親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や五月雨登校、母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 ブログ開設8年(2008年開設)で発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけしてきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2017年03月

2017年03月28日

中1ギャップによる不登校からの復学事例

ブログ読者のみなさまこんにちは!どんきー先生です
お待たせしました!!!前回の続きです


ダイレクトアプローチに入る日がいよいよやってきました。

まずは「彼と会ってまともに話ができるのか?」というところが懸念材料でした。
というのも、前述しましたが彼はスクールカウンセラーに会うことや別室登校を拒否している経緯があるからです。
また、学校に行かなくなってから学校の先生に会うことも拒否をしていること、友達にも会えておらず、親以外の人間とはまともに会話をしていないという状況だったからです。


その部分を最大限考慮して慎重に対応を組んでいきました。

私たちがお家に伺ったとき、彼はおどろいた表情を見せました。
それでも、こちらの話にはしっかりと耳を貸してくれました。

こちらの質問にも声は小さいながらも答えは返してくれていましたので、対応前の懸念材料はクリアできました。

そこからは、「どうして学校を休んでしまったのか?」という彼にとっては話しにくいだろうと思われる部分を聞いていきました。

すると、彼は素直にその理由を話してくれました。


理由は一つでした。

「中学にいったら知らない子たちがたくさんいて なじめる気がしなくて学校が怖くなった」

これは事前に親御さんから聞いていた話とも一致しました。

そこを話してくれたので、次は彼に学校に行く意志があるのかを尋ねました。

すると、彼は「学校に行きたい」と涙を浮かべながら話してくれました。

ただ、こうも言ってくれました。

「でも、やっぱり怖い」

彼にとって学校の通うということが相当怖いものになっているのだという確信を私が得た発言でした。それもそのはずです。彼は中学校にたった4日しか行けず長い不登校期間を過ごしてしまったわけですから。
このように長く休んでしまったことで学校についてわからないことが増えてしまい、それが原因となって「学校が怖い」となってしまうケースは少なくありません。

この発言を受けて、以上のような分析ができたので、私からは「学校を長く休んだことでわからないことだらけになってしまったのではないか?」と彼に聞いてみました。

すると、彼は「そうです。勉強もわからないし、友達ができるかもわからない。先生が受け入れてくれるかもわからない。それが怖い」と言ってくれました。
ここまで話ができるということは彼自身、ここに至るまで自分であれこれ考えていたんだと思います。

この時点で彼が再び学校に戻るにはこの不安をなんとかしてやらないといけない。
それを一人で考えてきたもののどうにもできずに今の状況になっている。
…となると、彼を側で支えてやり、具体的にどうすれば学校に戻れるのかを示してやる必要もある。
そこを包括的にサポートできる訪問カウンセラーを導入する必要がある。
そう私は判断しました。

そこからは、訪問カウンセラーを導入し、「彼とどうすれば学校に行けるか」というところを話合ってもらいました。その話し合いの場でも彼はしっかりと話すことができました。
最初に危惧していた「話せないかも」というところは取り越し苦労で終わってくれました。

最後に家庭内のことについてもご両親も含めて話し合いをし、今までやってしまっていた行動を彼は反省し、ご両親も彼の気持ちに理解を示していただき、これから彼が学校に戻るために頑張っていくということで一旦水に流し、家族みんなで前を向いて学校に戻る準備をするということで一致団結できました。(後日、弟にも謝っていたそうです)


そして、訪問カウンセラーを導入してから約一ヶ月かけてしっかりと学校に戻る準備を進めていくことができました。

彼の中で一番大きな問題となっていた「学校をやすんだからこそ起こった問題」についてもカウンセラーが二人三脚で彼に寄り添いサポートしてやることで不安を取り除いてやることができました。
準備中は家の中でもほぼ問題なく過ごすことができました。


そして、登校日を迎えました。

登校日の朝、彼に再び私は会いました。
緊張はしていましたが、覚悟を決めたいい顔をしていました。


彼は久しぶりに「いってきます」と親御さんに言い、家を出ることができました。


この日から彼は病欠を1日しただけで継続登校を頑張っています。
継続登校中は紆余曲折ありましたが、この成果は親御さんと子どもの頑張りの成果だと思います。これからも一緒に頑張りましょう。



復学おめでとうございます!



 ※細かい対応面や、状況の変化などは実際にはもっとあります。この場では省略しておりますのでその点はご理解いただいた上でお読みください。

 どんきー先生(佐藤博)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 08:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 実際の復学事例 | どんきー先生の記事

2017年03月26日

叱り役って必要なの?

ブログ読者のみなさんこんにちは
まいどん先生です

今回は、皆さんからよくいただく質問
「叱り役って必要なんですか?」
に対して家庭教育の観点でお答えしていこうかと思います。



share_tmp
↑子育てあるある。お父さんが子どものために叱ってくれているのに言うことをきかない。これはつらい…!

まず、私たちは父性と母性の担い分けが大切であると考えています。


父性をイメージしたときに皆さんがよく思い浮かべるのは「規範」「忍耐」「理想」といった堅いイメージ。
母性をイメージしたときに皆さんがよく思い浮かべるのは「包み込む」「受け入れる」「与える」といった柔らかいイメージ。
お子さんが行き渋りや、家庭内で問題をおこしがちなご家庭を分析していくと、父性あるいは母性のどちらかに偏っているケースが多く見られます。

極端な例を挙げるとすれば…

・父性が強すぎると、何を言っても子どもが反発・反抗ばかりしたり、攻撃性が強く出てしまいやすい
・母性が強すぎると、子どもが甘えん坊で自立できなかったり、極端に打たれ弱くなりやすい


上記イラストのような状況になる原因として、そのご家庭の家庭教育において父性が強すぎることが考えられます。

子どもをルールで縛りすぎたり、我慢させ過ぎたり、叱り過ぎると反発が出やすかったりします。
お父さんからすれば、仕事で疲れて帰って子どものためを思って叱っているのに、子どもが反発してくると「もう嫌この子…」とめげてしまいがち。
奥さんの評価も勝手に下がっていたり、うまく叱れなければ子どもにもナメられてしまう。


…これはやってられません!!!!:(;゙゚''ω゚''):)
(もう知るか!と匙を投げたくなります)

ということで、大切なのはバランスなのです。

なぜバランスをとらなくてはならないかという点については、次回ブログ記事にてご説明いたしますね

それではまた次回ブログ記事にてお会いしましょう


まいどん先生(山下真理子)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

parentscamp at 09:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | まいどん先生の記事

2017年03月24日

完璧な子どもを求めていませんか?

ブログ読者の皆さんこんにちは
きりこまち先生こと辻です。

先日久しぶりに夕飯の買い物をしにスーパーに行った時のことです。そのスーパーでは石焼き芋の店頭販売をしているらしく、店先に人が集まっていました
しかし、近づいてみると売っているのは焼かれた芋ではなく、生のサツマイモでした
店員さんは声を張り上げて売り込みをしています。
「いらっしゃいませー!今日は鹿児島県産サツマイモとアルミホイルがセットでお得!ホントの焼きたてはご自宅にてどうぞー!」とのこと。
買って帰るよりも買って作った方が焼きたてですよというお話ですね。しかもホイルもセットでお得な値段ということで、好調な売れ行きのようでした。

店員さんに「珍しい売り方してますねー」と話しかけてみたところ、「実は機械が壊れちゃったので苦肉の策なんですよ」と笑いながら話していました
見事にピンチをチャンスに変えていた事には感服しましたね


さて、電話カウンセリングの場では、お子さんの登校についてのお悩みや家庭教育に関するご質問を多くいただきます。

「先生、うちの子全然宿題しないんですよね」
「忘れ物がおおくて困るんですよ」
「もっと友達付き合いがうまくできるようになりませんか?」
…などなど。

日頃お子さんと一緒に生活するなかで、問題とまではいかないまでも「もう少しこうだったらいいのになぁ」と思う瞬間は多いのではないでしょうか。
そういった「もう少し」の部分が積み重なると「この子は周りの子と比べても不安な部分が多いわ」と親御さん自身が心配になってしまい、その結果必要な干渉と過干渉の線引きが曖昧になってしまうことが多いように感じます。

ではどう考えたらいいのか。まず大前提として

完璧な子どもなんてものは存在しません

水野先生がよく親御さんへのカウンセリングの場で仰る言葉です。
どんな子でも感情の波や、性格的な短所があるはずです。

そして、それは子どもにだけ言えることではなく親御さん自身にも当てはまるはずです。
親と言えど神様でも仏様でもないわけで、感情を持った人間です。
いつもは許せる子どものわがままも、状況によっては許せなくて必要以上に叱ってしまったり、理不尽だとわかっていつつも自分を止められずに子どもにあたってしまうこともあるかと思います。

しかし、そのような失敗をしたからといって親として失格なのかと言えば私の答えはNOです

子育てが人生の全てでもなく、家庭以外で嫌なことを経験したり悩みを抱え込んだりするわけです。職場で上司に小言を言われたり、お友達づきあいで何かもつれがあったり・・・それが普通だと思います。
親子の間にちゃんとした信頼関係や愛情と言われるものがあれば、親は反省して親として成長していきます。子どももそのような親の姿勢を理解しようとします

子どもを生んだ瞬間からとても重たく、そして高貴な使命を親は帯びるわけですが、誰からも親はその親の勉強を教えてもらうことはなく、親の免許をとって親として認定されるわけではありません。参考にできるのは自分がどう育てられたかの記憶くらいです。
しかもそれも時代背景が変われば正しいかどうかが変わるあやふやなものです。

開き直ってくださいというわけじゃないですが、そんな背景があるので、親としてミスをするのは当たり前。

時には子どもの寝顔に涙を流して謝る夜もあることでしょう。でもそのような悪い対応を継続的に行わないように反省して子どもと共に成長できれば、私は親としてOKなんじゃないかと考えています

真面目な親御さんほど、子どもに完璧を求めすぎ。
完璧な子どもなんているはずもありません。
子どもは様々な失敗を経験して成長していきます。完璧だったらそんな失敗すらも否定しなくちゃいけなくなります。

親も子も失敗から成長します。

一緒に失敗しながら成長していけばいいのです。子育ては親育ち。



今回は、家庭教育に関するお話でした


きりこまち先生(辻貴紀)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  


parentscamp at 08:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | きりこまち先生の記事

2017年03月23日

不登校に対してどのようなイメージをお持ちですか?

ブログ読者のみなさん、こんにちは

最近、寝る前に涙と鼻水が止まりません…
「もしや、花粉症」と思ったのですが、調べてみると「寒暖差アレルギー」の可能性と自己判断しました(花粉症だったとしても認めたくない
「鼻を温めるとよい」とのことで、寝る前はホットタオルを鼻にのせているまいどん先生です
さて、今回は瀬川さんのお久しぶりのブログ記事です
ご覧ください

↓よろしければ、こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おひさしぶりです ペアレンツキャンプスタッフの瀬川です

突然ですが、みなさんは花粉症をお持ちでしょうか?
私はかなり重度の花粉症を持っており、くしゃみと鼻水に悩まされています
毎年、これがゴールデンウィークまで続くので…今年も長い戦いになりそうです(´;ω;`)


それでは、本題に移らせていただきます

今回は「明るい不登校」についてお話をさせていただこうと思います

そもそも、「明るい不登校」とは何なのでしょうか?

明るい不登校とは、部屋に引きこもったりするわけではなく、家庭内で暴れたりすることもない、学校に行っていないこと以外はいたって普通の状態のことを指します。

「不登校の子」と聞くと、「引きこもっている」「家庭内で暴れている」「悲観的な考え方をしている」というイメージが浮かぶ方が多いのではないでしょうか?

しかし、近年ではこの「明るい不登校」が増えていると言われています

学校には行っていないけれども、家では普通に親御さんと会話する、兄弟と楽しく遊んでいる、笑顔をよく見せる、お友達が時々家に遊びに来てくれる、などなど…家にいるお子さんの様子を見ていると、学校に行く事が出来ている子と特に変わりないのが、この「明るい不登校」の子の特徴です。


では、なぜ「明るい不登校」になってしまうのでしょうか

まず、子どもが不登校になると、「どうして学校に行かないの?」と問いただしたり、「学校に行かなきゃダメでしょ!」と伝えてみたりと、なんとか早期に復学出来るようお子さんに声掛けをする親御さんが多いです。
しかし、子ども本人は理由を答えないだけでなく、「うるさいな!」と反発したり、学校の話題が出るたびに表情が険しくなったり、かたく口を閉ざしてしまうなど、態度が急変しまうということがあります

やがて、親御さんは、お子さんに対して「機嫌を損ねないように」と学校の話題を避けるようになります。子どもは、学校の話題が出てこない限り、今まで通り明るく過ごします。そして、そんなお子さんの様子を見ていると、親御さんには「学校の話をすると、またこの子の機嫌も悪くなるし、それなら何も言わないでおいて、このまま明るくいてくれた方が良いかなという考えが生まれます。

その結果、「明るい不登校」が生まれるというわけです

しかし、これでは、根本的な問題から目をそらして、当たり障りのない会話ばかりをすることになり、いつしか、解決という気持ちが薄れてしまいます。また、子ども自身の「自分が不登校の状態にあること」に対しての問題意識も薄れてしまいがちです
これでは、ただただ時間だけが過ぎてしまい、不登校の長期化に繋がりかねません。

この「明るい不登校」解消方法は様々ですが、私は「親御さんが子どもに問題意識を持たせる」ための行動をとることが大切かと考えています。
不登校中のお子さんへの対応は、親御さんが腫れ物に触るように接することが多いです。
お子さんの性格傾向にもよりますが、実はこの対応がお子さんの問題意識を薄くさせてしまうことも…
例えば、お母さんが普段お子さんのご機嫌取りをするような発言を多く取ってしまっていると、子どもが「自分の方が親よりもえらい」だったり「自分の方が立場が上だ」と感じやすくなります。
その結果、わがままや退行現象に発展してしまいがちです。

もし、「うちがまさにそうかも!」と思われる場合は、一度お子さんとの接し方を見直してみてもよいのかもしれませんね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いかがでしょうか?
水野先生の書籍『無理して学校へ行かなくていい、は本当か』にて瀬川さんのブログ記事の内容が詳しく書かれてあります。
「不登校のことをもっと知りたい!」と思われた方は、是非とも書店やAmazonさんなどでご購入ください

また、最後に大事なお知らせがあります!
このたび瀬川さんはインターンを卒業することになりました
「えっ?!じゃあもうブログで会えないの?!」
そう思うかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし…そうとも限らなかったりします。

続きは…また今度(笑)

 瀬川佑奈
 まいどん先生(山下真理子)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ 


parentscamp at 08:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | まいどん先生の記事

2017年03月22日

中1ギャップによる不登校からの復学事例

どんきー先生です。前回の続きです

前回、「子どもの性格傾向」「家庭の問題点」「学校を休み始めてからの子の問題行動」をまずは家庭内の対応において変えていけるところは変えていく間接的な支援からスタートしていったというところまで書きましたね。

このご家庭は、家庭の問題点を紐解いていくとお母さんの立場が高く、お父さんの立場が低くしまっていました。
つまり、お母さんが強く出過ぎてお父さんの役割まで担ってしまっていたので、お父さんが家庭教育に関わることができていない状態です。
まずは、家庭内において父性と母性のバランス調整から始めていきました。

まず、お母さんの立場をお父さんよりも子どもに近い立場になるような対応を心がけていただき、お父さんには家庭教育に参加していただきやすいシステムを家庭内で構築していきました。

具体的には…
・なるべく子の話を聴く姿勢を見せること(アクティブリスニング)
・今までなら叱るようなことでもなるべく叱らずお母さんの気持ちを伝えるようにする(アイメッセージ)
・それでも叱らねばならないような状況になった場合はお父さんが叱るようにする(父性対応)

というようなことを意識していただきました。

そうすることで、家庭内における母親と父親の立場が明確になっていきました。
今まで子どもが何か言うと親からは注意することばかりだったため、彼はお母さんに対して発信してくる機会が少なかったのです。
対応を変えていただくことで、子どもから母親に対しての発信が増えていきました。
結果、ずっとイライラしていた子どもが落ち着いてくるという効果も見え始めました。 
お母さんが話を聴いてくれることで「イライラする前にお母さんに話をして自分を落ち着かせていく」ことができるようになったのだろうと思います。


家庭のシステムはこのように構築することができてきました。
ただ、なかなか「登校」という形にまでは結びついていきませんでした。

彼の中で「学校を長く休んでしまったことで起こった問題」が気になっている可能性が考えられました。

その問題とは…
・休んでいた間の勉強がわからない
・休んでいることについてクラスの子がどう思っているかわからない
・今更クラスに入ってなじめるか


などなど、おそらく数えあげればキリがないほどの問題を抱えてしまっていただろうと思われます。

ここまでの問題を抱えてしまっては1人だけではなかなか動き出せません。
再び登校する「きっかけ」もつかめないのだろうと思われました。

ですので、この「きっかけ」の部分を与えるために親御さんと連日相談をしていくことに。
結果、「ダイレクトアプローチ」を行うことを決めました。


ダイレクトアプローチとは訪問カウンセラーがお家に伺い、子どもに対して直接アプローチしていき、結果復学に向けてサポートしていく手法です。
彼のケースでは、スクールカウンセラーとの面談や別室登校も全て拒否しているという実績もあったので、子どもが相談する場所に出向く手段ではなく、直接家に第三者が入る手段を取ることに。

そして、いよいよダイレクトアプローチを行う日がやってきました。
 
続きはまた次回 

 
※細かい対応面や、状況の変化などは実際にはもっとあります。この場では省略しておりますのでその点はご理解いただいた上でお読みください。


 どんきー先生(佐藤博)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 08:30|Permalinkmixiチェック 実際の復学事例 | どんきー先生の記事