親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2016年05月

2016年05月30日

アイメッセージを使っているのに子どもに嫌がられた…!なぜ?

ブログ読者のみなさんこんにちは
以前家庭教育支援コースにて担当させていただいた親御さんからお手紙が届きとっても嬉しいまいどん先生です
家庭教育支援コースでは、支援スタートから卒業まで一度もお互いの顔を見ることがない…というのがほとんどです。
お電話にて親御さんのお声を聴いて「この親御さんはこんな顔かな?」と想像しながらお話をしております。
親御さんもまた、それぞれの「まいどん先生像」があるようで、実際お会いしたら「思っていたのと違った」というのがほとんどです(笑)

なんだか小柄なイメージがあるようなのですが、実は身長が165センチあるので、それでまずびっくりする方が多いようです。

先日届いたお手紙で、私のイメージが女優の藤井美菜さんと書いていただきました
私は「そんな美人さんをイメージしてくださっていたなんて」…と嬉しくて舞い上がっていたのですが、きっと他の先生方にそれを言ったら反応は…。

うーん…あんまりよくない反応になりそうなので言わないでおこうとおもいます…

↓こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

さて、前回の続きです。
(アイメッセージについて詳細を知りたい方は、前回のブログ記事にてご紹介している過去のブログ記事を読んでみてくださいね。)

アイメッセージは、簡単に説明すると主語を「あなた」から「私」に変えて批判的にならず、かつ親の思いを子どもに話すことが出来るテクニックです。
主語が「あなた」で話すのがyouメッセージで、主語を「私」で話すのがアイメッセージです。

例えば、子どもが夕食をちゃんと食べてくれずなかなか片づけが出来ないといったシチュエーションの場合は…

youメッセージ→「何度言ったら分かるの!(あなたが)早くご飯を食べないと食器が片付かないでしょ!」
アイメッセージ→「早くご飯を食べてくれると(私が)今から食器を片づけられるからとっても助かるな」

と、同じ内容でもyouメッセージとアイメッセージでは子どもの感じ方が違ってくるのがお分かりいただけるでしょうか。

youメッセージの方は、なんだか責められている気になりませんか?
反対にアイメッセージの方は、「お母さんのために行動してあげようかな」と相手の気持ちを考えた上で自分で行動に移そうという気になりやすいです

ポイントは、受け手が相手の気持ちを考えた上で自分で行動することを選択するということです。
アイメッセージでは、「相手を思い通りに動かすこと」を目的とするのではなく、「相手の気持ちを考えさせるきっかけを与えること」と目的とします。

強制力はないので、必ずしもアイメッセージで親の気持ちを伝えたからといって子どもが行動に移ってくれる訳ではありません。
しかし、アイメッセージで伝えた時点で子どもに親の気持ちを考えさせることが出来るので、まったく意味がないということにはなりません。

ただ、注意すべきは前回のブログ記事でも書いた「アイメッセージを使っているのに子どもに嫌がられる」ということ。

これには理由があると書きました。

アイメッセージを使ったのにうまくいかない理由の多くは、以下の2点であることがほとんどです。

アイメッセージを使っているつもりなのにyouメッセージになっている
親が子どもの問題に首を突っ込んでいる

上記のような場合には、子どもは親御さんに対して反発心を持ち、嫌がったり怒ったりといった反応を見せがちです。
「じゃあ、どう伝えたらいいの?」と思いますよね。

次回のブログ記事では、「アイメッセージで親の気持ちを伝えるなら具体的にどうすればよいか」をご説明いたしますね
23




まいどん先生(山下真理子)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

parentscamp at 07:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家族療法の手法解説 | まいどん先生の記事

2016年05月28日

アイメッセージを使っているのに子どもに嫌がられた…!なぜ?

ブログ読者のみなさんこんにちは。まいどん先生です

私は現在、主に家庭教育支援コースの家庭教育アドバイザーとして、様々なご家庭に支援を差し上げております

電話カウンセリングがある日はずーっと子機を持ちっぱなし…というのが良くあります。
そうすると、夕方には声がかすれてしまう…なんてことがしばしば
そこで、声の出し方が良くないのかも知れないと思い、ボイストレーナーの友人がボイストレーニングレッスンをしていたので参加してきました

喉で喋らずにおなかから声を出すことをご指導いただきました。
2時間ものレッスンでしたが、あら不思議
喉が全然疲れない

…ということで、さっそく学んだことを次回から実践していこうとワクワクしています

↓こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  
さて、今回のブログ記事はPCM(親のカウンセリングマインド)から、アイメッセージについて書かせていただこうかと思います
(PCMについて学びたいという方は、当センター代表カウンセラー水野達朗先生の書籍やDVDをお買い求めくださいね

アイメッセージは、家庭教育を実践する上でも基礎中の基礎です。
親御さんにはぜひとも身につけていただきたいテクニックです。

しかし、いざ実践する中でこのようなご質問も多くいただきます。

それは…

share_tmp

というもの。

せっかくトライしたのに、「もう!ママは黙ってて!」なんて言われたらショックですよね。
でも、実はこれらには理由がきちんとあるのです。

その理由とアイメッセージの具体的な活用例を、これから3回の記事に分けてご説明していきますね

(アイメッセージって何?と思われた方はこちらをご覧ください(クリックするとアイメッセージについての記事に飛びます。))

それではまた次回

まいどん先生(山下真理子)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

parentscamp at 19:13|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | まいどん先生の記事

2016年05月25日

親子の笑顔の為に。全力で支援を行います!

ブログ読者のみなさんこんにちは。NBAにくぎ付けなまいどん先生です
応援しているチームはウォリアーズです
しかしサンダーがかなり強くて、これから先の試合が見逃せません。

↓こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ 

今回はここ最近の大阪本部の先生方の様子をちょっぴりご報告。

当センタ−の先生方は、相変わらず西へ東へと駆け回っておられます
あまりの忙しさに2週間くらいお会いできない先生もいます

不登校復学支援の問題解決支援コース担当をしているぶにん先生、どんきー先生、きりこまち先生の朝はとっても早いです。
私立の学校に通っているお子さんの朝は早く、万が一その時間帯に「学校行きたくない!」とパニックになるお子さんが万が一でた時の為に先生方も早朝から万全の対応が出来るように準備されています。
早い日であれば4時や5時起きも。

さらに10時になれば何件も抱えてらっしゃるご家庭の電話カウンセリングを一件一件丁寧に行っていきます。
さらにさらに、当センターは家庭教育を中心に支援を行う為、各ご家庭の家庭ノートチェックも行います。
さらにさらにさらに(しつこい)、緊急で子どもたちの対応で地方に駆けつける…というのも日常茶飯事です
場合によっては対応が深夜に及ぶことも

いつも先生方はなぜ倒れないのか本当に不思議になります
ご自分を客観視しながらうまくリフレッシュしたり体調管理を行いながら日々の支援に挑まれているからでしょう
こんなに忙しくても、いつも笑顔がたえない大阪本部の事務所
大変な時こそ笑うって大事ですね

訪問カウンセラーである先生方もバッタバタの毎日です。
特にスージー先生はここ最近常に支援で出回っております。
女性であちこち出張で飛び回るのは体調管理も大変なのですが、持ち前のタフさで元気に訪問カウンセリングを行われています。

また、家庭教育支援も「受講したい!」とおっしゃる方がゴールデンウィーク明けから急増してきました。
そろそろ私が受け持てる支援枠も残数1件です。
もう少し様々なご家庭の支援を差し上げられればという思いもあるので、なんとか支援枠を拡大出来ないか日々試行錯誤中です。

その他講演会活動も活発で、ぶにん先生が行われる講演会回数がこの夏までで なんと約30回
講演会資料の作成に、準備にと講演会担当部署 もバタバタしております。

問題解決支援担当の先生、家庭教育支援担当の先生、訪問カウンセラーの先生、メンタルフレンドさん、事務局スタッフと、ペアレンツキャンプは今日も全国のみなさんの笑顔の為に全力で支援を行います

応援よろしくお願いします


まいどん先生(山下真理子)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
↓こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

parentscamp at 06:30|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック つれづれなるままに | まいどん先生の記事

2016年05月22日

小1の行き渋り

ブログ読書のみなさん、こんにちは。
スージー先生こと鈴木です

久しぶりの登場となってしまいましたね・・・
最近の私は、西に東へと子どもたちの元へ駆け回っております(現在進行形です
なかなか家に帰ることも少なくなってしまい、家に帰ると溜まった洗濯をする・・・という生活ですね
最近は天気の良い日が多いですので、毎日洗濯日和ですね
うれしい限りです

もうすぐ来る梅雨の時期がどうなることやら・・・


↓こちらをポチッと応援宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


さて、今回私からは『小1の行き渋り』についてお話しさせていただきますね 

GW(ゴールデンウイーク)明けから少しずつ当センターへのご相談も増えており、毎日たくさんの相談メールが届いております。
その中でも、小1の行き渋りのご相談はこの時期とても多くいただきます。

新学期が始まり、 毎朝行き渋りをしている子どもを何とか連れ出し、時にはお母さんが学校まで連れていく・・・
学校に行ってしまうと「楽しかった」と言って帰ってくる子どもは、朝行き渋りをしていたなんて嘘のよう。
一安心したもののまた次の日の朝になると行き渋りが始まり・・・

といった毎日を繰り返してお困りの親御さんは、ブログ読書のみなさんにもいらっしゃるのではないでしょうか?



小1の行き渋りには、以下の要因が関係していると考えられます。

〕鎮娜燹覆泙燭亙欅藹蝓砲半学校とのギャップについていけない。

幼稚園でも小学校と同じく集団行動や友達との付き合い方などを学ぶことはできます。
ですが、先生との接し方や求められるものなど幼稚園や小学校では大きく違ってきます。

小学校では子どもの自立を育み、自分で考えて行動することを求められます。
幼稚園の時に自分でできる範囲のことも親や先生にやってもらっていた子にとっては、小学校に入ってから戸惑いを感じることが多くなりがちです。
戸惑いからくるストレスがいつからか『学校が怖い』と学校そのものに対して不安を抱くようになってしまうのです。


家庭内と学校とのギャップについていけない。

これは,箸曚榮韻呼睛討任后
やはり家庭内と学校との過ごし方にギャップが生じると不安を抱えてしまう子どもは少なくありません。

特に家庭内で親御さんから、
「宿題したの?」
「手洗ってうがいしたの?」
「ゲームやりすぎなんじゃない?」
「早く支度しなさい!」

などの声掛けを日常的に使ってしまっているご家庭の子どもにとって、そのギャップは大きなものになります。

もちろん、この声掛けは親御さんがお子さんを思うがための愛情ある発言です。
「失敗させたくない」という想いからお子さんの先回りをしてしまった発言になってしまっていることが多くみられます。
この先回りな発言が日常的に行われていますと、結果的にお子さんの自立の芽を摘んでしまっていることに繋がってしまうことは往々にしてあります。
こういったご家庭で育ったお子さんは、常に親御さんが見ていてくれますし、わからないことがあればすぐに手を差し伸べてくれるので安心ですよね。

しかし、学校ではわからないことがあってもすぐに手を差し伸べてくれるお母さんはいません。

結果、子どもは学校でわからないことに「どうしよう」と戸惑い、誰も助けてくれない状況に恐怖を感じてしまいがちです。
そうなれば、,汎瑛佑乏惺纂体に恐怖を抱いてしまうようになるケースを多く見かけます。


この記事を読んでおられるブログ読者のみなさんは、
「じゃあ、どうすればいいの?」
と感じておられると思います。

既に小学校に入学しておられるお子さんにとって、幼稚園時代の過ごし方を変えるというのは時空を動かさない限り無理ですよね

当センターでは、ご家庭内で親御さんが過保護・過干渉の対応から、子どもの年相応の自立心を育める対応に変えることで学校生活と家庭内のギャップを緩和できると考えております。




そこで、具体的にどのような対応をして行けば良いのか悩まれている親御さんに、当センターでは『家庭教育支援コース』をご案内しております。
過保護・過干渉のライン引きと一言で言っても、個々のご家庭やお子さんの性格傾向によって変わってきます。
当センターでは、家庭教育アドバイザーが各ご家庭に担当として就き、そのご家庭の様子やお子さんの性格傾向を分析します。
その上で、各ご家庭に合ったカスタムメイド型の支援を差し上げているのです

家庭教育支援コースではご家庭の中でいかにお子さんの自立を促し、社会性を高めるかということを考えます
過保護・過干渉の線引きなどを明確にし、親御さんの学びを深めるコースです。
学びを深めるために、家庭ノート(親子の会話を記したノート)の添削などがありますが、詳しい内容は当センターのホームページをご覧ください。
家庭教育支援コース

当センターの支援を受けられた親御さんは、みなさん「支援を受けて良かったと仰っていただいております
嬉しい限りです
ただ、ここ最近はお問い合わせを多くいただいておりまして、本日の時点で『家庭教育支援コース』の支援枠の空き枠数が残り3枠となっております
当センターの支援に少しでもご興味をお持ちの方は、なるべく早めにお問い合わせください。
お問い合わせは、当センターのホームページからできますのでお気軽にご相談くださいね。
ご相談はこちら


「問い合わせ前にもう少しペアレンツキャンプについて知りたい」「手軽にPCMを学びたい」
という方は、当センター代表カウンセラー水野達朗先生の書籍やDVDをご覧ください。
特にDVDは数量限定販売とさせて頂いておりますのでお買い求めはお早めに
書籍の内容詳細はこちら

DVDの内容詳細はこちら


この記事がみなさんのお役に立てれば幸いです
それではまた次回のブログ記事にてお逢いしましょう。

スージー先生(鈴木博美) 
↓こちらをポチッと応援宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
 

parentscamp at 09:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | スージー先生の記事

2016年05月18日

子どもの気持ちが見透かせる?! 〜サムライ式 Psychology Technique !! part8〜


ブログ読者の皆さんこんにちは!

最近暑くなってきましたね〜!!
暑がりな上に汗っかきな私にとって地獄の季節が始まります…

とはいえ、アクティブな一面も私にはあるので海に山にと活発的に楽しんでいきたいと思います♪


あっ、その前にジメジメとした梅雨を乗り越えないと・・・笑


それでは!本題に入りましょう!


今回の記事では『サムライ式 Psychology Technique !!』シリーズ第8弾を書かせていただきます♪

読者の皆様が楽しんでプチ心理学を学んでいただけるような記事を書いていきたいと思います(・∀・)
(※なお、ご紹介するテクニックに関しましては子どもの性格をしっかりと分析した上で、訪問カウンセラーとしての立場を利用してからこそ効果がありますのでその点を踏まえてお読みください)




 さて今回ご紹介する Psychology Technique   ですが!!



イエス・バット法をご紹介したいと思います!


イエス・バット法とは、相手の言い分を一度認めたあとで、否定にもっていく手法のことです。
ただ単に相手を否定する意見だけでは悪い印象を与えかねないため、
「おっしゃる通りです。しかしながら、○○という考え方もないでしょうか?」など遠まわしの表現で自身の言い分を伝えます
この方法は、相手の言い分を肯定しているように思えて実は相手に、「バット(しかし)」の後に続く言葉から、自分の意見を「強く否定された」と感じさせてしまうのです!

また、イエス・バット法を使うと、相手も「そうなんだ。でも〜」と同じくイエス・バット法で返してしまう場合もあります
このようにお互いに使ってしまうと、ただの意見の応酬になってしまうのです。
自分の意見を「強く否定された」「押し売りされている」と思ってしまうことによって、自己防衛本能が働き、ムキになって反論してしまうからです
イエス・バッド法は、やんわりとかつきちんと断らなければいけない場面やはっきりと意見を言わなければいけない場面などでは活用できますが、多用しないように気をつけてください!

では、

サムライ先生」×「イエス・バッド法」を組み合わせるとどうなるでしょうか?

実際にあった子どもとの会話例をご覧下さい。 

(以下より、サムライ先生→侍、子ども→タロウと記述します。)


侍「今日も宿題があるんやなー」

タロウ「そうなんだよね…やりたくなーい!量が多すぎるんよ!」

侍「確かにこの量は多すぎるよね!そう思うのも無理ないわ(笑)でもこれ終えたら達成感凄そう!」

タロウ「まあね!でもなんかこういうのってきっかけが無いとできないやー」

侍「せやなーきっかけあったらできるよな!でもな、タロウきっかけならあるぞー!」

タロウ「まさか!?」

侍「そう、俺がいいタイミングで来たよな〜ニヤリ」

タロウ「・・・。うん、やろうかな。(白目)」

侍「よっしゃ気合い入れて頑張ろう!俺も手伝ってやるからさ!」

このようにアクティブリスニングとイエス・バット法を組み合わせることで、ナチュラルに話を通すことができるだけでなく、スムーズに対応を進めることができるのです!
親子の会話でも自然にこのようなテクニックを取り入れることができると良いですね♪
ぜひ、一度お試しください!

それではまた次回!


 サムライ先生  (香川武志)




宜しければこちらもポチッと応援お願いします!!!!!!!(1日1回クリックを  
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


parentscamp at 15:41|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | サムライ先生の記事