親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2008年10月03日

子どもに携帯電話を持たすとき

今の時代、携帯電話は我々大人の世界では基本ツールとなっています。コミュニケーションの手段として、または社会生活より楽しくするために携帯電話は役立てられています
近年では小学生がメールでお友達と遊ぶ約束をしたり、公園などから携帯電話を使って親にお迎えを頼んだりと、携帯電話の利用者の低年齢化が進んでいます。

家庭教育相談を受ける中でよく相談されるのが、


「携帯電話を子どもが欲しがっているのですがいつごろから持たせるのがよいでしょうか?」


というものです。

興味深い記事が出ていたので全文抜粋してみました。
長文で申し訳ないですが世間の親御さんたちの一般的な考え方がどのようなものなのか読んでみてください

-----------------以下抜粋-------------------

子供に防犯対策として持たせたいと考える親が多い一方、裏サイト・出会い系サイトなど、子供が有害な情報に触れる入り口になる恐れもある携帯電話。子供と携帯電話について、ネットユーザーはどのように考えているのだろうか?20代から40代を中心とする男女437名の回答を集計した。回答者の子供の有無や子供の年齢は特定していない。また、2006年1月に同様の調査を行っており、今回は前回調査との比較検証もあわせて行った。

子供にはいつから携帯電話を持たせるのがよいと思うか?との問いには、「高校生(15〜18歳)」が最も多く31.4%、次いで「中学生(12〜15歳)」が20.8%、「大学生(18〜21歳)」が16.0%で、小学生以下は16.7%だった。

2006年の調査結果と比較すると、前回は高校生26.1%、中学生16.9%であったのに対し、今回は高校生・中学生の比率が上がり、逆に小学生以下の比率は低下している。「携帯を持たせてもよいと考える時期」が上がっているようだ。

子供に携帯を持たせるとしたらその理由としてどんなことが考えられるか、最も近いものを選んでもらったところ、「防犯に関心があるから」が72.5%と性別、年代を問わず圧倒的に高かった。他はいずれも10%に満たなかった。前回調査では、防犯機能・子供向けの利用制限がついた携帯を子供に持たせたいと考える人が約64%だったが、依然、「子供の防犯対策として携帯電話は有効」と考えられていることが伺える結果となった。

子供に携帯を持たせるとしたら、防犯機能とアクセス制限設定(フィルタリング機能)のどちらを重視するか?との問いには、全体では「防犯機能を重視」「どちらかといえば防犯機能を重視」を合わせるとい54.9%と、半数以上が「防犯機能重視派」。一方「アクセス制限を重視」「どちらかといえばアクセス制限を重視」を合わせると、45.1%が「アクセス制限(フィルタリング機能)重視派」となる。

結果を見ると防犯機能重視派がやや上回るが、アクセス制限重視派も拮抗しており、有害サイト対策への関心も低くはないことが伺える。性別・年代別に見ると、「防犯機能重視派」は男性の方が高く、年代が上がるほど高ポイント。男性と上の年代は「防犯機能重視」、女性と若い年代では「アクセス制限重視」の傾向が見られた。

↓元記事

livedoor ニュース

----------------------------------------------------------

いかがでしたか?
時代が変わり、子どもたちの世界でも携帯電話ありきの考え方が普及してきています。
しかし、子どもが欲しがっているからという理由だけで携帯をWiiやDSのようなゲーム機と同じような感覚でプレゼントしてしまうのには私は反対です。

なぜなら、携帯電話は本体価格だけではなく、毎月の通話料やパケット料金が発生するからです。

ある中学生の家庭では毎月の携帯電話の料金が4万円ほどでした。請求書を見た親御さんは大慌てで子どもに説明を求めました。
しかし、子どもはただ携帯を便利な道具として使っているだけで「お金」を使っている意識は薄かったのです。



△紡海 
(△任六劼坊搬咾鮖たせるときに大切なことをテーマにお話しする予定です)

parentscamp at 00:09│TrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | ぶにん先生の記事

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by つるりんたまご肌   2008年10月03日 15:51
5 はじめまして
コメントありがとうございました
家庭教育のカウンセリングを行っておられるのですね
携帯電話、自分が仕事柄必要不可欠なものでありながら、子供に持たせる時期については、やはりできるかぎり遅くしたいなと思ってしまう自分がいます。(あっ携帯電話のホームページデザインの仕事をしております)
ただ、治安が悪化する今日この頃なのでGPS機能など最小限の機能のある携帯電話を子供にもたせたいと思うこともあります。
ぜひいろいろとご指導下さい。
またブログ拝見させてください。
2. Posted by ぶにん   2008年10月03日 23:42
つるりんたまご肌さん。コメントありがとうございます^^

「ぶにん先生のカウンセリングルーム part供廚砲覆辰討ら初めてコメントうれしく思います。

携帯電話のホームページのデザインをされているのですね。昨日、私もウェブ関連のお仕事をされているかたとお話をする機会があったのですが、サイバー要素に弱い私からすると難しい言葉が多すぎて…

つるりんたまご肌さんはそれらの知識を使いこなしてデザインをされているのでしょうね。すごいです

不定期更新な上、まったりと書き綴ることも今後は多くなるとは思いますがちょくちょく覗いていただければうれしいです。ありがとうございました。