今日から8月ですね


大阪では天神祭も終わり、各地で花火大会も始りました
私は冬よりも夏派ですので、この季節の風情がとても好きです。花火に、祭りにセミの声に、汗をぬぐいながらの打ち水などなど。
私自身が学生時代は夏にいろいろな経験を重ねて、夏を越えるごとに人間的に成長したのではないかと思えることがありました。(最近はアッと言う間に7月が過ぎ8月が過ぎ・・・ですが

昨日は嫁さんに誘われて、近くの市民夏祭りに行って来ました。子どもを抱っこして連れて行ったので私の汗と子どものよだれでTシャツがベトベトでした


さて、ペアレンツキャンプの現状としましては、夏休みに入り支援の内容が「家庭教育支援」のご相談にシフトしています。

夏休みは学校へ「行く・行かない」の問題がない時期ですのでその分、家庭のルール作りや家族の絆を深める時間に充てています。

また継続登校中のお子さんには訪問カウンセラーの派遣による夏休みの宿題対応をしています。

カウンセラーによる宿題対応は子どもの年齢や自立度、不登校期間の勉強の遅れを見てその対応を変えていきます。

自立して、宿題の意識が高い子に関しては子どものペースを見つつ、ニーズに合わせてサポートします。

勉強の意思が低い子に対しては、どのようにすれば効率よく宿題を終わらせられるかというガイダンスを行い、一緒にスケジュール立てを行います。

不登校期間の勉強の遅れが大きく、受験に関わるような状態のお子さんに対しては宿題だけではなく、「宿題をできるための基礎学習」のところを重点的に行い、徐々に宿題に移行していきます。



大手の塾などが、「この夏の頑張り次第で未来が変わる」というようなことを宣伝していますが、私も方向性は違いますが、夏休みに如何に対応を進めていくかで秋以降の未来は変わると思っています。



実りの秋に向けて夏の家庭教育を頑張りましょう
皆様、熱中症や食中毒の出やすい時期ですので健康管理には気をつけましょうね




よろしければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ