人生で満足させなければならない相手は自分自身だけ。自分が正しいと思うことをして、その気持ちに正直になればいい。 〜ジョンウッド〜



皆さんはルーム・トゥ・リードというNGOをご存知でしょうか

その名の通り、経済的に貧しい地域に図書館(本を読む部屋)や学校を建てる活動をしている非営利団体です。

そのルーム・トゥ・リードの代表がジョンウッドさんという方です。



ジョンウッドさんはビルゲイツのマイクロソフトの幹部として勤めていました。皆さんがお使いのウィンドウズで有名な会社ですね。
毎日世界中を駆け回るような生活をし、マイクロソフトの急成長を支えてきました。もちろんお給料も相当な額をもらい、豪華な家に住み、若くして人生が保障されているかのような生活を送っていました。

しかし、休暇の際に訪れたネパールで彼は衝撃を受けました。
ある山奥の学校で彼は「本のない図書室」を見たのです。数冊の本は置いてあったのですが、それは子ども向きと言えるものでもない上に、厳重に箱に入れられて施錠されていたのです。(本は貴重だから自由に子どもが触れないようにするため)

ジョンウッドは幼少のころからたくさんの本に囲まれて過ごしていました。今の自分を形成している要素の多くが本から学んだ知識であったり感受性であったのです。


彼は思いました。


経済的な格差が教育の格差になってはいけない。子どもたちの未来を閉ざすわけにはいかない。



彼は仕事を続けながら、マイクロソフトでの人脈を使いボランティアで本を集め、ネパールの山奥にまで届けるということをやってのけました
そして「これぞ天職ではないか」と感じ、金銭的にも、将来の補償的にも素晴らしい環境だったマイクロソフトを退社し、ゼロからボランティア団体を立ち上げたのです。

経済的な格差が教育的な格差であってはけないというのは、私が以前勤めていた中間法人 衆義 の教育観と同じで、個人的には共感が持てました。日本だけ見ていてもそう感じるくらいですので世界規模でみた時にはその重要度は比較できないほどではないかと思います。

またマイクロソフトで培った行動力と決断力、そして多様な人脈を世界の本が読めない子どもたちのために打ち込む彼のエネルギーには頭が下がりました。

この本にはそんなマイクロソフト退社からルーム・トゥ・リードの活動までの内容が書かれています。


・ジョン・ウッド 『マイクロソフトでは出会えなかった天職 〜僕はこうして社会企業家になった』 ランダムハウス講談社 2007


将来的には私たちペアレンツキャンプも寄付や国からの助成金だけで運営できるようになれれば、不登校の復学支援や予防的な家庭教育支援を無料で多くの方に受けてもらえるのにと思っています。
現状としてはまだまだ難しいですが、ひとつずつ行動を起こしていっていつか私たちもそのような経済格差による教育格差のない支援ができるようにと思っています




よろしければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ