親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。
講演会・セミナー・親の会のお知らせ子どもの勉強法

2013年08月14日

憧れの人はお父さん!

ブログ読者の皆さんこんにちは

暑い日が続いておりますが、体調は崩されていませんでしょうか
私は去年友人と遠出をして1日思いっきり遊んだのですが、翌日私を含め一緒に遊びに行った友人全員が体調不良を訴えた事がありました
お医者さんには胃腸炎だと言われましたが、本当にあの時はしんどかったです
夏場は菌が繁殖しやすいですし、注意が必要だなと改めて感じたまいどん先生こと山下が今回ブログ記事を書かせて頂きますのでよろしくお願いいたします


最近親御さんからよく「お父さん向けの発信が欲しいです」と言われることがありますので、今回のブログ記事では

父性って一体何?

というところについて書かせて頂こうと思いますのでよろしくお願いいたします


まず、家庭教育の役割として、父性と母性の2つに分かれます



母性とは、支え役や聴き役として当ブログでも多く記事をかかせているかと思います。

また、役割としてお母さんの方がお子さんとの身体的な関わりも多いので、お子さんにとってお母さんとは愛情の源泉となると家庭教育では言われています。

母性対応により、親御さんとお子さんは情緒的な関係となり、お母さんの言葉によりお子さんの性格・感情形成に対して主に影響を与えていきます

例えば、「お母さんがせっかく頑張って作ったご飯だから、こんなに残されると悲しいわ」とお母さんが発信したとします。

それに対し子どもは『お母さんの悲しい顔を見たくないから』『お母さんに好かれたい』という気持ちから残そうとしたご飯を頑張って全部食べたり、次回からおやつの量を減らしてご飯をしっかり食べるようになっていくことがあります

これがまさに性格・感情形成に対する影響です。

この影響によりお子さんの性格の輪郭を形作っていきますので、母性対応は大切だと私は感じています

PCM11の項目でいうと、アクティブリスニングアイメッセージ悲しいときは悲しい顔でうれしいときはうれしい顔でにあてはまります


では、父性とは一体どんな役割を必要とされているのでしょうか


父性は母性とは違い、ルールやモラルを教えたりしつける役だと考えられています。

つまり、諭す役割・・・私たちの支援の場では叱り役になることが多いですね

父性ではお子さんに社会規範を教えていく必要があり、父性での対応がお子さんの倫理・道理・正義感や善悪の問題に対するとらえ方を形作っていくと言われています。

当センターでの家庭教育支援では、自律(=自分自身で立てた規範に従って行動すること)や自立(=他者からの支配や助力を受けずに存在すること)を主に目的としてアドバイスを差し上げておりますが、自律や自立においても父性の役割が重要であるのは明確なのではないかと思います

叱るべき時にしっかりと叱る事で子どもにとっては父性対応をする人(主にお父さん)の事を『怖い』と感じるかと思います。

それが家庭教育においてはとても大切なことだと私は思います。

まず、叱られる経験と言うのはお子さんが生まれ育ち独り立ちをして社会で活躍する中でも経験するものだと思いますが、幼い時にこの経験をあまりしてこなかった場合、お子さんが『叱られることが怖かった。もう経験したくない』と感じる事があります。

当センターでは様々なケースの支援を差し上げていますが、お子さんが学校で先生に叱られ上記のように感じる事により、学校への行き渋りが出たりすることが多くみられます。

これはお子さんの成長を考える上で非常にもったいないことなのではないかと思います

例えば、お父さんが会社で部下を育てる時に、必要な時は叱らなければならない時があるかと思いますが、その育てようとしている部下が一度叱っただけで退社してしまったら…

退社してしまえばそこで部下はその会社ではもう学び活躍することはできません

ただ、お子さんの場合は上記の例に出した既に社会人になった部下とは違い、親御さんの庇護のもとに育っている途中ですので、これからの対応により成長し、まだまだ伸びていけます

ですので、父性での対応はお子さんの今後の成長において非常に重要です

PCM11の項目では、子と同レベルの会話をしない叱り役の立場を下げないにあてはまります

お家の中でのおまわりさんと捉えていただいても良いかと思います

ルールを守れなければ罰することもあり、正しいことをすれば表彰することもあります

また、普段厳しいお父さんがふとした時に認めてくれればお子さんとしてはとても嬉しいのではないかと思います



これが逆にいつも距離が近く細かければ、たまに叱られても反省できなかったり反発したり、褒められて当たり前にもなってしまう可能性があります

また、常に叱られてばかりではお子さんはいつもびくびくしてしまうと思いますし、父性対応においてはバランスがとても大切になっていきます。
バランスの取り方については、当センターの支援を受けられている方は担当のアドバイザーと相談していって欲しいですし、問題解決支援コースでは顧問の先生の組み立てのもと対応をしていきましょう


私が家庭教育支援を差し上げる際、親御さんに

「サザ〇さんの波平を想像してください」

と伝える事があります。

波平さんは、「ばっかも〜ん!」の一言でカツヲを一喝しています。この一言でカツヲは(その場では)反省しますよね

カツヲはいたずら小僧ですが、実は挨拶はしっかり出来る礼儀正しい面もあります

もしかすると、この礼儀正しさは波平さんにしつけられたからこそ身についたのかも知れないですね

よろしければ、今後の家庭教育においての参考にしていただければ幸いです


まいどん先生(山下 真理子)




よろしければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



parentscamp at 14:18│TrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | まいどん先生の記事

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by りりせ   2013年08月16日 13:11
まいどん先生こんにちは
毎日暑いので段々身体がこの暑さに慣れてくるかと思いきや全然慣れずかなりやられてしまっております(@_@;)
胃腸にも来ていてさっきもトイレにしばらくこもっていました
先生もお気をつけくださいね(お若いからきっと大丈夫だと思いますが)

お父さんとの距離、我が家では長男は近すぎ次男は遠いのかなと思います。 なのでどちらを叱る対応になっても効くのかどうか微妙な感じです
長男とはよくチャンネル争いを繰り広げています。結局譲るので、最初からすんなり譲ればいいのに、だめだぞ等というので小競り合いになります 最終的には自分のいう通りになるので長男は強気に出ますし、家庭教育的にはNGですね
次男とはあまり接点がないためそういったことはありませんが…
会話があまりにもなくそれはそれでどうなのかと思います。
父性のバランス、微妙です
バランスのよい家庭環境を目指して頑張っていきたいと思います

ではまた次回の記事も楽しみにしています
2. Posted by めい   2013年08月16日 13:32
まいどん先生こんにちは。
ほんとに毎日毎日暑くて、「これがピークか!?」と思い続けています

まいどん先生は去年、食あたりのようなことがあったんですね。
私は食べ物に関してはあまり賞味期限とかも気にならなく、匂ってみて大丈夫そうなら食べてるんですが。
この時期はほんと傷みが早く念のため、何でも冷蔵庫に入れるようにしていたら冷蔵庫がパンパンでパンク寸前です

父性についてですが、うちの主人はルールやモラルを教えたりしつける役という点では合っていると思いますが、何せ自営業で子供と接する時間が多い為か、常に細かいことを言ってるのが気になるところです。
主人のお父さんの方が波平さんのイメージに合ってるなあと感じました。ちょっと怖い存在なんだけど、お父さんを中心にまとまっていて威厳があります。
主人に「お父さんみたいな感じがええみたい。」と言ってみましたが「子供の頃は今よりもっと怖くて、エンペラーやったで。」と
大分丸くなっているようです。

先日のコメントで娘が夏休みの宿題を順調に進めていると書いたのですが、8月に入ってからストップしていたようで。最近、夜になると「あ〜宿題がやばい。」とか「明日からめっちゃやらな。」とか言ってますが、朝になると忘れるようです

私も主人も気になって・・・。
主人はたまに「今日は宿題やったん?」なんて聞いています
でも、よくよく考えると私も長期休みの宿題はギリギリになって半泣きになりながらやっていました。
うちは全く手伝ってくれることがなかったので、
アイデア貯金箱もみんなが本当にアイデアあふれる作品を出している中、出すのが恥ずかしいと思いながら出していた記憶があります。

最近、少し口出しが多くなってしまっていると感じているので、気を引き締めて残りの夏休みを過ごしていきたいです。








3. Posted by まいどん   2013年08月21日 08:53
>りりせさん

りりせさんこんにちは♪
いつもコメントありがとうございます(^O^)

本当に毎日暑いですね〜(..;)1日1回は「暑い」と言っている気がします…。

胃腸に来ると大変ですよね。あの辛さはもう味わいたくないと思うのですが、またこの先やられる事もあるんだろうなと思ったりもします(^^)(笑)

父性のバランスは本当に難しいと私も思います。
どんきー先生が普段のカウンセリング時にりりせさんにはお伝えされているかと思いますが、それでもバランスが難しいと仰る程の難易度であったり奥深さがあるように感じます(*^^*)

楽しんで家庭教育を学び実践していって下されば嬉しいです(^^)/
4. Posted by まいどん   2013年08月21日 09:08
>めいさん

めいさんこんにちは(*^^*)いつもコメントありがとうございます♪

私も多少の期限切れならにおいで判断して食べているのですが、それで当たることが無いので去年は一体何が原因だったのかと今も思います。
(外で色々食べたのでどれがどうなのか分かりません…(笑))
また、冷蔵庫パンパンなのは同じです!入れすぎて奥にあるものに気がつかずに腐らせるような事にはならないよう気をつけようと思う今日この頃です。

めいさんのご家庭では父性対応の際はお子さんがすぐにお父さんの言うことを聞いていましたし、ご卒業されてからの状況にもよりますがその威厳を保つには母性的な所は薄くしていった方がいいのではないかと感じます。難しいと思いますが、是非ご主人と話し合いながら家庭教育を楽しんで頂ければ嬉しいです(*^^*)

夏休みの宿題ですが、去年と同じく後半追い込み型になっているのですね(^^)(笑)
今年も始業式に間に合うよう頑張って欲しいです♪

夏休み中ついつい口出ししそうな時は、親の問題と子の問題を分けて考えてみてくださいね(^_^)/
講演会・セミナー・親の会のお知らせ子どもの勉強法