親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2018年01月

2018年01月17日

母子依存からの母子分離不安とは?

ブログ読者のみなさんこんにちは
まいどん先生です

先日久しぶりに餃子を作りました。最近は購入したものを食べることが多かったですが、手づくりだと好みの味に調整できるのがいいなと思うのと、野菜をたっぷり入れられていいなと思いました。
野菜がべらぼうに高いのが気になりますが…

さて、今回は家庭教育支援コースの支援でご相談いただく内容の中でも1番多いご相談…

母子依存からくる母子分離不安 

についてブログ記事を書かせていただこうかと思います。


母子分離不安とは、お子さんが年齢的には親から離れて自立した行動が出来るにも関わらず 、「お母さんと離れることが怖い」と感じてしまうことを指します。
例えば…
お母さんが居ない幼稚園の教室に入るのが怖い
お母さんが居ない学校の教室に入るのが怖い
ほんの少しの間でもお留守番が出来ない
家庭内でもお母さんのそばから離れることが怖い
これは一例ですが、上記のような状態である場合は、お子さんが母子分離不安状態であると言ってもよいかと思われます。


また、日常生活において身の回りのことをある程度は1人で出来る年齢であるにも関わらず、上記のような母子分離不安をお子さんが訴えるようになる場合、「母子依存」状態であることがほとんどです。
例えば…
お風呂に 1人で入れない
1人でトイレに行けない(排泄後の処理が1人でできない)
 何をするにも「ママ、きて」「ママ、これどうするの?」と親を頼る
などがあげられます。

つまり、お子さんがお母さんと離れることに対し不安になるのはその前段階で母子依存状態になっているからということです。

勿論、何らかの出来事を経験したこと(怖いテレビを見た、経験をした等)で一時的に「お母さんから離れるのが怖い」とお子さんが訴えかけてくることはあるでしょう。
ここでは上記のような状態が日常的に継続して見受けられる場合を指します。

それでも学校生活や家庭内での生活において何も問題がなければ良いのですが、大体のケースでは問題が起こりやすいと言えます。

「お母さんから離れることが怖いから、学校に行きたくない」
「お母さんが一緒に来てくれないならお友達と遊べない」
「お母さんが家の中でも常にそばにいてくれないと何も出来ない」

このような状態が続くと、お子さんの自立心が育まれにくくなってしまいます

母子依存や母子分離不安に悩み、当センターにご相談いただく親御さんのほとんどは、
「できることなら年齢相応に自分の身の回りのことができるようになってほしい」
と感じていらっしゃいます。


なぜなら、「このままのウチの子のような状態で年だけ重ねていくのではないか」「同学年の子たちと差がどんどん出来てきて、学校社会で生活出来なくなるのではないか」という不安があるからです。

子育てにおいては、様々なご意見がありますし、私としましても無理にお母さんのそばに居たがる子どもと距離を取る必要はないと思っています。
問題であるのは、「母子依存状態に疲弊しきっているお母さんの心理状態」と、「本来能力的に自立した行動が出来る子であるにも関わらず学校社会から離れ退行していく状態にあるお子さん」なのではないかと思います。

お子さんには生まれ持っての個性があります。

その個性を活かしつつも、子どもの可能性を広げることができるのは、親御さんや周囲の大人たちなのではないかと私は感じています。


「母子依存からくる母子分離不安」に悩まれている親御さんが居ましたら、一度過去のブログをご覧いただきながら家庭教育を学んでみていただいてもよいのではないかと思います。

このブログ内容がみなさんのお役に立てれば幸いです

まいどん先生


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 18:09|Permalinkmixiチェック 家庭教育のススメ | まいどん先生の記事

2018年01月10日

女性ならでは?感情のコントロールができない時がある!

ブログ読者のみなさんこんにちは
まいどん先生です

年末年始はおうちでのんびりと過ごさせていただきました
大好きなお菓子作りや料理をしたり、ゲームをしたり映画を観たり、大掃除も出来て大満足です

さて、今回は支援のご相談の中で多い「感情のコントロール」のお話について記事を書かせていただこうかと思います。

よく、女性はホルモンの関係で1ヵ月の内に4回くらい性格が変わる(穏やか期⇒理由なくイライラ期)と言われたりします。
なんとかしたくても、本当にどうにもならない…これは男性には分からない悩みと言えるのかもしれません。もちろん人によって、季節によって差があるものでもあります。

家庭教育においては、「お母さんはお家の太陽でいてくださいね」とよくお話をします。
子どもという芽が成長するには、子どもが安心して成長出来る環境を作ってやることと、母性という温かい存在は必要不可欠です。(もちろん社会性や起立性を身に付けるために父性も大事です。)
そのお母さんが元気がなかったり、精神的に不安定ですと、子ども達もまた元気がなくなったり精神的に不安定になりやすいです。

そこで、今回ご紹介したいのは「オキシトシン」です。
「幸せホルモン」「抱擁ホルモン」とも呼ばれており、人と人との関りにより分泌されます。
ネット環境が整っている昨今では、現実世界での触れ合いの機会がどんどん減少しています。
「触るものと言えばスマホかキーボードのほうが多い」という方も少なくはありません。

オキシトシンが分泌されると…
・幸せな気分になれる
・ストレス緩和
・社交的になれる

このような効果が期待されるそうです。

そんなオキシトシン。そうやったら分泌されるのでしょうか?
方法は様々ですが、一部ご紹介いたします。
・ハグ
・家族団らん
・友達と食事をする
・友達とカラオケにいく
・おしゃべりする
・人に料理を作る
・感動する
・親切を心がける
・思いやりの気持ちを呼び覚ます
・ペットとのスキンシップ

…などなど。

イライラしている時になぜだか避けがちなこれらが、実は幸せホルモンオキシトシンを分泌してくれます。イライラしながらだったり、精神的に不安定な状態で子どもやご主人と接していてもなかなかうまくいかない時もあります。
そのようなときは「もっと頑張らなきゃ」「なんで上手くいかないの?」とご自身を責めずに「まあいいか!私が安定することが何よりも大事!」と割り切って、家事などはそこそこに自由な時間を設けてみるのもひとつかもしれません。
あとは睡眠時間が少ないと感情的になりやすいので、家族に協力をしてもらいひたすら寝るというのも効果的と言えます。

気持ちがある程度安定すれば、その時に家庭教育を意識してよりよい対応を目指していけばよいと私は思います。特に支援を受けてくださっている親御さんは頑張り屋さんばかりです。
そんな皆さんだからこそ、うまくいかない時や自分でコントロールできない状況にイライラしたりしがちです。
お一人で抱え込みすぎるとパンクしてしまうので、ちょっと疲れた時は休むということも忘れないでくださいねこのブログを読まれているだけで、みなさんよく頑張っています

それではみなさん、今年1年も子どもの年齢相応の自立を意識しながら、家庭教育の学びと実践を楽しみましょう


まいどん先生


↓今年もブログ発信頑張りますので、応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   



parentscamp at 08:29|Permalinkmixiチェック 家庭教育のススメ | まいどん先生の記事

2018年01月08日

オンラインでの家庭ノートアプリに関する続報

ブログ読者のみなさま、こんにちは

ブログ読者のみなさん、お久しぶりです
寒くなってきましたね
最近はこたつに入りながら海外ドラマを見るのが楽しみな社会的支援プロジェクト担当のバッジョ先生が今回のブログを書かせていただきます

今回はオンラインでの家庭ノートアプリについての続報を書かせていただきます。
秋以降に開催された親の会で、それぞれ案内させていた内容なのですが、ブログで再度詳しくご説明いたします。

ペアレンツキャンプでは2014年度から、親御さんの負担を減らし、現代のライフスタイルに合わせて、スマホやPCで家庭ノートのやり取りができるようにと、家庭ノートをクラウド化するプロジェクトを進めてきました
約3年の期間を費やし、システムエンジニアの方2名とぶにん先生、きりこまち先生が協力して手弁当とシステムを構築してきました
2015年からはモニターの方にもご協力いただき、2015年末から現在の仕様でサービスをスタートしました
このオンラインでの家庭ノートのシステム導入後は多くの親御さんから、「スマホやタブレットで、いつでも、どこでも、家庭ノートができるとご好評をいただいております

ペアレンツキャンプではこのシステムを追加料金なしで、皆様にご利用いただけるようにSalesforce社のクラウドシステムを利用してシステム構築を行いました
しかし、Saiesforce社が2017年12月をもって、一般開放していた無料版のクラウドサービスを終了すると発表したため、現在の家庭ノートのアプリも終了しないといけなくなりました
親の会でアナウンスした時点ではこのような状況になっていました
※急な発表のため対策期間がなく、現在ご利用の親御さんには、手書きノートかExcel形式への移行についてご説明を行っていました。



しかし、多くの親御さんからオンラインアプリ継続を望む声が上がり、その声に答えるため、秋以降Salesforce社と何度も交渉を重ねてきました

多方面の様々な方のご協力もあり、Salesforce社から移行期間の特例措置として2年間の猶予をいただきました
この措置は異例中の異例の措置であり、このプロジェクトの公益性とぶにん先生の粘り強い交渉があったからこそと言えます
これで、なんとか2年間は現在のシステムのままでご利用できるようになりました
ブログにて、再度現在の状況についてご報告させていただきました


あくまでも暫定措置ですので、2年後にはSalesforce社の有料版サービスへの移行や別の方式でのシステム構築が必要になります。また、Salesforce社の有料版へ移行する場合でも、システムの違いから一から構築し直す必要があります

ペアレンツキャンプでは2年後の移行を目標に現在準備を進めています。
システムの移行には少なくても150万の予算が必要になります。

オンラインでの家庭ノートチェックは行政からも注目されています。
より多くの家庭で、より多くの親御さんが家庭ノートに取り組めるように、社会的支援プロジェクトでは皆様からの寄付をシステム構築費の予算の一部に充てさせていただきます。
どうかご協力のほど、宜しくお願い致します。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


ペアレンツキャンプでは今後とも社会的支援を続けていくにあたり、広く皆様にご寄付をお願いしております。
頂いたご寄付は社会的支援に伴う人件費や諸経費などとして使わせていただきます。
また、どういったプロジェクトに使用されたかという詳細に関してはHPやブログなどで報告させていただきますので、なにとぞ宜しくお願いします。
今後も新たな社会的支援プロジェクトを実施したいと考えておりますので、どうか宜しくお願い致します。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

〇寄付の方法


下記の専用口座あてにお振込ください。



ゆうちょ銀行口座

 口座番号: 14130-89461331

 口座名称: シャ)カテイキョウイクシエンセンターペアレンツキャンプ


他金融機関からのお振込の場合

 金融機関名: ゆうちょ銀行

 支店名: 四一八 (店番418

 預金種目: 普通口座

 口座番号: 8946133



1口¥3,000とさせていただいております。

※恐れ入りますが振込手数料はお振込者様のご負担でお願いしております。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
 
寒さ厳しい日が続きますので、みなさんも体調を崩さないようにご自愛くださいね
皆さんで今年1年をよい年にいたしましょう
フェリス アニョ ヌエヴォ


バッジョ先生


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ 


parentscamp at 08:00|Permalinkmixiチェック つれづれなるままに | バッジョ先生の記事

2018年01月05日

新年のご挨拶

ブログ読者の皆様


新年あけましておめでとうございます!


本年もよろしくお願いいたします。



本年も、お子さんの登校状況でお悩みの親御さんや、家庭教育を学ばれたい親御さんを中心に支援を差し上げてまいります。
昨年に引き続き、1人でも多くのお子さんや親御さんの笑顔が見られるよう、ペアレンツキャンプスタッフ一同邁進していく所存でございます。

ご縁があって支援を差し上げた皆さん、講演会などでお話をさせていただいた皆さんにとって、本年も素晴らしい年となることを心よりお祈り申し上げます。


         一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプ
                           代表理事 水野達朗
                              スタッフ一同 



 ぶにん先生
 
  事務局には多くの年賀状を頂いております。ありがとうございます。
  私や担当の先生は必ず目を通させていただいております。
  この場で御礼ならびにご挨拶を申し上げます。


  にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   



parentscamp at 07:00|Permalinkmixiチェック つれづれなるままに | ぶにん先生の記事