親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ぶにん先生のカウンセリングルームは家庭教育支援センターペアレンツキャンプのカウンセラーが運営する「親が学べば子は伸びる!親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 経験豊富な復学支援カウンセラーや家庭教育アドバイザーが綴る今日から役立つ理論や最新の子育て論など情報満載です。 親子の笑顔のために日々情報発信をしています。

親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム イメージ画像

2022年03月

多くのお子さんが春休み期間に入り、皆さんのご家庭でもご家族で過ごす時間が以前よりも増えたのではないでしょうか。そうなるとお子さんの春休みの過ごし方にもついつい目が行ってしまいますよね...。子どもと過ごす時間が長くなると親子間の衝突も多くなってしまう傾向にあ
『父性対応とは 戮硫菫

前回の続きです訪問カウンセラーを派遣し、クライエントさんのご自宅で子どもと直接会い、カウンセリングを始めていきました。今回のケースではカウンセリングと言っても、いきなり学校の話をするのではなく、子どもが好きな遊びを通じてカウンセラーと子どもとの信頼関係を
『小学校低学年の不登校復学事例◆戮硫菫

こんにちは! ほたて先生です現在支援を受け入れらている方、PCMを学ばれている方、そしてこのブログを見られている方々が一度は目にしたことのあるであろう言葉、それは・・・ 共感+非受容 自分が見ている世界というのは、自分が今まで培ってきた経験があるからこそ
『共感と受容について』の画像

そろそろ多くのお子さんが春休みに入り始めているかと思います。新入学や新学年に向けて、お子さんも期待や不安が大きくなりやすい時期です。4月からの登校に向けて、親はどういった姿勢で子どもと関われば良いでしょうか。皆さんこんにちはりーぼ先生です新小学1年生の場合
『新学年のスタートに向けて、親のとるべき姿勢とは?』の画像

不登校において最近問題視されているものとして、不登校になる子どもたちの「低年齢化」が叫ばれています。つまり、小学校の低学年から不登校になってしまう子が増えてきているということです。実際、当センターのお問い合わせでも小学校低学年のお子さんを持つご家庭からの
『小学校低学年の不登校復学事例 戮硫菫

不登校のお子さんが抱えている悩み...「友人関係のトラブル」「勉強面の遅れ」「生活リズムの乱れ」etc...今回は不登校の子どもたちが抱えている悩みにフォーカスを当ててお話していこうと思います。こんにちは、てんや先生です!3月に入ってから日中の気温もグッと高くなり
『不登校の子どもたちが抱えている悩み』の画像

小学6年生や中学3年生は卒業式があり、既に春休みとなっているご家庭もあるでしょう。それ以外の学年のお子さん達はあと少しで春休みといったところでしょうね。春休みになるとお子さんと過ごす時間が長くなり、子どもにイライラしてしまうという親御さんも少なくありません
『春休みの過ごし方』の画像

皆さんこんにちはきりこまち先生です厳しい寒さが和らいだと思いきや、今度は飛び始めた花粉が各地で猛威を振るっていますね寒さが和らぎ、少しずつ暖かくなってきた今日この頃、学校現場では体調不良による欠席が目立つようになってきました。コロナの件もあるため、少しの
『体調不良明けの対応が大切』の画像

小学校1年生の不登校というと、5月のGW明け・夏休み明けなどからお休みがスタートするケースを思い浮かべる方も多いかもしれません。実際、当センターへいただくご相談内容も5月のGW明けや夏休み明けが多い中、3学期から少しずつ学校をお休みする日が増えてきたというケース
『1・2月にお休みが始まった小学校1年生の不登校』の画像

家庭教育のご相談を受けていてよくお聞きするのが、「子どもが失敗から学ぼうとしない」というお話です。そんなとき親としてどう考えればよいか?何をすれば良いか?について今回は解説します!皆さんこんにちはりーぼ先生です冒頭に書いた「失敗から学ぼうとしない」という
『失敗しても学ばないことがある?』の画像

↑このページのトップヘ