私たちのところには、不登校や五月雨登校のほかにも母子登校(母子同伴登校)のご相談が数多く寄せられます。


母子登校とは母親が一緒にいないと学校まで行くことができない、給食を食べられない、教室に入れない、授業が受けれない状態のことを言います。

不登校に比べると、家に引きこもっているわけでもないし学校にも母親が一緒ならば行けているのだからという理由であまり社会的にも問題視されていない傾向にあります。

しかしながら、母子登校のお子さんのことで悩まれている親御さんにとっては、単純に
「不登校の子よりかは楽だわ」とは考えられません。
実際、家庭内の状態や母親にかかる負担のことを考えると母子登校状態は不登校状態と比べても悩みは決して少なくはありません。

お母さんによってはお勤めされている方もいらっしゃいます。
母子登校のケースだと朝から子どもに付き添って学校まで行かなければならないため職場に迷惑をかけることもあります。主婦の方も決して暇ではありません。毎日、給食の時間だけ学校へ行き子ども用の机といすに座って昼食を笑顔で食べられるお母さんが果たしているでしょうか。多くのお母さんは笑顔で泣いているのです。
授業参観などで我が子の学校での様子を見ることは親にとっての幸せな瞬間だと思います。しかし、毎日、ひとりだけ教室の後ろで自分の子の授業を眺める親の気持ちを考えると、私も胸が痛みます。

支援する側から考えても、不登校より母子登校のほうが手間がかからず楽だとは言い切れません。場合によっては不登校のケースよりも問題が長引くケースもありましたし、カウンセラーの対応としても高度な教育的判断が求められることが多々ありました。

家庭内対応においても、学校へ母親と一緒でなくてはいけない子は、何事にも母親を頼ります。トイレに行く時も、お風呂に入る時も。
お留守番を頼もうものなら、裸足で外まで出てきて泣きながらお母さんを追いかけてきます。お母さんの生活は常に子どもを中心に回るようになります。そこに母親としての自分は感じられても、妻としての自分、ひとりの人間としての自分を感じられずに夫婦関係に亀裂が生じたり、ご自身の精神的な安定を崩される方もいらっしゃいました。

これが幼稚園の子であれば「あらまぁ」で済むのかもしれません。

しかし、小2、小3になってもこの状態が続くと親の不安は、子どもの将来にまで向けられます。これは無理のないことです。

母子登校の学校側の解決策は不登校と同じくいまだ明確なものがありません。自然と子どもの自立心が芽生え、羞恥心が年相応に育ってくると母子登校は解決します。しかし、そうは言われても、母親の気持ちからすると


「そのゴールはいつなの?私はいつまで頑張ればいいの?」


という悲痛な叫びが聞こえてきます。

私も当初は母子登校に関しては専門的な研究もせずに、不登校のケースに比べればマシなほうだという甘い認識でいました。
しかし、親御さんの悲痛な悩みを数多く聞くと、決してそういう問題ではないことに恥ずかしながら気がつきました。

母子登校といってもその状況や対応法は、不登校のケースと同じく個々に異なります。私は家族療法の考え方と、臨床の場からの経験によって母子登校の支援プログラムを考案し、支援をしています。

あくまで個々のケースによってその対応は専門的な判断によって柔軟に変えるべきだという姿勢ではありますが、悩まれている親御さんに何かヒントになることが発信できればという思いで、ここで書くことにしました。


                  △愨海