親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2016年09月

2016年09月30日

子どもの気持ちを考えよう 


ブログ読者のみなさん、こんにちは。
スージー先生です

日に日に涼しく感じる日も増えてきましたね。

また、先日は台風が3つも同時に接近している時もありましたよね皆さん、大丈夫でしたか
私はちょうどその時に関東にいましたが、雨がすごかったんです
移動中は傘をさしているのに前からも横からも雨に打たれ、ビショビショになりながら駅まで歩いていました
いやぁ〜
ほんと大変でした・・・(笑)

↓こちらをポチッと応援宜しくお願いします(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

さて、今回は親御さんによくご質問いただく以下の内容について2回に分けてブログ記事にて解説させていただこうかと思います

「毎日子どもに対して『今日の学校は楽しかった?何をしたの?』と聞いていました。
それをやめると、子どもとの会話がほとんどなくなってしまいました。どうしたらよいでしょうか??」


学校から帰ってきたお子さんに対して「学校どうだった?」という質問を毎日のようにしてしいる親御さんは多いのではないでしょうか?
子どもが学校でどのように過ごしているのかを親が把握することは難しいです
だからこそ、親は気になって上記のような質問を子どもにしてしまいがちです


ですが、このような質問を毎日されている子どもはどのように感じるでしょうか?

「はぁ〜、またお母さん聞いてきてるよ。そんな毎日何にもないのに・・・」

と感じているかもしれません。

そこから、親からの毎日される質問に対して「なんか監視されているみたい」と捉えてしまう可能性があるのです。
ここから親子間の関係に溝が出来てしまうことも珍しくはありません。

当センターの支援を受講し、家庭教育を学んでいただく時に親御さんには「『言おう言おう』ではなく『聴こう聴こう』の心構えが大切ですよ」とお伝えしています。
アドバイスを重視するのではなく、聴くことに重きをおいて親子間で会話をしていただきます。

親からの発信を少なくしてみることにより、子どもとの会話が減り、上記のようなご質問を多くいただきます。
しかし、そういったご家庭の場合は親が子どもに対して聴く姿勢がしっかりとできていないことが多くみられます。

聴く姿勢が出来ていない状態とは、親が子どもの話を聴くことよりも、親自身の思いや気持ちを伝えることが多いことを指します。


これは、「親が子どもよりも経験しているから、アドバイスしてあげたい」という気持ちが働いているからです。
愛情あるが故にこういった気持ちが働いているといえます。

お子さんが思春期になってくると、親御さんの質問に「いちいちうるせぇな!」と言って親と会話すること自体を嫌がる可能性も考えられます。
思春期と言えば受験生の時期でもあります。
思春期で仕方がないとは言え、進路のことや大事な話は相談してきて欲しいものです。

そのためには普段から聴く姿勢を親が身に着けておき、親子の信頼関係を築いていくことが必要ともいえます。

具体的にどのようにしていけば良いのかと言うのは、また次回のブログ記事にて書かせていただこうとおもいます


スージー先生(鈴木博美)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


share_tmp



parentscamp at 18:55|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | スージー先生の記事

2016年09月27日

重大!!発表!!!

こんにちはさんまとハイボールが美味しくて困っているまいどん先生です
年々飲める量も減ってきましたが、それでもやっぱりお酒は好きな私です。
さて、今回は瀬川さんにブログ記事を書いていただきました。ご覧ください♪

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブログ読者の皆様、こんにちは
ペアレンツキャンプスタッフの瀬川佑奈です

最近は朝晩も涼しくなり、お昼間も心地良い風を感じられるようになってきました
私自身、超暑がりに加え、超寒がり、しかもひどい花粉症持ちということで、秋が一番生きやすい季節となっております…!
たくさんお出かけをして、美味しいものを食べて、短い秋を存分に楽しもうと考えています(。・ω・)ノ゙


では、今回はさっそくブログの本題に入らせていただきます


まずは、突然ですが、皆さんに重大発表をさせていただきたいと思います。




なんと!

ペアレンツキャンプオリジナルLINEスタンプ『第2弾』が出来ました!!!!!


以前から販売しております『第1弾』のスタンプも、おかげさまで親御さん方から大変ご好評いただいており、そして今回、晴れて『第2弾』をリリースするに至りました


今回のスタンプも、前回同様、まいどん先生がイラストを描いております
実はわたくし、まいどん先生のイラストが大好きでして、スタンプが出来上がるまでに何度も何度も途中経過を見させていただきました。
そして、そのたびに「はぁ…可愛い…と感嘆の声を上げておりました。
まいどん先生は本当に絵を描くのがお上手なので、いつも感動してしまいます

ラインスタンプが完成し、見せていただいた際には「すごく可愛いです!!早く買いたいです!!発売はまだですか!!と、スタンプを作ったご本人であるまいどん先生よりもテンションが上がっていたほどです(笑)。


第1弾からブラッシュアップしたポイントとしましては…

縁取りの線が濃くなったため、トーク画面で見やすくなった
親子間やお友達間で使いやすいような文言のものが増えた
ぶにん先生が登場している(表情とかそっくりなんです
イラストが第1弾でもこれ以上ないほどに可愛かったけれどもさらに可愛くなった

という点が挙げられます


ここまで書くと、みなさん「一体どんなスタンプなんだろう?」と気になりますよね見てみたいですよね

では、せっかくなので、私のお気に入りBest3としまして、ランキング形式で発表させていただこうかと思います!


まずは第3位
22

『自分、それわがままやわ』です!
なんかシュールで可愛くないですか
お子さんが何か無茶な要求をしてきたときや、お友達にノリで返すときなどに使うと良いのではないでしょうか
このように、ちょっと「クスッ」と笑ってしまうようなものもたくさんありますので、本当に使いやすいと思いますよ



続いて第2位
39

『ぶにん先生が「大丈夫ですよ」と安心させてくれるスタンプ』です!
表情がとにかくそっくりで、本当にぶにん先生から「大丈夫ですよ」と言っていただいた気になって、何故かほっとしてしまいます…。(笑)



そして第1位は!
35

『愛することは信じることやで』です!
ペアちゃんの表情が可愛いんですよね〜
そして何より「愛することは信じること」という言葉が、本当にそうだと感じます(ぶにん先生の名言です)。


つまりどういったことかと言いますと、家庭教育では「お子さんを信じて任せていくこと」が必要であるとされています。
お子さんが出来そうなことに先回りして手助けをせず、ある程度はお子さんに任せて見守っていくことが大切なのです
その結果、お子さんは成功経験を積み、あるいは時々失敗しながらも、成長していくというわけですね
ですので、お子さんを愛しているのであれば、そのぶんお子さんのことも信じて任せていきましょう


このように、スタンプの中には、PCM(ペアレンツカウンセリングマインド)が組み込まれているものもたくさんあります。
ですので、ぜひ、みなさんにこのスタンプを使っていただいて、もっともっと多くの人に家庭教育を知っていただけるきっかけになればと思います



ご購入はこちらから!!

『ペアレンツキャンプ家庭教育支援スタンプ2』 240円(税込)






または、LINEスタンプショップの検索画面で「ペアレンツキャンプ」と入力していただきますと出てきます


今までに当センターの支援を受けられた方や現在支援を受けていらっしゃる方はもちろん、 たまたま当センターのブログをご覧いただいている方にも、ぜひ!このペアレンツキャンプオリジナルLINEスタンプ『第2弾』をご利用いただければと思います!
(もちろん、第1弾の方もオススメですので、併せてご利用いただければと思います

30

瀬川佑奈
 まいどん先生(山下真理子)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


parentscamp at 20:54|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック つれづれなるままに | まいどん先生の記事

2016年09月26日

「どうせ私はバカだから」の言葉に隠れる子どもの心理とは?

ブログ読者のみなさんこんにちは
家庭教育アドバイザーのまいどん先生です

先日ずっと楽しみにしていたゲームが発売されました
昔からそのシリーズのファンだったので、発売の1年前からもう楽しみで楽しみで。
元々一回集中するとご飯を食べたり寝るのも忘れてしまうところがある私なので、「あかん…これ、あと30分続けたら抜け出せなくなる…やめよう」と、なんとか自律させている今日この頃です

「もう少しやりたい!でもやめなきゃ!」の状態は「続きはウェブで」と言われているのと同じで、実はそのほうが執着というか「ゲームやりたい!」の気持ちに拍車をかけることになりやすいです。
とはいえ、まだまだ自分を律することが難しい年齢のお子さんの場合は親が管理してあげることも必要です。
ご家庭によってどのような管理が必要なのかという点については様々ですが、いろんな論文を読んでも「ゲームが子どもの頭を悪くする」という意見は少数です。
事実支援中のお子さんでゲーム好きな子は、賢い子も多かったりします

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

前置きが長くなりました。
今回は「どうせ私(僕)はバカだから」と自己否定をしてしまうお子さんの心理についてブログ記事を書かせていただこうかと思います。

支援を差し上げていると、上記のような発言が多くみられるお子さんを見かけます。
親御さんも、「自己肯定感が低いのでしょうか…」といったご相談をいただきます。
 
実はこれ、本心ではそうは思っていないことが多かったりします。
むしろ自信とプライドが高く、他人にダメ出しされるくらいなら先回りして自分を評価して「そんなことないよ」と否定してほしいからであったりもします

これは、欲求と正反対の行動をとる反動形成の一種と言われます。

「そのとおりだね」と返答したらプライドを傷つけてしまうことになります
「あなたは頭がいいよ」と言ってもお世辞と受け取られます



では、親としてはどうすればいいのか?


「お母さんはそうは思わないけどな」といったんは否定してあげた上で、相手の言うことをリフレーミングしてあげるとよいでしょう。
(リフレ―ミングは「ネガティブフレーム」を「ポジティブフレーム」に変える手法です。詳しくは過去のブログ記事をご覧ください)

相手の言葉の裏を読むことについてもう1つご紹介します。
注意されるとすぐ「ごめんなさい」と謝ってしまう子は自分の非を認めたくないからだったりもします。
さっさと誤って相手の口を封じて自分を非難させまいとするというわけです。
「謝ってるんだからもう何も言わないでよ」という意味であったりもします
返事がいいけど行動にはうつさないタイプの子は、実はこういう心理だったりもするわけですね。

確かに自己肯定感の低さからそのように発言する場合もあります。
その場合は励ましや勇気づけが有効であり必要です。
しかし、本当に自信を失ってこのような状態にあるのかの見極めを間違えてしまうと、褒めまくりの状態になりがちです。
家庭内で過剰に「褒められる」経験をしたお子さんの場合、学校で思った通りの称賛を受けられないと落ち込んで「学校怖い」「友だちが自分を理解してくれない」となってしまう可能性もあるので注意が必要です。
 
子どもたちは親が思う以上に強いです。
「この子は病気かな…」「弱い子なのかな…」と過剰に親が干渉することで、元々のポテンシャル以上に子どもが成長出来ないこともあり得ます。

もしお子さんが「どうせ…」と言い出した場合は、今回のブログ記事の内容を参考にして考えてみてくださいね
また、あくまでも心理学に沿って一般的な目線で記事を書かせていただきました。
どのご家庭にも当てはまる訳ではなく、お子さんの性格傾向は様々ですので、あくまでも参考程度にご覧いただけると幸いです。


↓あわせてご覧いただきたい記事↓

「えらい!」「スゴい!」だけが褒め言葉ではない
違う角度で見れば発見できる新たな子どもの一面 
失敗は成功の母だと捉えて

夏休みで子どもを伸ばす親のマインド


 まいどん先生(山下真理子)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

parentscamp at 08:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | まいどん先生の記事

2016年09月23日

第11回 関西ペアレンツキャンプ親の会のお知らせ

ブログ読者のみなさんこんにちはまいどん先生です。

先日は大阪事務所でサムライ先生の送迎会が行われました。
ステップアップための転職ですので、大変喜ばしいことです。
そうは分かっていても、なかなか別れというのはさみしいものがありますね
ペアレンツキャンプの支援を受けられた親御さんも、「支援を卒業して電話カウンセリング出来なくなるのはさみしい…」とおっしゃいます。


が、しかし!!!!


ペアレンツキャンプでは、卒業後も先生方と会える機会を設けています
それが、今度関東と関西で行われる「ペアレンツキャンプ親の会」です
親の会に参加することで、ご家庭の家庭教育を見直すきっかけにもなりますよ

日時:10月30日(日)13時30分16時30分(受付13時15分〜)
場所:たかつガーデン2階ガーベラの間
 →会場までの地図はこちらから←
 当日会場(ガーベラの間)前受付にてお支払いください。(おつりのないようお願いいたします)
対象:当センターの支援ご卒業者さまおよび支援中の親御さん
 なお、二次会も会場周辺で開催予定とのことです(会費は4,000円程度を予定)

持ち物:筆記用具、飲み物(当日用意されてはいますが、沢山お話しできるので結構のどが渇きます)

参加方法:
→過去に関西ペアレンツキャンプ親の会にご参加頂いている方
関西ペアレンツキャンプ親の会幹事の方からメールが届いているかと思いますので、そちらに参加希望の旨メールをお願いします
→初参加の方
現在支援を受けられている方で、親の会に初参加したい場合はそれぞれの担当の先生に参加希望の旨をお伝え下さい
また、既に支援をご卒業されている方で、今回初めて参加したい場合は当センターの問い合わせフォームからご連絡下さいね

それでは、当日はみなさまとお会いできることを楽しみにしております♪

  まいどん先生(山下真理子)

share_tmp



↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

parentscamp at 10:54|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 対談・講演会の記録 | まいどん先生の記事

2016年09月22日

ラスト・サムライの巻!

ブログ読者の皆様こんにちは!

今回はサムライ先生こと香川がブログ記事を書かせて頂きます

いきなりですが、全国各地で
台風16号が猛威を振るいましたが、みなさんご無事でしたか?

昨日はとあるご家庭の復学日だったので朝は天候がどうなるものかと心配しましたが、現場では晴れ間が見れたそうなので安心しました
お天道様も味方してくれたようですね♪

この度は復学おめでとうございます!!!


さて、今回は私から皆様に大切なお知らせがあります

事前にご報告済みでご存知の方もいらっしゃることかと思いますが、
サムライ先生は20日をもってペアレンツキャンプを退社させていただきます!

次のステップへ上がるため、水野先生と相談した結果、他の職場で経験を積むことにいたしました。

私はペアレンツキャンプに入社して以来、家庭教育支援コースでは家庭教育アドバイザーとして、復学支援コースにでは訪問カウンセラーとして、数多くのご家庭の支援に携わらせていただきました( ´∀`)
元々、大学生の頃より家庭教育推進協会さんの下でメンタルフレンドをさせていただいていたので、入社後もすぐに訪問カウンセリングの現場に入らせていただくこともでき、子ども達の復学を見届けたり、たくさんの絆や思い出を作り上げることができました(´;ω;`)


その中で私は訪問カウンセリングにて1つ、大きな信念をもって現在まで取り組んできました

それは、

「目の前の子どもを何があっても笑顔にすること」

です



学校に復学する前、子ども達は心配や不安から気持ちが暗くなってしまったり、時には泣いてしまう子もいます
学校に復学してからも楽しいことばかりでもない学校生活に、はぁーっとため息をつく子もいます・・・


しかしっ!!


そんな子ども達すべてを笑顔にすることと、

「どんなに嫌なことがあっても笑顔で次の日には登校させてあげたい

この気持ちが常に私を動かし続けました


子どもたちと関わる時は、訪問カウンセラーとしてではなく、「近所の気さくなお兄ちゃん」というイメージでやりとりすることを心がけてきました。
「カウンセリングしにくる人」として子ども達に接すると「カウンセリングされている・・・」「僕は病気じゃない!」と拒絶する子が多いからという理由があるからです。


訪問カウンセリングを重ね子どもとのリレーション(関係性)を築き上げていくことで最後には本当の友人になることを志してきました


その結果、私は子ども達の復学を支えてきただけでなく、多くの友人を得ることができました。

これまで本当に、本当に幸せな気持ちで支援をさせていただきました。


年間を振り返ると、楽しいことが本当に多かったです!
常に笑顔が溢れる事務所の雰囲気が大好きです
先輩の先生方には本当に可愛がっていただきました!
我がペアレンツキャンプは永久に不滅です!(ちょっとネタが古いですかね・・・笑)

これから家庭教育を学ばれる方から現在支援中の方まで、家庭を変えていく過程では嬉しいことや辛いことを経験されるかと思います
担当の先生と共に嬉しいことは喜び、辛いことがあっても一緒に乗り越えられてくださいね!


それでは、今まで本当にありがとうございました
これからも私は陰ながら皆様を応援しております!


サムライ先生(香川武志)

↓こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



parentscamp at 10:29|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック つれづれなるままに | サムライ先生の記事