まだまだ残暑厳しいこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか

8月も残りわずか。夏休みの宿題に追い込みをかけている少年少女も少なくないかもしれませんね。そしてその影でハラハラを隠しながら口にチャックしている親御さんたちの姿もこの季節の恒例行事となりつつありますね。

私の方は、夏休みの対応をアドバイスしつつ、秋から復学を目指す子どもたちのためにカウンセリングをしたり、教育コーチングをしたりして動き回っています

17日には1日お盆休みを頂いておりましたが、風邪が悪化したのか喘息の発作が出て悶絶していました。
最近は、どうも体調を崩すと長引いてしまいがちな体になりました。ぼちぼち無理のきかない年齢に差し掛かってきたのかなと感じながら、それを認めたくない自分がいます



暑い夏。冷房の温度設定も下げられない夏ですが、皆さんはどのようにして暑さを乗り越えていますか?

濡れタオルを首に巻くとか、打ち水をするとかいろいろな方法がありますが、最近、ペアレンツキャンプ事務局(男性陣のみ)で流行っていたのは激辛カレーを食べるというものです


私と、どんきー先生と、スタッフのW君と事務所近くのカレー屋にいき、そこでおもむろにじゃんけんをします。
負けた一人は5倍の辛さのカレーを注文して食べなくてはいけないルールです。
4週間かけて壮絶なバトルが繰り広げられました・・・


第1戦は、スタッフのW君が負け。大汗をかきながら5倍カレーを貪ります。

第2戦はどんきー先生の負け。
彼は辛い物が苦手なうえ、汗っかきなので5倍カレーに悶絶しながら口に運びます。彼の周囲だけ陽炎がでているような様子でした。

第3戦はW君の負け。前回で5倍カレーに耐性ができたのか、比較的さわやかにご馳走様でした。


実はこの激辛カレー地獄には裏ルールがありまして、3回負けたら「30倍」の辛さのカレーを注文しなくてはなりません。つまりこの時点でW君はリーチがかかったわけです。

運命の第4戦。

W君もどんきー先生も「ぶにん負けろぶにん負けろ」と念仏を唱えていましたが、カレーだけに華麗に無視をして勝ってやりました。
リーチがかかったW君と、二度と5倍カレーを食べたくない汗かきどんきーの対決。


いざ運命の刻!






・・・・








店内にW君の断末魔の叫び声が響き渡りました。


私が介錯をしてやり店員さんにクールに注文

ぶにん 「普通のカレー2つと、30倍のカレーひとつ」
店員 「え・・・?30倍ですか・・・?」
ぶにん 「はい」
店員 「少々お待ちください・・・」

若い店員さん、奥にいる店長に30倍を注文された旨を相談。ひきつった笑顔で戻ってきて・・・

店員 「かなり辛いですが大丈夫ですか?」
ぶにん&どんきー 「大丈夫です!」

W君。涙目。


いざ運ばれてきた30倍カレーは、色からして食べ物の域を超えた魔物のような赤。
やめるんだ!俺を食べるのはやめるんだ!と言わんばかりに香辛料のにおい(というかほぼ唐辛子のにおい)が漂います。
赤は止まれ。そんなことは5歳の時には知っている!!

しかし止まれないW君!!!

止めさせないぶにん&どんきー!!!


W君は汗とも涙ともいえない液体を顔中から吹きながら、完食しました

店を出て刹那。
彼はカルピスの500ミリリットルのロング缶を自販機で買い、真夏の正午の空にキスをするように一気に飲み干していました。
W君の後日談としましては「夜中にゲップをしたらインドの香りがした」とのことでした。



そうそう。
私たちの事務所のある天神橋商店街の一角には「辛いもんストリート」というところがあり、激辛料理がウリの店舗が立ち並んでいるのです。皆さんもカウンセリングにお越しの際には一度、暑気払いがてら本場の辛いもんはいかがでしょうか。
事務所のすぐ横にはいつも昼食時には行列ができるカレー屋があります。そこのカレーは推定8倍くらいの辛さですが、辛くてもウマイという感じの味です。
余談ですが、スリランカではシンハラ語が主流言語なのですが、確か、おいしいがサライ、辛いがラサイ(逆だったかも)ですごく語感が似てるんですよね。昔、スリランカを放浪してた時に激辛カレーを食べたときにスリランカの友人に「辛いー!!」と言ったら、「だろ?うまいだろ?」と言われたことを思い出します。たぶん語感が似ているから、「辛い」と言ったつもりが「おいしー」に聞こえたのでしょう。辛いはうまい。これスリランカの心。
ちなみに先日、どんきー先生を連れて行って食べさせたら、予想通り大量の汗をかいていました


私が一番人生で辛い体験をしたのは、北タイの農村で暮らしていた時に食べた通称「ねずみのうんこ」という名前の唐辛子です。村の若い友達に「食べちゃいなよYOU」というノリで勧められて食べました。
食べた瞬間に村人たちは大笑い。
私は口に入れた10秒後くらいから地獄の苦しみを体験しました。ちなみに夜中まで腹がゴロゴロとなり、喉がただれたように痛くなり、丸1日、悶絶をしましたね。いま思い出しながら書いているだけで鼻の頭にぶわぁっと汗が出てきそうです。

このブログを読んで「辛い物が食べたくなったわ」と感じられた勇者の方にお勧めなのは、ロッテリアのタンドリーチキンサンドの3辛。これもなめてかかると火傷しますよ。興味のあるお方は是非お試しを。


ということで夏休みの残りわずか
暑気にやられないように健康に気を付けながら秋以降も家庭教育の学びを深めていきましょう




よろしければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ