衣替えの6月になりました。お天気も良く洗濯物がよく乾きそうです。梅雨前にこの青空をたくさん見ておきたいものです


さて、先日の5月30日に私が理事を務めさせていただいている(社)家庭教育推進協会の講演会とセミナーが、大阪で開催されました


日時:2010年5月30日 13:30〜16:30
場所:大阪府教育会館たかつガーデン


ご参加いただいた皆さんありがとうございました。


私の講演内容としましては、予防的な家庭教育の普及の必要性ということでお話しさせていただきました。
先月に行われた関東でのセミナーの内容と同じ内容です。


関東の時は会場の皆さんに「家庭教育って楽しいものなのですよ」ということを理解していただこうという意味合いで、笑い話を多くして軽いテイストの組み立てを心掛けました

今回の関西では、私も同じ関西人ですので最初に結論ありきで具体的な話から入りました。まさに「THE 講演」のスタイルでお話させていただきました。もしかしたら、退屈された方もいたのではないかと心配しています 内容面は笑いの部分が減った分、洗練されていたのではないかと思います。(自己評価にすぎませんが)
また、関東セミナー同様に、当ブログをご覧いただいている方が多いことに驚くとともに、「ブログと違うネタを話さねば」とその場でプレッシャーを感じました

グループセッションでは、前回の関東セミナーよりも20分短い時間配分でしたので(前回は1時間20分。今回は1時間)、SGEのリーダーとしては時間とにらめっこしながらの進行となりました。
しかし、ご参加いただいた皆さんが、進行の時間通りに対応していただき、見事に時間ピッタリに終わることができました。

関東のセミナーと同じく、テーマは「リフレーミング」でした。
実はグループセッションの教育プログラムは私が考えました。結論の「リフレーミングとはこういうもので、家庭教育にジョイントさせやすい考えなんです」というところまで持っていくための「お題設定」など、細かいシミュレーションをしていました
しかし、グループセッションは参加者の個性や思考によってどのような展開になるかが読めないので、それにいかに迅速に対応していくかということも重要な要素でした。まぁ、それが醍醐味でもあるのですが、関東セミナーでも関西セミナーでもそれが良い方向に動いてくれたのではないかなと感じています。

グループセッションに関しては、何名の方から「もっと参加したい」という声をいただいております。またそのような機会を作れればいいなぁとは思います。今後の協会運営のスタッフさんに期待しましょう。

また、藤本理事と上野理事のお話も前回同様に気持ちがこもったお話しでした
私も勉強させていただきました。


ブログでコメント頂いている方としては、ちゃろさん、ふーみんさん、ちーこさん、メリーベルさん、サブリナさん、るるさん、コロンさんとお話をすることができました
特にちゃろさんとふーみんさんには受付までお手伝いいただきましてありがとうございました。


他にも私が復学支援のお手伝いをさせていただいたお母さんや、衆義家庭教育セクションの頃に支援をさせていただいていたお母さんなどと久しぶりに再会できるなど私にとっても意義のある会となりました。
もっとおひとりおひとりゆっくりお話をしたかったのですが・・・講演前、講演後と何かとバタバタしてしまい少ししかお話しできずに申し訳ございませんでした


講演でもお話ししましたが、私は衆義家庭教育セクションの頃から「予防的な家庭教育の必要性」を叫び続けてきました。
その活動が家庭教育推進協会というより大きな形と実を結び、そしてその場で予防的な家庭教育のお話をさせていただけることは6年前では考えられないようなことです。
またご参加頂いた皆さんからのご賛同を得ることができ、私としても幸甚の極みです。


日曜日のお忙しい中、ご参加いただきましてありがとうございました。



追記

今回の関西セミナーにご参加いただいた方がご自身のブログで感想等を発信されています。親御さん目線での会の様子もご参照ください。

・メリーベルさん  明日も笑顔でいられるように
・ちゃろさん    不登校のあと、継続登校挑戦中!
・ふーみんさん   不登校気味だったけれど・・克服! 





よろしければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ