを知っていただきたいと思います。


発達課題とは、「人間が健全で幸福な発達をとげる為に各発達段階で達成しておかなければならない問題」であり、「次の発達段階にスムーズに移行するために、それぞれの発達段階で習得しておくべき課題がある」とされています。
(発達課題は教育心理学者のハヴィガーストが最初に提唱し、エリクソンなど様々な心理学者がそれぞれの発達課題を提唱しています。)



発達課題というのは、例えば…

2歳〜4歳の幼児期前後であれば自律性を身につけ恥や疑惑を覚え乗り越えるという事が大切です。また、トイレトレーニングや更衣の自律を覚える必要があるとされます。

4歳〜5歳の幼児期後期であれば積極性を身につけ罪悪感を覚え乗り越えることが大切です。また、探検、道具の使用、芸術表現を覚えます。

5歳〜12歳の児童期であれば、勤勉性を身につけ劣等生を乗り越える事が大切です。また、学校環境に適応し、その中で勉強やスポーツや集団行動を覚えます。


上記のような課題が挙げられます。



つまり、子どもの年齢によって親の干渉やサポートの必要性は薄れていくということですね。


小学校低学年のお子さんが自分1人で着替える事が出来なかったり、自分で出来る事に対して積極的に行動をする事が出来ないケースでは、もしかしたら発達課題が達成していないのかも知れないと考えても良いかも知れません。

ですが、「ウチの子はもう遅いの…?遅れていたら追いつけないんじゃないの…?」と心配される必要はありません。

子どもが子どもだけの力で変わり、自立し、ぐんぐん成長するとなると、確かに時間はかかるかも知れません。

ですが、家庭教育の良いところは『親が学べば子も伸びる、親が変われば子も変わる』ということ。


よく「親は子どもの鏡」といいますが、親が子どもの鏡となり対応を学び変えていくことで子どもの能力も伸びていくのです。


では、「伸びるこそだて」とはいったいどのようなものが挙げられるのでしょうか


親が子の宿題、友達と遊ぶ時間、テレビを見る時間など管理してあげないと子どもが自ら行動をしない。どうすればよいか

まずは親の問題と子どもの問題を分けましょう。(問題所有の原則。「親の問題と子どもの問題を分けて考える」については過去のブログ記事でも書かせて頂いております。)

親と子の問題を分けた上で、「お母さんは今日から宿題を何時にしようとか、指示しないようにするよ。自分で考えてやってみようね。もし、どのように進めたらいいのかわからなければ聞いてくれたら教えてあげるからね」と伝えてみて子どもがどう行動するのか見守ってみても良いでしょう。


子どもが「ママが居ないとやだ!」とお母さんから離れて行動をする事にいつも不安を感じている。どうすればよいか

→「ママは、これから家事をしなければならないから一緒には行けないし1人で行ってほしいと思っているよ。そうしてくれると嬉しいな」と親の気持ちをアイメッセージで伝えてみてもよいかと思います。

その上でどうしても「嫌だ!」というのであれば、例えば外出など学校に関わる問題でなければ実際「じゃあ仕方がないからお家に居ようね」と親の都合を優先して外出できない経験をさせてみてもよいかと私は思います。

そうすることで子どもが「お家にいてもつまんない。ママと離れてでも行ってきたらよかった…」と感じて次は勇気をだすようになるかも知れません


私が家庭教育アドバイザーとして様々なご家庭に支援を差し上げていると母子依存が強いケースでは親御さんに共通点があると感じています。

それは、親御さんが子どものポテンシャルに気付かずに出来ないところばかりに目をやっているケースです。

よく、電話カウンセリングの場で「うちの子は私が居ないと激しく泣くので離れられないんです」「うちの子は私から離れては行動出来ないのでいつも一緒にいないといけないんです」というお言葉を耳にします。


親御さんが「この子は私がいないと何もできない」と、何をするにしても一緒に居てあげるという考え自体が、実は落とし穴になっている場合があるのです。


現状、お母さんと離れる事に対して激しい拒否反応を見せるお子さんであっても、そのお子さんに常に合わせて様々な補助を親がするのではなく、「子ども1人で出来る事を増やすこと」と「子どもに1人で出来た!という成功体験を積ませてやる」事が大切です。

まずはお母さんと子どもが一緒に行動をするにしても、お母さんが子どもに代わって何かをしてあげるのではなくやり方やルールや乗り越え方を教えてあげるという事が大切です。

1人で出来る事が増えていくと、子どもがお母さんのサポートを必要とする度合いが薄れていくかと考えられます。



母子依存による母子分離不安があるケースでは、

適当な時期に適切な発達課題を達成するために、子どもの年齢で達成しておくべき発達課題を理解しておくこと

子どもが1人で行動出来るようになるまで、親は必要な干渉と過干渉のライン引きをしっかりした上で慎重に対応をしていくこと

が大切だと私は感じています。




ただ、あまりにもいきなり離れようとしすぎると、子どもがより親と離れる事に不安を感じる場合があります。

子どもの性格傾向や状況を分析した上で、様々なテクニックを用いて対応をしていくことが大切ではないかと思います。
勿論、個々のケースにより対応は異なるため「この対応をすれば必ず母子分離不安がなくなる!」とは言い切れませんが、もし母子依存による母子分離不安でお悩みの親御さんがいれば今後の対応の参考にして頂ければ幸いです

また、現在2学期がスタートして行き渋りを見せたケースや、「2学期から行く」と言っていたものの不登校状態が続いているケースでのご相談が多くなってきております。
もし当センターの支援をご検討中のかたはお早めにご連絡・ご相談ください。

当センターの支援を検討されている方は、こちらご相談ください。
書籍の購入はこちらへお進みください。

朝晩と昼間の寒暖差が激しい日が多い時期です、皆さんにおかれましては体調崩されませんようご自愛ください


まいどん先生(山下 真理子)


皆さんは秋と言えば、なんの秋でしょうか?私は勿論食欲の秋です!
食欲の秋派の方も、そうでない方もよろしければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを
  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ