親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や五月雨登校、母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 ブログ開設8年(2008年開設)で発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけしてきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2012年01月

2012年01月27日

ブレないことの大切さ

こんにちは。ぶにんです。
先日のルル先生の記事では、大阪は暖かい日があると書いておられましたが、やはり1月末ですので寒い日が多く、凍えそうになる朝が多いです。寝癖を直したばかりの濡れた髪の毛で自転車に乗ると10分で髪の毛がカピカピになってしまいます。皆さんのお住まいの地域はいかがでしょうか


今日は家庭教育のお話


私たちは家庭教育支援コースでも問題解決支援コースでも、家庭ノートチェック法を用いて家族療法を進めていきます。その中で親子関係と子どもの性格傾向を分析して、この子にはどのような対応を組み立てれば自立心を育み、社会性をより開発できるのかを考えます。
対応の柱はPCMという考え方を用いて実践していただいています。
家庭ノートのチェックをしている際に、多くのご家庭の対応で気になるのは、親の対応がブレていることです。

例えば・・・



「学校へ行きなさい。休むことは認められないよ!」

といったかと思えばその翌日には
「もう好きにしなさい。休みたければ休みなさい!」

でもさらにその翌日には
ねぇ。頼むから学校だけはちゃんと行って。お願いだから」

子の思考
『休んでいいの?行かなくちゃいけないの?よくわからないから混乱するよ』




「先週にジュース代を500円渡したでしょ!もう渡さないよ!」

の直後に
「もう・・・今回だけよ」

子の思考
『へへっ。ゴネ得ゴネ得。次もゴネて貰ってやる』



「ゲームの時間が守れないなら、今日は夕飯抜きよ!好きにしなさい!」

と言っても子どもが時間を守らずにゲームをしているのに
「今日はあなたの大好きなハンバーグよ。さぁ、ゲームやめて来てね」

子の思考
『お母さんの夕飯抜きよ!は単なる脅し。お母さんの脅し文句は気にしなくていいや』



皆さんの家庭内対話の中で心当たりはあるでしょうか。

家庭教育の中で親子間での交渉事はつきものです。時には臨機応変で対応をしていかなければ親子関係の根本に影響が出てしまうこともあるでしょう。しかし、一番大切なのはこのブレないことです。ブレない親の姿勢や対応が根本にあってこその臨機応変だと私は考えています


例えば1ののような会話は行き渋り初期の家庭内対応ではよく見受けられるケースです。
このようなケースではまず、お休みをさせて様子を見るべきか、休ませない意志を貫くべきかを親側でしっかりと判断することです。(もちろん専門機関の判断を仰いでもよいでしょう)
お休みをさせてでも様子を見なくてはならないのなら学校へ促すこと自体をきっぱりやめてしまった方が良いです。逆にこのまま促さないと状況が悪い方向に行ってしまうと感じるならば、結果休んだとしても「親は休むことは認めていない」という姿勢を貫いた方が子どもは休んだとしても自分の行動を反省したり問題意識を持って考えたりできます。

2のケースでは、よくある「今回だけ」パターンです。
親御さんはお子さんが小さいときから嫌われたくない思いや、面倒くさい思いからこのような「今回だけ」特例を作りがちです。しかし、ダメなものはダメと伝えて嫌われたとしても他の場面で関係作りはできますし、一時的に嫌われないことよりも長い目で見れば、しつけ上大切なことはあります。面倒くさいと感じて特例を作る心情はわからなくはないですが、結果的に特例を作ることでその場は収まったとしても次に同じような場面に出会ったとき、子どものゴネ方はきっとより激しいものになることがでしょう。それならばたとえ面倒くさくても最初からこの案件に対す手はブレないぞという意志を明確にして、きっちりと通した方が結果的には面倒くさいことにはならないのではないでしょうか。

3つ目のパターンも家庭ノート上でよくみられる会話です。子育ての場面での脅し文句は使えば使うほど効果は薄れます。本来は必要のない要素ともいえるものだという考え方もありますしね。
このようなケースでブレないようにするならば、本当に夕飯を抜きに1度するか、最初からしないつもりならその条件付けを行わないというのが一つの回答になるでしょう。


親も人間。
子どもの状況次第でついついさっき言ったことと今言ってることに整合性がなくなることもあるでしょう。なぜなら親にも感情があるからです。
しかし、少なくとも家庭のルールを作ったならばしっかりと守らせる、一度言い聞かせたことはよほどのことがない限り変えないという姿勢は私は必要だと感じています。

社会では自分の思い通りにならないことはたくさんあります。学校生活を考えてもそうです。家の中で親がブレることでわがままを助長したり、ストレス耐性を育めない環境を作ってしまうと、「社会なんて」「学校なんて」という思考に繋がりやすく単純に「家の方がいいや。お母さんは最終的に僕のいうことを聞いてくれるし」という流れに繋がりやすくなります。


親がブレない

日々の対応の中で意識して子育てに励みましょう





よろしければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



parentscamp at 13:11|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | ぶにん先生の記事

2012年01月23日

ペアレンツキャンプ日和

みなさん、こんにちは
今回は私、ルルがお送りしていきますね

寒い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
大阪では、時々「あ、暖かいな」と感じる日もあり、早い春を感じています
とはいえ、インフルエンザが流行りだしたと耳にしましたので体調管理などに気を配られながら過ごされてくださいね私も最近はずっとマスク着用で事務所へ勤務していますよインフルエンザと並行して花粉の季節がやって来ますので、個人的に一年で最もマスク着用率の高い時期になります


ペアレンツキャンプの事務所も、電話カウンセリングで熱い対応の日々を送っております。私も訪問カウンセリングで各地を訪れる機会が多くなりました。三学期が始まって少し経ち、継続登校中の子どもたちの元気な姿を見られる日もあれば、元気のない姿を見る時もあります。子どもの生の感情をダイレクトに感じることが出来る訪問カウンセリングは、私自身の心を鍛えてくれます。子どもってパワーあるなぁ大人も負けてられないなと活力をもらえています。


さて、今日は事務所の皆さんの最近のことをルル目線で書いていこうと思います
過去に登場した方々をピックアップしました


まず、代表カウンセラーの水野先生は出張で各地を訪問されることが多く、あまり事務所ではお見かけしません事務所へ来られているときは電話カウンセリングを常になさっていますし、カウンセリングの他にも沢山の業務をこなされている姿をいつも「凄いなぁ…」と尊敬の思いで見ています。
たまに、椅子に座ってクルクル回られている光景を目の当たりにしたときは少しビックリしますが…頭の中でいろいろとご家庭のために対応を練られているのがうかがえる瞬間です。


次に、佐藤先生も訪問カウンセリングで各地を周られていることが多く、事務所にはいらっしゃらないことが多いです。一緒に訪問カウンセリングへ行かせていただく機会も多く、私を厳しく指導して下さる先生です。多くの家庭ノートをチェックしている姿を見て、密かに家庭ノートの達人とお呼びしています
家庭ノートチェックは主観が入りすぎてもよくないものですのでお互いにお互いがチェックした家庭ノートを見せ合いながら意見交換をさせていただいています。


最後にプロ担こと【ファミこん!プロジェクト】担当のWさんは、私の隣席で常にパソコンと向かい合いプロジェクトを進行させている方です。チラリと覗くと分厚い資料を見つめながらペンで書き込んでいたり、web上の資料を読んでいたり、と……他の先生方とは違うお仕事をされています。寡黙な印象を感じますが、たまに事務所から帰宅する方面が一緒になると、屋台でコロッケなどを買って食べながらお話しして下さる優しい方です


今までブログに登場した方のみの情報ですが、このようにスタッフ一同各々の与えられたお仕事に対して一生懸命取り組んでいますもちろん私も私が担当をしている家庭教育支援コースのクライエント様のご相談を受けながら毎日、どのようにすれば家庭の力になれるかを諸先輩方のアドバイスを受けながら頑張っているつもりです。


以上で、ルル的紹介は終了です
事務所では、先輩方のお話で大笑いすることが多いです。楽しいなぁと感じる良い職場だと思っています。
このような皆さんの中で一緒に働かさせていただいていることに感謝をして、毎日過ごしています。
お仕事の内容が親御さんの不安な気持ちを受け止めたり、アドバイスをしたりすることが中心ですので職場全体が暗い雰囲気になっていると想像されている皆様も多いとは思いますが、私たちは逆に「だからこそ楽しく明るく」をモットーに事務所では勤務しています。


最近、受験生を持つ親御さんから良いお知らせが届くようになりました

今日は2名の不登校を過去に経験した子どもたちの高校の合格発表の日でした。
私もその二人をカウンセリングしているので結果をハラハラしながら待っていましたが、無事にふたりとも努力が実り合格という結果を手に入れました。一度不登校をした子どもたちですので普通に学校へ通っていた子に比べてここにたどり着くまで苦労も大きかったでしょう。もちろん親御さんの苦労も

でも、このような結果を出すことができてきっと喜びや達成感は何倍にも感じられたのではないかと思います。
水野先生も喜びのあまり椅子の上でクルクルまわっていましたよ。


春、新しい環境を笑顔で迎えられる喜びを私も一緒に感じています
皆さんにも笑顔の春が来ることを願って、終わりの言葉とさせていただきます。


ルル







よろしければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



parentscamp at 17:39|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック つれづれなるままに | ルル先生の記事

2012年01月18日

自分らしさの檻

不登校の児童や生徒と接しているとき、それぞれがそれぞれなりの悩みや課題を抱えていることに気が付きます。思春期の子どもたちのカウンセリングやコーチングで感じるのは、その悩みや課題が自分の内面に向いていることが多いということです。


不登校と聞けば、(当事者と当事者の親以外の)多くの方は「いじめ」や「家庭内の愛情不足」、「発達障害」などとイメージをされると思います。しかし、私が支援をする中で感じるのは上記の原因のみで不登校になるケースは稀だということ。

上記のような家庭内の環境や、学校の環境、持って生まれた資質によるもののみに原因を求める考え方を環境還元論遺伝還元論と言いますが、それだけでは不登校の問題は説明しきれません。実際に愛するわが子が突然、学校へ行けなくなったとき、それらに原因付けをしたくなる気持ちはわかりますが、深層原因はもっと複雑に絡み合っているのです。

環境や遺伝の要因だけではないとすればどのようなことが挙げられるのでしょう。

私が感じるのはさまざまな要因が絡まっている中で、一番大きな「もつれ」として、不登校の子どもたちが

自分らしさの檻の中で苦しんでいる

ということです。

自分らしさといえば一見ポジティブな要因に聞こえますが、自分らしさによって苦しんでいるケースが多いのです。これは親であるみなさんも自分の人生を振り返った時に心当たりはあるかとは思います。私にだって自分らしさの檻の中でいろいろと苦労した経験は覚えています。
でも、時代が変わり、学校教育や家庭教育のメソッドが変化したことでその檻の中から抜け出しにくくなっているのが今の時代だと感じます。


学校教育だけではなく、家庭教育の中でも近年、個性尊重型の子育てにシフトチェンジするように時代は変わってきました。ある側面だけをとらえればそれは素晴らしい考え方なのですが、個性や自分らしさを尊重する(しすぎる)流れというのは時に思春期の真っただ中にいる子どもたちを苦しめます。


自分らしくしているのに周りが理解してくれない。
自分らしくいたいから苦しいこと(嫌なこと)から逃げる。
自分らしくいたいから周りの意見を聞かない。
自分らしさがわからないから自信がない(怖い)。
本当は違うのに、キャラ設定上そうしなければならないのが辛い



など思春期不登校の子たちと話しているとそのような意見が出てきます。

そのような、本来、自分の未来に向けて羽ばたく翼となりうる「自分らしさ」が時に「檻」になって子どもたちの行動を縛ったり、気力を削いだりしてしまうことが少なからずあるのです。

自分らしさも大切にしながら、社会を構成するひとりということも大切にするというバランス感覚が大切なのですが、行き過ぎた個性尊重型の教育はそのバランスを崩しかねない要素もはらんでいます。

自分らしさの檻の中で少しの間、とどまって自分の内面と向き合うことは発達課題の中でも貴重な時間と言えるでしょう。でも、その檻に閉じ込められてしまっていては失う時間が新たな問題(休んでしまったことで勉強がわからない・体力面の問題・休んでいたことを周囲がどう思っているかが気になるなど)がさらに檻に頑丈なカギををかけてしまいます。鍵をかけて檻の中で必死にもがいている子どもにはなかなか親の言葉が届きません。でも伝えられる親子関係や、伝えられるテクニックがあれば、根比べをしていくことは大切なことだと感じます。

不登校の問題は時代とともにどんどん複雑になってきています。自分らしさの檻を自分で壊して、自分の足で、自分の意志で再び歩き出せるように私たちはサポートしていってあげたいと思っています。
子どもの力を信じて。





よろしければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



parentscamp at 17:08|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 不登校カウンセリング | ぶにん先生の記事

2012年01月06日

合格祈願!

事務所は4日から業務開始となっています。スタッフ全員、お正月を満喫できたようで全員元気に事務所にやってきてくれました。私もお正月は朝はゆっくりと寝ることができました。まぁ、娘がギャーギャー言って何度かはおこしに来ていましたが、それも幸せなことです


私たちのセンターは大阪天満宮から徒歩1分のところにありますので、初詣客や、出店で事務所近辺は大賑わいでした
事務所の前から天満宮に向かう天神橋筋商店街には所狭しと、ベビーカステラやたこ焼きの屋台が並んでいてとてもいい匂いを年初の商店街に漂わせていました。


大阪天満宮は大阪府の中でも初詣客が多い由緒正しき神社だといわれています。

『なにわ七幸めぐり』の中にも含まれ、大阪天満宮のほかに、住吉大社、四条畷神社、大念佛寺、太融寺、今宮戎神社、四天王寺があります。
それぞれに得意分野(?)があるようで、住吉大社は厄除祈願、四条畷神社は心願成就、大念佛寺は諸芸上達、太融寺は無病息災、今宮戎神社は商売繁盛、四天王寺は家内安全となっています。

そしてご存知の方も多いかもしれませんが我らが(?)大阪天満宮は学業成就に定評のある場所です。
この場所に事務所を構えた背景には、大阪天満宮のご利益を賜りたいという気持ちも実はありました


ということで、4日の日はランチミーティング前に大阪天満宮へ初詣へ。


私が担当しているクライエント様の中には中学3年生がいますので、高校合格のお願いをしてきました。そして不登校で苦しんだ子が復学後、学業面の「幸運」に恵まれることをお祈りしてきました。


おみくじは・・・私は普通でした

普通が一番だよねなんていいながら気持ちはまとめました。内容的には一言でいえば「あんまり焦らずにじっくりとやっていきなはれや」ということが書かれていました。ありがたくその言葉を胸に刻み、大阪天満宮を後にしました。


3学期は短いですが、どの学年も行事が目白押しです。その学年の集大成的な行事が多いですし、受験生はこれまでの頑張りが試される場でもあります。春に咲く花を清らかな心で見るためにも3学期は大切な時期です。
家庭内対応でも苦労も多いことと思われますが、小さな幸せにもしっかりと目を向けて取り組んでいただければと思います。

皆様にも大阪天満宮での私の願い事のおすそ分けをと思い、今日は、こんな記事にしてみました。




よろしければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



parentscamp at 13:29|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック つれづれなるままに | ぶにん先生の記事

2012年01月01日

あけましておめでとうございます!




新年あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします。

今年はどんな年にしたいですか?


その夢がかなう2012年になることを

お祈りしております。



              一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプ

                        代表理事 水野達朗 (ぶにん先生)
                        ペアレンツキャンプスタッフ 一同









よろしければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ






parentscamp at 00:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック つれづれなるままに | ぶにん先生の記事