親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2016年11月

2016年11月28日

親が変わるために必要なのは習慣化!

ブログ読者のみなさんこんにちは
まいどん先生です

今年もあとわずかですね!年はじめに掲げた、「1年で100冊以上 本を読む」という目標も現時点で無事達成しました!習慣化さえしてしまえば、あとは勝手に読書生活が身についていくものですね

さて、今回はそんな「習慣と家庭教育」についてブログ記事を書かせていただこうかと思います

↓こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
 

人が何か新しいことをしようとすると、無意識のうちに以前の行動癖が出てきやすいといわれます。
例えば、「今日から毎朝30分歩く!」と意気込んでも、次第に睡眠を優先してしまったり。
そもそも脳は怠ける癖があります。生命の本質として「今のままが安全」と感じている脳はストップをかけます。
よって、脳は新しい行動には消極的と言われます。

「えっ、じゃあ家庭教育を学び実践するのって無理なの?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
実は、行動は習慣化さえしてしまえばそれが「今のまま」になるので、脳は「安全」と感じてくれます。
ポイントはいかに新しい行動を習慣化してしまうかということですね

では、どのようにして家庭教育を学び実践することを習慣化していけばよいのでしょうか


1.行動のハードルを下げる

はじめは「毎日家庭ノートをつけよう!」と意気込んでいても、次第に書かなくなる…というのは珍しくありません。特に、支援を受けられてお子さんの状態が良くなってきたころにこの状態になることが多く見受けられます。
しかし、状況が少し良くなったからと親御さんの学びと実践を止めてしまうと、お子さんが以前の状態に戻ってしまうことはよくあることです
そこで、私たちがお伝えするのは「毎日続けることが大切なので頑張りすぎないでください」というもの。
ダイエット目的で朝ウォーキングをするにしても、いきなり30分行うのではなく5分だけ続けていくイメージです。
家庭ノートもいきなりたくさんの情報を記入しても、あとが続きません。
出来る範囲で頑張ることと、とにかく続けることが大切です。


2.「とりあえず3ヶ月」と言い聞かせる

人の行動が習慣化するにあたっての日数は大体66日目以降と言われます。
私達の支援を受講される親御さんには「まずは3ヶ月を意識してみてください」というお話をするのは習慣化の意味も含まれていたりします。
66日以上毎日同じことを繰り返すことが出来ると、親子の会話を記入することやPCMを意識した子育てを実践することが苦ではなくなっていきやすいです。

また、家庭ノートの効果は親御さんのマインド変化に大きく役立っていきます。
その点についてはまた次回のブログ記事にて書かせていただこうかと思います

それでは、次回ブログ記事にてお会いいたしましょう


  まいどん先生(山下真理子)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

parentscamp at 10:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | まいどん先生の記事

2016年11月24日

お子さんの言葉だけで判断していませんか?

ブログ読者の皆さんこんにちは
きりこまち先生こと辻です

すっかり寒くなりましたね。冬の訪れをどことなく感じる風が吹いています。
ちなみにこの寒さでもS先生はアイスを食べられていました。お強いですね

さて、今回は私が記事を書かせていただきます。
今回はタイトルにもある通り、子どもたちが抱えやすい悩みについてです。小学生、中学生問わず、子どもたちはたくさんの悩みを抱えながら生きています。

今回はそんな悩みを抱える子どもたちから聞いた「子どもたちの本音と建て前」をお話させていただきます

特に今回は継続的に学校に通えるようになった子どもたちの話ではなく、実際に学校をお休みしてしまっている状況のお子さんから聞こえてくる声に関して書かせていただければと思います。

今回ピックアップするのは中学生の男の子が「学校で同級生からからかわれることが嫌になったこと」をきっかけにお休みが長くなったケースです。
このきっかけは全国の不登校カウンセリング現場でよく聴く話です
上記のようなきっかけを持つお子さんは、親御さんから「なぜ学校に行きたくないのか」と問われると大きく2つの反応を示してくることが多いと感じます。

1つ目が「学校が楽しくないから」です。

「からかわれる」ということには触れず、「楽しくない」という漠然とした理由を話すケースです。
本来であれば「学校にいる特定の同級生からからかわれること」が嫌だったはずなのに、問題を大きな視点でとらえ過ぎてしまい「学校自体が嫌」と考えてしまっているようでした。
「学校にいる特定の同級生からからかわれること」さえ除けば、学校には他に楽しい瞬間もあったはずなのにそれすらも考えられなくなってしまっているケースです。

2つ目が「黙り込む」です。
「同級生にからかわれるから学校に行くことができない」この理由を本人が恥ずかしい、学校に行けない理由として相応しくないと捉えているケースです。
そのため、親御さんからの問いかけに対して返す言葉が出て来ず黙り込んでしまうという反応になりがちです。


「からかわれること」がいわゆる「いじめ」のレベルだったのか、子どもたちの世界では当たり前のようにある「いじり」のレベルだったのかは本人にしかわからない問題です
しかし、私達はその「からかい」の程度によらず、まずは「からかわれたことによる辛さ」を本人の話すままに聞かせてもらいます。

「親には恥ずかしくて話せなかった」、「話してもどうにもならないことだと思った」、「話したけど僕が乗り越えるべき問題だとしか言われなかった」といった内容を嗚咽交じりに1時間程話すお子さんもいました。
本人にしかわからない痛みや辛さがあったことと思います。

そのまま本人に話を聞いていくと「最初は軽い気持ちで休んでしまったんです。でも休みが長引くにつれて自分ではもうどうしようもなくなってしまいました。どうしようもできないことにイライラしてしまって、自分が休んでいることを親のせいにすることもありました。」と話すお子さんもいました。この気持ちは複雑なものだったと思います。
「誰かのせいにはしたくない、でも自分のせいにもしたくない。」という子どもならではのジレンマもあったことと思います。そういった気持ちの行き先が自分を嫌わない最後のラインである家族に向うのも気持ちとしてはわかります。

しかし彼らはこういった話の最後に一様にこう話しています。
「それでも僕、学校には行かなきゃと思ってるんです。」
学校自体を嫌になってしまっても、それでも学校はいくべきところだという意識を持っている子はいます。
ただ、その本音をなかなか親御さんには見せられないプライドも同時に持っていることが多いと思います。
「学校なんかもう二度と行かない!」と話すお子さんを観てショックを受けられた親御さんは多いことと思いますが、その一言だけで全てを判断するのではなく、「この子にも本音と建て前があるかもしれない。」と冷静に考えてみてくださいね


今回は「不登校児の本音と建て前」についての記事でした。

きりこまち先生(辻 貴紀)


よろしければ、こちらもポチッと応援をお願いします。(1日1回クリックを  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



parentscamp at 07:30|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 不登校カウンセリング | きりこまち先生の記事

2016年11月21日

中学3年生の不登校の復学事例

ブログ読者のみなさんこんにちは、どんきー先生です
先週の続きです。


訪問カウンセラーと彼は具体的にどうやって学校に戻っていくのかを話しあいました。

休み始めた「きっかけ」の部分はこれまでの記事の通りですが、今後学校に行くことを考えるとその「きっかけ」だけを解決してもなかなか登校に結びつかないことがほとんどです。
なぜなら、学校を休んでいる間に学校のことがわからなくなっているからです。

その部分を訪問カウンセラーが一つ一つ、「何がわからなくなっているのか」を紐解いていきそれに合った支援を組み立てていきました。
もちろん「きっかけ」になった部分をどうしていくのかも一緒に考えていきました。

彼は素直に訪問カウンセラーの話を聴いてくれました。
訪問カウンセラーが丁寧に解決策を話していくことで彼の中で「学校に行けるかもしれない」という思いを持つことができたようです。


その結果、復学に向けて訪問カウンセラーと二人三脚で準備していくことが決まりました。
まだまだ、学校に戻るという決意をしただけで具体的になにか動いたわけではないので不安はまだあったと思います。それでも、その時の彼の顔は少しスッキリしたような顔をしていました。


そして、彼の場合は部屋にひきこもっており、まともに親とのコミュニケーションも取れていない状況でした。
私たちの支援はあくまで親子のコミュニケーションによる家族療法が中心の支援です。
ですので、今後円滑に親子のコミュニケーションが取れるように私が親子の間に入り、関係の修復をするために家族関係を再構築していきました。

そこで彼が話していたことは
「学校を休んでいたことで親と話すことが気まずくなってしまった。心配かけてごめんなさい」
と泣きながら一言親御さんに話をすることができました。
これは私から見て彼の本心だったように思います。

親御さんもそれを受けて涙ながらに彼を応援することを誓ってくれました。


そこからは、約1ヶ月間、訪問カウンセラーと二人三脚で復学準備をしていきました。

準備の中で彼は昼夜逆転生活をしていたので、まずはその生活を学校に合わせた生活にできるだけ近づけていくようにしていきました。
また、私たちの訪問カウンセリングでは学校の準備とは別に遊びを通じて子どもと信頼関係を作っていきます。
その遊びの中で自虐的な発言も多かったため、訪問カウンセラーからところところで「暗いわ!」と突っ込みを入れながら、自虐的になり過ぎないようにケアしていきました


そうすることで学校に戻る前には昼夜逆転が落ち着き、自虐的な発言は減っていきました。
そのおかげで、登校前に友達と会う機会を作りましたが、その時も問題なくスムーズに友達たちと遊ぶことができました


いよいよ登校日を迎えました。

この日、私は1ヶ月ぶりに彼と会いましたが緊張感はありつつも、決意に満ちた良い表情になっていました。


その表情のまま彼は家を出ていきました。


力強く自転車のペダルをこぎ、さっそうと登校していきました。


そこから、彼は1日も休まず登校しています。



今では自虐的な発言はなくなり、どちらかというと明るくなりすぎて親が彼の話を聴くのに必死にならないといけないくらいによくしゃべるようになったそうです

私たちの支援では登校できてからも継続登校のサポートのために訪問カウンセリングに伺います。
そのカウンセリングにおいても、見違えるように明るくなったという変化がありました。
ゲームをしていても自虐的になることもなくなり、笑顔が増えました


そして、今では受験に向けてやめてしまった塾にも再び通いだし、志望校合格に向けて前向きに勉強に取り組んでいる毎日だそうです。


あの暗かった部屋も今ではカーテンを開けて十分に陽の光が入るようになったそうです。


最初に私が入ったときには彼は真っ暗な部屋で陽の光が入らないところにいました。


その彼が登校できるようになったことで陽の光を取り入れ明るく過ごすようになりました。


彼にとって復学とは「希望の光」だったのかもしれません。




登校おめでとうございます!

それでは、また次回ブログ記事にてお会いいたしましょう


※細かい対応面や、状況の変化などは実際にはもっとあります。この場では省略しておりますのでその点はご理解いただいた上でお読みください。


 どんきー先生(佐藤博)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 10:47|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 実際の復学事例 | どんきー先生の記事

2016年11月17日

モーニングセミナーIN名古屋&中部ペアレンツキャンプ親の会開催のお知らせ

みなさん、こんにちは。

どんきー先生です


さて、今回は名古屋において開催されるセミナーと親の会のご連絡です!



===============================

 【モーニングセミナー&中部ペアレンツキャンプ親の会2016】


日時:2016年12月10日(土) 10:30〜12:00 (受付開始 10:00)

場所:名古屋国鉄会館(竹)

地図:http://www.kaikan.758p.com/?page_id=12
※このURLにアクセスしていただくと地図が表示されます。



対象者:‥センターで支援を受けられている方、または当センターの支援を卒業された方
     家庭教育や不登校対応に関心のある方

※,諒を優先的にご案内いたしております。その旨をご了承の上、参加申し込みをお願いいたします。

参加申し込みにつきましては

,諒で現在支援を受けられている方で今回名古屋でのセミナーに初参加される方は担当のカウンセラー、アドバイザーの先生に参加の旨をお伝えください。

,諒で名古屋でのセミナーの参加が2回目以降の方は中部のペアレンツキャンプ親の会からご連絡があると思いますので、参加の旨はそこでお伝えください。

それ以外に該当する方はペアレンツキャンプのホームページ内にある問い合わせフォームより参加のご連絡をください。
http://www.parents-camp.jp/inquiry/


【セミナー内容】

1) ペアレンツキャンプの活動報告 (20分)
          報告者  水野達朗 先生
 

2) キャリア形成における家庭の役割〜家庭で培おう「社会人基礎力」〜 (60分)
          講師 佐藤 博 先生 


 ================================

 

また、今回上記の場所、日時で午前中はセミナーを行い、午後からは親の会を開催します
ランチをみなさんで一緒に頂きながら現在支援を受けられている親御さんや支援を卒業された他の親御さんとお話しできる機会となることと思います。


親の会につきましては、各親御さんでご昼食代をご負担いただく形となります。




是非ご都合が合いましたらご参加いただければと思います



 どんきー先生(佐藤博)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   



parentscamp at 10:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 対談・講演会の記録 | どんきー先生の記事

2016年11月16日

中学3年生の不登校の復学事例

ブログ読者のみなさんこんにちは、どんきー先生です
前回の続きです。

いよいよダイレクトアプローチに入る日となりました。


私が彼の部屋に入ると彼は昼間だというのに自分の部屋のぶ厚い遮光カーテンを閉め切り、陽の光が入らず、電気もつけない中でゲームをしていました。
その光景は異様にも見えたと同時にこれが、今の彼の心の状態を表しているのだとも感じました。

上記のような状況でしたので、まずは「話ができるのか」という点から慎重な対応が求められました。

私のほうから声をかけると彼は素直にこちらを向いてくれました。
「大事な話があるからゲームをやめて部屋の電気を点けようか」
と提案したところ彼は素直に私の言うことを聴いてくれました。

まずは、学校を休むようになった「きっかけ」を聴いていきました。

この「きっかけ」の部分は彼にとって思いだしたくない過去だったと思います。
それでも、彼は涙ながらに私に話してくれました。

その内容は前回のブログ記事でも書かせていただいたように、事前に親御さんからお話を伺っていた通りでした。

・クラスメイトとの人間関係のもつれ。
・クラスの中での自分の存在価値がないと感じた。
・クラスの中で存在価値がないと感じているところで自分だけ忘れられているような対応をされてしまったことが学校を休み始める決定打になった。

とのこと。

彼にとってはつらい話だと思います。
ただ、前回のブログ記事で彼の性格傾向について触れましたが、彼のクラスメイトに対する当たりの強さがこの状況を招いている背景がありました。
彼にとっては正義の行動がなかなか一部のクラスメイトに受け入れてもらえなかった。
厳しくいえば、受け入れてくれるような話し方をしようとしなかった。
人に注意するということは注意する側の立場が必要です。
彼自身そこまでの立場をクラスの中で作れていませんでした。

ですので、私からは
「君の思いはよくわかる。でも、その言い方をすると人は受け入れてくれない。受け入れてもらうにはこちらも工夫が必要なんだ。また、人に注意するにはそれなりに立場が必要になる。あいつから言われたら聞いておかないとな。と一目置かれるような立場じゃないと君の伝え方では聞いてくれないことなんだ。君にとっては厳しい話かもしれないけど社会はそういう構図にあるんだ。君がこれから学校に戻っていくことを考えているならば、その点をどうしていくのかを考えていかないといけないね」
と伝えていきました。

この話自体は彼にとっては厳しい話だと思います。
しかし、これから社会に出ていこうとするときには彼が必ずぶち当たるであろう壁になると思い、私はあえて厳しい話を彼にしました。

すると、彼は
「そうですよね。わかっているんです。自分の言い方が悪いんですよね。そこはいつも失敗してきてたんです。小学生の時にも同じようなことがありました。でも、我慢できなくて。
このままでいいとは思ってない。進路のこともあるし学校には行かないといけないと思っているんです。でも、また同じようにならないかが怖いんです」

と冷静に話してくれました。

彼自身、自分の課題に気づいていたんだと思います。
でも、どうすればいいかわからず悩んでいるようでした。

私からは
「そこまで自分のことに気づけているんであれば大丈夫。これからどうしていくかは一緒に考えていけばいい。まだまだこれからどうとでもなるよ。でも、このまま学校を休み続けてしまうと選択肢が減っていってしまう。学校に行きながら自分をどう変えていくかを模索していこう。大変だとは思うけどね」
と伝えました。

それを受けて彼は「わかりました。なんとか学校に戻ってみようと思います」
と話してくれました。


そこまで、話ができたところで、訪問カウンセラーを導入していきました。


続きはまた次回


※細かい対応面や、状況の変化などは実際にはもっとあります。この場では省略しておりますのでその点はご理解いただいた上でお読みください。


 どんきー先生(佐藤博)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ    

parentscamp at 10:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 実際の復学事例 | どんきー先生の記事