親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2008年10月06日

家族療法とは

家庭教育支援の形態で近年、問題解決の手法として用いられることが多いのが家族療法です。

家族療法とは簡単に言うと、「親の対応を変えることによって子どもに影響を与えて行動や考え方に変化を促す手法」です。


その特徴としては、問題を個人に起因するのではなく、家庭内のシステムのゆがみに求めることです。

ゆえに家族療法は「システムズアプローチ」とも呼ばれます。

不登校や非行などの問題行動を取り上げるとき、実際その行動をしているのは子どもなので、ついつい子ども自身に非難の目を向けたり、親が被害者意識を持ってしまったりするケースがありますが、家族療法では、あくまで子どもを責めるのではなく、家庭というシステムがうまく機能していないことによって一番影響の出やすい子どもに問題行動の症状が出てしまったと捉えます。 私たちのような家庭教育カウンセラーは、個々の家庭の現状を分析して、どのようにシステムを作り変えたり、付け加えたりすれば子どもの問題を解決できるのか、予防できるのかなどを考えアドバイスしていきます。


そのアドバイス対象は個人はもとより、個人を取り巻く家族関係や家族全員を対象として行う方法であり、家族と共に問題解決を支援したり、家族自身の力で問題解決をしていくことを援助していきます。


個々のケースによって

「親御さんがお子さんを年齢以上に幼く扱っているなぁ」 → 自立心が低い
「親が先回りして子どもにいろいろ注意してるなぁ」   → 親に対する依存が



強い などなど、数多くのチェック点を見ていってどのように親が変わればいいのかをアドバイスしていきます。
そのためには、家庭の様子やお子さんの性格傾向などを把握する必要がありますので、家族療法の第一段階としては親御さんとカウンセラーがしっかりと話し合い、カウンセラーが現状を把握するところから始まります。

家族療法を勉強していくと 「コミュニケーションって大切だなぁ」 と感じられることと思います。特に年齢が低いお子さんに対しては家族療法が有効で、今まで何をするにでも「おかぁさ〜ん、ちょっときて〜」などといっていた子が自分で考えて行動するようになるなど、自立心や社会性を育てる面で効果が期待できます。


では具体的に、家族療法の考え方(ルール)とはどのようなものか。また機会を見てルールの柱をお伝えしたいと思います


parentscamp at 12:13│TrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | ぶにん先生の記事

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ゆず   2008年10月06日 14:37
コメントありがとうございました^^
家庭教育カウンセラーの方なんですか??
すごい方に私のブログを見てもらい、なんだか嬉しいです♪

ついでに応援ポチポチして帰りますねww
ぜひぜひまた遊びにきてくださいね♪
2. Posted by ぶにん   2008年10月06日 15:55
>>ゆずさん
ようこそお越し頂きました^^
応援ポチポチまでして頂いて感謝感謝です
またゆずさんのブログも拝読させて頂いてポチポチさせていただきますね。ありがとうございました♪
3. Posted by がっちゃん   2008年10月06日 21:03
ぶにんさん

私も家族コンサルタントとして、家族が幸せに暮らせるようにお手伝いをさせて頂いています。

家族のコミュニケーションってホントに大事ですよね。でも最初から上手な人がいるのでなく、上手く行かないことがあるから、上手になっていくのだなと思いました。

だから、子どもの問題行動もあながち悪いことではないかもしれませんね。

また寄らせていただきま〜す♪
4. Posted by ぶにん   2008年10月06日 22:22
>>がっちゃん さん

ご訪問ありがとうございます^^
がっちゃんさんのブログも興味深く読ませていただきましたが、私たち家庭教育カウンセラーが相談を受けてアドバイスをしていくことと同じ職務を担ってくださっていると感じます。

アドラー心理学を勉強されている教員の有志グループの方などもお話を聞いたことがありますが、援助の考え方としては納得のいくものだったと記憶しております。
ぜひぜひまたお互いに情報交換したいですね♪
私もまたお邪魔させていただきます〜
5. Posted by だいあ   2008年10月06日 23:51
こんにちは♪
ブログにコメントありがとうございました
カウンセラーの方なのですね
またどうぞ遊びにいらして下さい
応援致します☆
6. Posted by じゅんこ☆   2008年10月07日 07:07
3 おはようございますd(*´∀`*)b
コメントありがとうございました♪

今したい習い事から今したいことにすり変わってましたよww

子育ての親の在り方とても興味があります。
是非参考にしたいです♪

宜しくお願いしますペコリ(o_ _)o))
7. Posted by ぶにん   2008年10月07日 07:37
>>だいあ さん
ご訪問ありがとうございます^^
またこちらからもお邪魔させていただきますね。よろしくおねがいいたします♪


>>じゅんこ☆ さん

ありゃ@@; 習い事を考えてたらいつの間にかやりたいことに摩り替わっていきました・・・超ポジティブルな欲望を書き連ねてしまってすみません><。
子育て・家庭教育情報は今後も発信していく次第です。よろしくおねがいします♪