親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2017年10月

2017年10月30日

子どものその発言、本心?裏言葉?

ブログ読者の皆さんこんにちは
きりこまち先生です

街を歩くとどこからとなくキンモクセイの香りがただよってくる季節となりました
あの何とも言えないかすかな甘い香りがすると、「秋」を身近に感じる今日この頃です。

季節の変わり目ということもあり、体調を崩される方も増えているようですがみなさんどうお過ごしでしょう
私は先日謎の乾燥にやられてしまい、えらいハスキーな声でのカウンセリングを強いられてしまいました、、、

みなさんもどうぞお気をつけください、、、。

さて、今回は私が記事を書かせていただきます。
今回はタイトルにもある通り、子どもたちが抱えやすい悩みについてです。
小学生、中学生問わず、子どもたちはたくさんの悩みを抱えながら生きています。

今回はそんな悩みを抱える子どもたちから聞いた「子どもたちの本音と建て前」をお話させていただきます

特に今回は継続的に学校に通えるようになった子どもたちの話ではなく、実際に学校をお休みしてしまっている状況のお子さんから聞こえてくる声に関して書かせていただければと思います。

今回ピックアップするのは中学生の男の子が「学校で同級生からからかわれることが嫌になったこと」をきっかけにお休みが長くなったケースです。
このきっかけは全国の不登校カウンセリング現場でよく聴く話です
上記のようなきっかけを持つお子さんは、親御さんから「なぜ学校に行きたくないのか」と問われると大きく2つの反応を示してくることが多いと感じます。

1つ目が「学校が楽しくないから」です。

「からかわれる」ということには触れず、「楽しくない」という漠然とした理由を話すケースです。
本来であれば「学校にいる特定の同級生からからかわれること」が嫌だったはずなのに、問題を大きな視点でとらえ過ぎてしまい「学校自体が嫌」と考えてしまっているようでした。
「学校にいる特定の同級生からからかわれること」さえ除けば、学校には他に楽しい瞬間もあったはずなのにそれすらも考えられなくなってしまっているケースです。

2つ目が「黙り込む」です。
「同級生にからかわれるから学校に行くことができない」この理由を本人が恥ずかしい、学校に行けない理由として相応しくないと捉えているケースです。
そのため、親御さんからの問いかけに対して返す言葉が出て来ず黙り込んでしまうという反応になりがちです。


「からかわれること」がいわゆる「いじめ」のレベルだったのか、子どもたちの世界では当たり前のようにある「いじり」のレベルだったのかは本人にしかわからない問題です
しかし、私達はその「からかい」の程度によらず、まずは「からかわれたことによる辛さ」を本人の話すままに聞かせてもらいます。

「親には恥ずかしくて話せなかった」、「話してもどうにもならないことだと思った」、「話したけど僕が乗り越えるべき問題だとしか言われなかった」といった内容を嗚咽交じりに1時間程話すお子さんもいました。
本人にしかわからない痛みや辛さがあったことと思います。

そのまま本人に話を聞いていくと「最初は軽い気持ちで休んでしまったんです。でも休みが長引くにつれて自分ではもうどうしようもなくなってしまいました。どうしようもできないことにイライラしてしまって、自分が休んでいることを親のせいにすることもありました。」と話すお子さんもいました。この気持ちは複雑なものだったと思います。
「誰かのせいにはしたくない、でも自分のせいにもしたくない。」という子どもならではのジレンマもあったことと思います。そういった気持ちの行き先が自分を嫌わない最後のラインである家族に向うのも気持ちとしてはわかります。

しかし彼らはこういった話の最後に一様にこう話しています。
「それでも僕、学校には行かなきゃと思ってるんです。」
学校自体を嫌になってしまっても、それでも学校はいくべきところだという意識を持っている子はいます。
ただ、その本音をなかなか親御さんには見せられないプライドも同時に持っていることが多いと思います。
「学校なんかもう二度と行かない!」と話すお子さんを観てショックを受けられた親御さんは多いことと思いますが、その一言だけで全てを判断するのではなく、「この子にも本音と建て前があるかもしれない。」と冷静に考えてみてくださいね

このお話は、ぶにん先生が私に支援についてお話いただく際によくうかがっていたことです。
その後、私自身様々なお子さんとの関わりの中で、ぶにん先生からうかがっていたことそのままを子どもたちが口にしていて驚きました。

支援者として、今後も子どもの「本音と建て前」をしっかりと判断しながらそれぞれの子どもたちと向き合っていきたいと思います。

今回は「子どもたちの本音と建て前」についての記事でした。

きりこまち先生


よろしければ、こちらもポチッと応援をお願いします。(1日1回クリックを  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



parentscamp at 09:30|Permalinkmixiチェック 家庭教育のススメ | きりこまち先生の記事

2017年10月27日

第18回関東ペアレンツキャンプ親の会 ご報告!

ブログ読者の皆様こんにちは。カケル先生です

今回の記事では、先日開催されました、関東ペアレンツキャンプ親の会のご報告をいたします♪
なんと今回は約40人の親御さんに集まっていただきました!カウンセラーも7名(過去最多?)が参加いたしました

【第18回 関東ペアレンツキャンプ親の会】 

日時:10月21日(土) 13時30分〜16時30分

場所:ミューザ川崎4階 研修室2・3 


・幹事挨拶

 
今回も親の会の幹事をしていただいているピピコさんから、初めのご挨拶をいただきました。
これから支援をとお考えになられている方、支援を継続中の親御さんに向けて、ピピコさんがペアレンツキャンプの支援を受けていた時の体験談を元にお話していただきました。
親の会に参加されていた親御さんは、ピピコさんのお話を聞いて「家庭教育の大切さ」を学んだのではないでしょうか
私は、関東ペアレンツキャンプ親の会に参加させていただいたのは今回で2回目ですが、今回もピピコさんの素晴らしい挨拶に感動しました。また、幹事として親の会に参加されるのは今回が最後という事でしたが、これからも参加はしていただけるとの事です

ピピコさん、本当に長い間ありがとうござました


・水野先生のご挨拶

当センター代表の水野先生から、親の会開催にあたってのご挨拶とペアレンツキャンプの活動報告をしていただきました。
不登校復学支援コースはいつも枠がいっぱい。家庭教育支援もペアレンツキャンプの日々の支援活動が文科省や各地の教育委員会にも認められ、予防的な家庭教育を学びたいという親御さんが年々増加傾向にあるとのことです。

また社会的支援については、寄付のお願いをされておりました。
家庭ノートが1月からICT(モバイル・PC)ではなくノート形式(大学ノート)に変更せざるをえなくなります。当センターが使用していたシステム自体が閉鎖されてしまうとのことです。新システムに移行させるには150万円ほどの資金が最低でも必要とのことで、ご寄附のお願いをされていました。また、国会議員や文科省なども当センターの家庭ノートチェック法には注目されているため、このシステム存続を目指すために動かれている最中とのことでした。

・グループワーク

今回は親の会初参加の方が多く、最初は緊張した雰囲気もありましたが、2周目、3周目のグループ変更の頃には会場の中に笑い声が響き渡っていました。
私もグループの中に入って、支援で携わった親御さんだけではなく、新規の親御さんともたくさんお話をさせていただきました。過去に水野先生が支援をしていたケースで今、息子さんがほとんど私と年齢が変わらないケースもあり、ペアレンツキャンプの支援の歴史の奥深さを感じました。
一緒の席でお話を聴かせていただきました皆さん、温かくしてくださりありがとうございました!

・閉会の挨拶

佐藤先生から閉会のご挨拶。
ペアレンツキャンプは来年で10周年となります。10周年に向けての意気込み、そして今まさに目の前で起きている子どもたちの課題をどうサポートしていくかなど支援者としての思いをお話されました。
また、佐藤先生が理事を務める「家庭教育推進協会」の会報のご案内や、セミナーのご案内もされていました。ペアレンツキャンプだけではなく他機関でも家庭教育の推進啓発に尽力されている佐藤先生に追い付け追い越せで私も精進しようと心に誓った瞬間でした。

閉会の挨拶のあとは恒例の写真撮影。
わたしが写真撮影係を承り、「よいしょー」の掛け声とともにシャッターをきらせていただきました。
皆さんの失笑した顔をしっかりとおさめることができましたよ(笑)

・懇親会

恒例のお酒を飲みながらの懇親会。今回は佐藤先生と辻先生が参加されました!
私は参加出来なかったのですが、お二人から話を聞いているととても盛り上がったみたいですね
なんと!盛り上がりすぎて気づいたら3時間も経っていたとか。。。


次回の関東ペアレンツキャンプ親の会は、来年の春に東京で考えています。
その時も是非皆様とお話したいので、たくさんの参加お待ちしております。

以上で、第18回 関東ペアレンツキャンプ親の会の報告を終わります。

ではまた次回のブログ記事にてお会いしましょう

カケル先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

parentscamp at 06:30|Permalinkmixiチェック 対談・講演会の記録 | カケル先生の記事

2017年10月25日

子どもの笑顔は輝いている!

ブログ読者の皆様、こんにちは。
カケル先生です!(^^)/

まもなくハロウィーンがありますね
実は私、毎年ハロウィーンを満喫しております。

そう、それは仮装です!

ハロウィーンと言えば皆様も一度は耳にした事がある「お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ」のイメージが強いのではないでしょうか。
ここ数年でその言葉を聞く事が私はなくなりましたね
今の時代ハロウィーン=仮装になりつつあります。
毎年のようにニュースで目にする東京都渋谷区の仮装イベント
あれは凄いですよね。楽しそうですがやはりモラルがなっていないからと社会問題にもなっています。一度しかない人生を楽しむことは良い事です。
しかし皆が意識して人様に迷惑をかけずマナーを守りながら楽しみたいですねこれはイベントごとに関係なく何に対してもですね

今年は何の仮装をするのか考え中です何がおすすめでしょうか?
また私が訪問カウンセラーとしてお伺いする訪問先ではハロウィーンについてお子さん達と楽しい話で盛り上がりたいなと考えております

少し話が逸れましたが。。。


それでは私のお話が長くなりましたが、本題に入りましょう。

今回は私が最近の訪問カウンセリングで感じたお話をしたいと思います

10月と言えば修学旅行、文化祭、体育祭、中にはとってもいや〜な中間テストなどなど行事ごとがたくさんです

そんな中、不登校を乗り越えて、修学旅行の準備を一緒にしている子どもたちを見て感じたことがあります。
準備をしている子どもたちの笑顔は、まさに!輝きを持っています

そんな輝いた子どもたちを見ていると、つい一年前まで、数ヵ月前まで家から出られなかった不登校だなんて考えられませんボロボロになるまで泣いた子、物にあたった子、家出をした子、その他にもたくさん辛い思いをしてきている子どもたちを見てきました。あの時は辛いことがたくさんあったけれど、それでも逃げずに頑張ったからこそ楽しい今があるのですね

復学を果たせた子どもたちは皆こう言います。「学校に戻れて良かった!
そう思ってくれているのが心の底から感じます

そんな子どもたちの笑顔を見て、私はもっと多くの子どもたちと関わって、日本中を子どもたちの笑顔で溢れさせたいなと思いました。
ハロウィーンも日本の秋の行事に定着しつつありますが、その根幹には「子ども達の笑顔を見る機会」を増やすことにつながるのかなぁと思う次第です。

お菓子をねだる子どもが街中に溢れるこの季節。ハロウィーンと訪問カウンセリングでほのぼのとした気持ちになれたお話でした



それではまた次回のブログ記事でお会いしましょう


カケル先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


 
 

parentscamp at 19:04|Permalinkmixiチェック 不登校カウンセリング | カケル先生の記事

2017年10月18日

ウチの子はやる前からあきらめちゃうんです

ぶにんです。きのうあたりから急に寒さが堪えるようになりました。
ほんの10日前には半そででも暑さを感じていたにも関わらず、きのうは長そでシャツにジャケットを着ていても肌寒さを感じました。連日の雨に、この気温差で体調を崩されている方も多いようですのでブログ読者の皆さんもご自愛くださいね。

私のほうは日々支援と講演会の日々です。
講演会は昨年でも「やりすぎたなぁ〜」と感じていましたが、なんと現段階ですでに昨年の講演会の本数を越えています。昨年が54本。今年は現段階で60本です
全国各地、学校、行政、PTAなどなど各種団体で家庭教育の重要性を感じていただいているのは嬉しいです。

そんな重要な、家庭教育の話をすこししたいと思います。


家庭教育支援をしていますと、親御さんからよく相談されることがあります。


「ウチの子はやる前からあきらめるんです」


小学生の相談であれば、鉄棒や水泳、運動関係などで「僕は野球はヘタだからやりたくない」というような内容などがあり、中学生であれば「どうせ私なんて勉強してもロクな点数が取れないからやらない」などの会話が出てきます。
ウチの娘たちも時々「どうせできないし…」とか「やっても失敗するからやらない」とか言うようになりました


親御さんの立場からすれば「やる前からあきらめるんじゃなくて努力をしてみようよ」という気持ちになられます。
でもそれがお子さんに伝わらずに結果的に「やらない」子に対して不足不満が出てきて、不毛な言い争いになったりして親も子も嫌な気持ちになります。


でも一呼吸して冷静に会話を分析してみると、そもそも上記の内容であれば、子どもたちは「野球が下手なほうが僕はいいんだ」と言っているわけでもなく「ロクでもない点数を取ることが目標なんだ」とも言っていません。
でもついついやらない子どもの行動を見ている親御さんの耳には「野球はヘタで僕はいいんだ。だからやらない」や「テストでは悪い点がいいんだ。だから私はやらない」という風に変換されて伝わってしまうケースを見受けます。


お子さんがそのような「やるまえからあきらめる傾向」が強くなったのにはこれまでの経験が影響していると思います。

それは子育ての過程かもしれないし、学校生活の中での経験かもしれません。

子育ての過程でいえば、子どもがお皿洗いなんかのお手伝いをしたときに「あら。ありがとう。でも毎日しないと意味がないよ」と伝えてしまったり、「僕みんなにゲームで勝ったんだよ」とうれしそうに話してくる子に対して「どうせズルしたんじゃないの」と言ってしまったり・・・このような親発信の繰り返しを子が経験するとどうしても自己肯定感が低くなり、自分のことも他者からの評価に対しても捻じれた感覚を持ってしまうことがあります。
ここはぶにん家でも嫁さんも課題だなぁと認識しながら日々家庭教育を実践中です

皆さん思い出してみてください。

お子さんが歩き回れるようになったくらいの頃は目に映るものなんにでも興味を持ち、自ら学び、応用して楽しみを見出したりしていませんでしたか?
それがなぜだか小学生に上がるあたりから「やるまえにあきらめること」を覚えてしまいます。皆さんもお子さんが小さいときはお子さんの遊び方をみて「この子は天才ちゃうか」と感じられたことは1度や2度ではないと思います(よく思い出してみてください)



つまり、生まれつきあきらめている子はいないんです。



どこかでつらい経験をしたり、失敗経験をしたり、恥をかいた経験から臆病になっているのです。
心のどこかでは「みんなよりも野球が上手になりたい」、「勉強していい点数を取りたい」と思っているのではないかと思います。

そのようなケースでは理屈で「やればできる」と伝えたり、「頑張れ!根性だ!」と伝えたり「このままじゃダメだ。しっかりやれ」と親が日常会話の中で伝えたところで子どもはなかなか変わりません。ではどうするか?


しっかりと、ありのままの現状を承認してあげることです。認めてあげることなんです。


「なるほど、そうなんだね」
「そう感じているのね」


ここが最初の扉を開くカギです。

ここを開かずについつい、親は結果を求めがちになります。
まずはありのままの気持ちを認めてあげること、それが果たされれば、もともと人間は育とうとする生き物ですので、もともと持っているものを引き上げてあげるだけで行動が変わってくることがあります。

私が不登校の支援の中でする教育コーチングにもそのような要素はたくさんあります。

上記の扉が開いた時には「どうしたい?」と聞くと多くの子どもたちはすでに自分の中に答えを持っていることに気が付きます。それをしっかりと支えてあげることが大切だと私は考えています。



「できない」「やらない」を非難する前に、まずは心の扉を開くためのカギである「認めてあげること」を意識してみましょう。

そうすることでお子さんの行動に変化が見えるかもしれませんよ。

ぶにん先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  


parentscamp at 17:36|Permalinkmixiチェック 家庭教育のススメ | ぶにん先生の記事

2017年10月13日

こんな家庭になってはいませんか?


ブログ読者の皆様、こんにちは なっぴ先生です
朝夕はぐっと涼しくなり、秋服がいよいよ出番となって参りました。

ショッピングモールなどに行くたびに、可愛い秋服が目に付いてついお買い物をしてしまいます。
特に私は白いニットが好きで、同じようなものを5着ほど持っています
友達にはよく「違いがわからない」と言われるのですが、編み方やシルエットが微妙に違うんです!(どうでもいいですね


それでは、前回のブログの続きを書かせていただこうと思います

前回「こんな家庭になってはいませんか?」と題しまして、よくあるご家庭のパターンを3つご紹介させていただきました
詳しくはこちらをご覧ください

今回は、残り4パターンについてご紹介していきますね



ぅスギスタイプ
親子間の溝が深く、あまり会話がないタイプです。あったとしても、親からの発信は、yesかnoで答えられるような「閉じられた質問」が多かったり、子どもを批判したり否定的な受け答をするところが見受けられます。
これは親御さんが無意識にしてしまっている場合も多いため、親御さん自身が客観視することが必要になってきます
このタイプの家庭において起こる不登校の子どもの性格傾向としては「投げやりで無気力タイプ」が見受けられます。

この場合、親御さんは「子どもの気持ちを受け止める姿勢」「子どもに不足不満を言わない」を心掛けていただき、親と子の距離を縮めていくよう努めましょう
子どもに対して不足不満に思う気持ちが強いと信頼関係は築けません。完璧な子どもはいないということを忘れないようにしてくださいね


セ劼匹眈絨魅織ぅ
こちらは家庭内で子どもが「王子様・お姫様」になっているタイプですね。
子どもの性格傾向としては、自分本位でわがまま、自立心が低く、忍耐力がないなどが挙げられます。
こういった子どもは大人が驚くほど小さな理由の挫折を学校で経験し、そのまま不登校になるパターンが多いです

こういった状況を改善していくためには、子どもの自立心を伸ばすためにも、自分で出来ることを親は手伝わないことが重要です
最初のうちは子どもから反発が予想されますが、それでも「お母さんはやらないよ」と毅然とした態度を取りましょう。
親がいなくても自分で考え行動できる子どもに育てるのが家庭教育の目標です


親の支配が強いタイプ
親子間のコミュニケーションの中で、メシテイ(命令・指示・提案)が多く、子どもを支配・管理しようという気持ちが親の発言によく表れているタイプです。
このような傾向が強く出る家庭の子どもの性格傾向としては、「心配性」「神経質」で親を頼る気持ちが強い、または「反抗的」「暴力的」で親に期待せず、不登校になったとしても親に頼らない傾向が強くなることがあります

このタイプに当てはまるご家庭では、特に干渉を極力避けることと親の価値観を押し付けないということを心がけてください。
そして、子どもをコントロールするということはできないということを親御さん自身が気付くことが必要です
「これはこうしなさい」と結論を親が出してしまうと、子どもの経験が蓄えられていきません。
お子さん自身に考えさせ、答えを出させることを意識してみてくださいね


Э討期待過剰タイプ
このタイプの親子コミュニケーションの特徴としては、親の会話のほとんどが子を「褒めること」と「叱ること」になっています
例えば、成績が上がったりしたときは、まるで自分自身のことのように喜んでお子さんを褒めます。ただ、逆に下がったときは親御さんがヒステリックになりがちです
このタイプの不登校の子どもの性格傾向としては、親のプレッシャーの影響で家の中では本当の自分を出すことが出来ず、家と外での態度が極端に違う子が見られます。

このタイプの不登校の初動対応として「ありのままでいいんだよ。頑張っているならそれでいいよ」と受け入れてあげることが必要になってきます。
また、親の価値観を押し付けないことを意識して家庭内対応に挑むことが大切です



以上、7パターンを紹介してまいりましたが、いかがだったでしょうか?
もし「うちの家庭、これに当てはまるわ!」というものがありましたら、この記事を参考にしていただき、家庭教育の改善に努めていただければと思います

それでは、次回のブログ記事にてお会いしましょう!

なっぴ先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  



parentscamp at 12:03|Permalinkmixiチェック 家庭教育のススメ | なっぴ先生の記事