親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や五月雨登校、母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 ブログ開設8年(2008年開設)で発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけしてきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2008年10月27日

訪問カウンセラーの遊戯療法

皆さんおはようございます。

今日からまた新しい1週間の幕開けです。
お子さんは元気に「いってきま〜す」と家を出て行ったでしょうか。

さて、今日のテーマは「遊戯療法」です。

不登校の復学支援で、訪問カウンセラーの支援があったほうがより安心できるのではないかという考え方は以前にもお伝えしました(※10月20日の記事参照)

では、その訪問カウンセラーはどのような手法を用いてお子さんと人間関係を構築していくのでしょうか。 これも機関によって様々な考え方があります。ここでは私の考え方を説明したいと思います。

長期間不登校状態にある子は家の中で退屈しているケースが見受けられます。訪問カウンセラーの初回の訪問としては、その退屈を解消してあげるところから始まります。
いきなり家に訪問して 「さぁ、キミ!こんなことをしてないで学校へ行こうよ!」 なんて言うと、いきなり心のウィンドウがシャットアウトです
まずは「遊び」を通じて信頼関係を作っていきます。この遊びを通じて子どもと人間関係を作っていく手法を遊戯療法と言います。

遊戯療法の中にも、自立を促すようなレクリエーションや、精神領域を尊重するような遊技を取り入れる考え方もあるのですが、私が一番いいと考えているのは、 「今の子どもたちの世界の流行を取り入れることです」


例えば、Wiiやプレステ3、遊戯王にデュエルマスターズ、PSPに任天堂DSなどなど、それらの遊びを通じてコミュニケーションをとっていきます。
もちろんソフトもできるだけ最新のもの用意します。
遊びの手段だけではなく、コミュニケーションに幅を利かせるためには女の子であればジャニーズ情報や映画情報、男の子であればサッカー情報、野球情報、マンガネタなどに詳しいほうが良いでしょう。 事前の分析で、その家庭のお子さんの好きな遊び、得意なゲームなどを親御さんから聞いておいて対策に当たります。上記した内容にだいたいは当てはまりますが、時に鉄道が好きとか、落語が好きなんていうようなマニア的な要素のあるお子さん相手ではもちろんその情報を仕入れてきます。趣味が同年代の子とあまりにかけ離れていた場合には信頼関係を考慮に入れながら、徐々に年相応の趣味や興味の範囲を示してやることも大切です。そうしないことには復学後にクラスメイトとの話題が合わなくて苦労することも考えられるからです。


私自身も訪問カウンセラーとして全国各地のご家庭を支援してきました。
その時には、かばんの中に流行りのゲーム機やソフトがどっさり入っていました。読む本といえば、ジャンプにマガジン、そしてファミ通です この年齢でNARUTOのキャラクターのすべてと忍術を記憶している人は少ないでしょう・・・ワンピースでもブリーチでもなんでもこいです

あ、今日は月曜日ですね?ジャンプの発売日だ! 

ルフィはあの女だらけの島から抜け出せるのか(ワンピース)木の葉の里に攻めてきたペインをとの戦いの行方は(NARUTO)隊長格の卍解の威力は(ブリーチ) ・・・という私レベルの思考になると訪問カウンセラーとしては上出来ではないでしょうか



次回の△任蓮△気蕕頬問カウンセラーの特性として大切なことについて深く切り込んでいきたいと思います。


parentscamp at 12:09|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 不登校カウンセリング | ぶにん先生の記事

2008年10月26日

むしょうに食べたくなっちゃいました

私の住む地域は、水曜日あたりから生憎の天気です

木曜日だったかなぁ。
イタリアンレストランの『サイゼリヤ』のピザに微量のメラミンが入っていたとニュースがよく流れていました。
報道を聞いている限り、きちんと現地の工場から「これこれのような有害物質は入ってないでっせ」という証書を作成しているうえ、今回の発覚も、サイゼリヤ本人からの自主検査の結果の発表なので、悪気はなかったと判断できました。私はね。

何度も何度もニュースを見ていると無性にピザが食べたくなり、嫁さんを自転車の後ろに積んで、小雨の降る中、サイゼリヤまで片道15分飛ばしてピザを食べてきました。夕飯のゴールデンタイムにも関わらず報道のせいで(おかげで?)広い店内には3組しかお客さんがいませんでした。


ぶにん「お店が窮地な時にこそ食べに行ってやるのがファンってもんだろ?ニヤッ」
嫁  「・・・あなたってサイゼリヤ好きだっけ?」



と1年に1度行くかどうかのサイゼリヤを応援してきました。さすがに嫁さんはピザを自重してはいましたがうまかったですけどね。安いし。


むしょうに食べたくなると我慢できなくなりますよね。ファーストフード店のポテトとか、にんにくの利いたコッテリしたラーメンとか


こんなことを書いていると、むしょうにラーメンが食べたくなってきました






parentscamp at 08:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック つれづれなるままに | ぶにん先生の記事

2008年10月24日

家庭ノートの分析法

さて、今日は前回記事の分析をしてみましょう。(※10月22日記事参照)


子「お母さん〜。アレどこ!」
母「あぁ、自転車の鍵は玄関の棚の中よ。ほら、あったじゃないの」



これを親のカウンセリングマインド(=PCM)に当てはめて分析してみました。
担当のアドバイザーによっての差、お子さんの性格傾向や親子関係による差はありますが、基本に忠実に分析してみました。皆さんの考えられた解答と合致するでしょうか?


まず、大きな問題は子どもが捜しているものを子どもが言わずとも親が理解してしまっている点です

自転車の鍵と子が言わずとも以心伝心で親は理解してしまっています。このような対応を小さい時から日常的にしてしまうと、この子は学校へ行ってから苦労することになるでしょう。
なぜなら、学校では「アレどこ」では友達にも先生にも通じません。先生や友達にきちんと説明できる会話力がないと家庭以外でほかの子に比べてストレスを感じてしまうのです。低学年くらいの子であれば、


「何も言わなくても察してくれるお母さんがいる家の方がイイッ!」


と言って不登校になってしまうケースもあるのです。きちんと
「アレって何かな?」
とわかっていても聞き返してあげることが大切です。


この2行の会話に潜んでいる問題点はそれだけではありません。
もう一点の問題は、「子の問題に親が介入しすぎている」ということが挙げられます。

つまり、自転車の鍵を管理するのは本来子ども自身の問題だと捉えられます。その鍵をなくしたのも子ども自身。鍵がなくても困るのは子どもです。
そのようなケースでは、たとえ親が鍵の場所を知っていても自分で探させる対応が望まれます。

たとえば、こんな会話を入れてみましょう


母「自転車の鍵がないのね。毎回どこに置いたか忘れちゃうのはあなたが困るよね(アクティブリスニングによる共感的な受け止め方)」


母「お母さんは台所を探してみるから、あなたは玄関の棚のところ(正解の場所)を探してみてね(親の問題と子の問題をわけて考える。あくまで発見は子自身にさせる対応」

母「見つかったのね。今度からはなくさないように決められた場所に置くようにしてくれたらお母さんうれしいわ(アイメッセージで親の気持ちを伝える・次回に活かす対応)


などが自立心を育てるという意味では効果的だと考えられます。
親が手助けするにしても、鍵を見つけ出す行為は子どもに経験させてあげた方が子は自分で見つけた喜びを感じますので今後につながります。
親が先に見つけたり、率先して子の問題に介入してしまったりすると、子は

お母さんに言えば解決するだろう


と短絡的に考える傾向が強くなり親離れが進みません
場合によっては毎日、「お母さん!アレどこなの!?」と子はプンプンしながら聞いてくる流れができているかもしれません。


上記のケースはあくまで基本的な例です

実際はご家庭の会話を見ながら、お子さんの性格や親子関係を踏まえた上で、「あなたのご家庭、あなたのお子さんのためのアドバイス」をさせていただいています。



たった2行の会話に秘められた問題点。
これが1週間分の会話となると、前後のバランス、全体の対応から考えることなども必要になるためより深き考察ができます。

なにげないお子さんとの日常会話って結構大切になってきますよね



parentscamp at 12:11|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | ぶにん先生の記事

2008年10月22日

家庭ノートの分析法

家族療法(家庭教育支援法)については以前お話ししましたね※10月6日の記事参照)

今日は、実際には親子対話からどのような考え方で問題点を浮き彫りにしていくのかというところに焦点を当てて解説していきたいと思います。

支援法としては個々の家庭によりけりですが、不登校や引きこもりなどの直接カウンセラーが対応しなければならないケース(※ダイレクトアプローチについての解説は10月20日の記事参照)以外では、基本的には家庭内の親子対話をノートに記していただき、それを専門のカウンセラーやアドバイザーがチェックして指導するというものです。

これをワタクシ、ぶにん先生は「家庭ノート」と呼んでいます。

家庭内対話や親の対応を細かく分析していくと


「なぜ○○君は親離れできないのだろう」

「○○ちゃんが感情表現が苦手なのは親の対応に起因するのではないか」


などが見えてきます。



たとえば、小学2年生の男の子でこのような対話がありました。


子「お母さん〜。アレどこー!」
母「あぁ、自転車の鍵は玄関の棚の中よ。ほら、あったじゃないの」



これだけの会話ですが、ここには大きな問題が潜んでいます。皆さんピンと来るものがあるでしょうか??


解答は次回分の記事にて



parentscamp at 09:31|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | ぶにん先生の記事

2008年10月21日

逃げるべきか追い込むべきか

競馬では、各馬に脚質というものがあります。


逃げ・・・スタート直後からダッシュして後方の馬を置き去りにしてゴール
         までつっぱしる戦法。最後の直線でバテバテになりやすい。

先行・・・先頭集団につけてレースをする。

差し・・・中断待機して最後の直線で加速する。

追い込み・・・常に最後方にいて、最後の最後にラストスパートして、ほか
           の馬をごぼう抜きする。


おもにこの4種類の脚質に分別されます。



さて、話は変わって我らが阪神タイガース

開幕から快進撃でずっ〜〜〜〜と首位を独走。
私も甲子園に今年は3回行きましたが、3回とも快勝!金本アニキのスタミナ弁当も、モリモリ食べましたよ…(アニキ弁当すごくおいしいです。オススメです。¥1000)
それが北京オリンピックあたりからじょじょに元気がなくなり、終盤戦は10年前を彷彿とさせる貧打…
巨人びいきのマスコミが「メークレジェンド」なんていう言葉まで使い始めて13ゲーム差あった巨人がすぐ背中まで。。。。

最後は皆さんご存じのとおり見事にに差されましたね

結果的には81勝ですから全然悪くない。場合によっては優勝圏内の勝ち星です。
岡田監督はむしろ喝采されてもいい成績だと思います。
しかしあれだけ独走状態から、歴史的な追い込みの巨人に抜かれてしまった。
それだけで戦犯扱いはちょっとどうかとは思います。春先はすごく楽しませてもらったし、私としては「岡田監督お疲れ様でした。」と言いたいですね。



受験勉強でも、その戦法は個々によって異なります。
中学1年生のころからみっちり勉強して、3年生の受験期にはバテてしまう子。
まったく勉強せずに遊んでばかりだったけど、中学3年生の夏から猛勉強する子。
結果的に2人は同じ高校に進学しました。
中学3年生の冬には、

逃げ戦法の子の心理    「もっと遊んでおけばよかった」
追い込み先方の子の心理  「散々遊んできたし、ここらでいっちょやってやるか!」

という感じなのでしょうね。

まぁ、最強なのは逃げ戦法をとりながら、最後まで息切れしない子です。勉強が好きであったり、うまいこと息抜きをしながら走っていれば可能なのかもしれませんね。


「この〜いち打にかぁけろ〜♪気合いで振りぬぅけよ〜♪

         誰〜もおまえを止められぬ♪ひやま〜よ突っ走れ〜♪」



逃げるべきか、追い込むべきか・・・2008プロ野球のシーズンを振り返るとそんなことを考えさせられました

parentscamp at 10:23|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック つれづれなるままに | ぶにん先生の記事

2008年10月20日

訪問カウンセラーとは?

皆さん、おはようございます

2代目「ぶにん先生のカウンセリングルーム」を開設してから20日が経過しました。思いのほか、立ち寄ってくださる方が多くて驚きとともに、喜びを感じています。不定期更新を売りに(笑)今後も情報発信していきたいと思います。


 今日のテーマは「訪問カウンセラー」についてです。


過去の記事で家族療法(システムズアプローチ)についてはご説明しましたね。覚えているでしょうか?
忘れたのなら過去記事確認よろしゅうです。(※10月10日分記事)


家庭教育支援法の中でも不登校の復学対応については、家族内のシステムを変えるだけではなく、外部の人間が家庭に介入して直接的に子どもを支援することが効果的な時があります。


たとえば、2年間不登校状態の家庭があるとしましょう。 もちろん家庭の対応を変えることによって子どもの行動や思考は変化してきます。これは大切なことです。
しかし、いざ子ども自身が現状の自分の問題点を認識し、 「このままではマズい」「行けるものなら学校へ行きたい、戻りたい」 と考えたとしても、復学には大小様々な問題が出てくることと思います。


その代表的なものとして

・休んでいた間の勉強の遅れが気になる
・休んでいたことを友達にどう思われているかが気になる
・毎日学校へ行くとなると体力面が心配




などが挙げられます。
これらを解決した上で、復学できると継続して学校へ通える見込みが出てくるかもしれません。


システムズアプローチでも、これらの問題は解決できますが、どうしても子どもの行動に変化を与えたり、親の立場を作っていくには時間がかかるため、より即効性の高い「ダイレクトアプローチ」と組み合わせる手法があります。


つまり、 「家族療法」+「訪問カウンセラー」という支援法です。


近年、不登校の復学支援機関ではこのスタイルが多くなってきたのではないかと感じられます。
訪問カウンセラーが子どもとのリレーション(人間関係)を形成し、なんでも悩みを打ち明けられるアニキ分、アネゴ分の存在となり、復学の際に生じる様々な問題に対応していきます。
訪問カウンセラーは時には勉強も教えるでしょうし、必要であれば一緒に夕飯なども食べに行きます。学用品の準備などの具体的な復学のサポートをしながら、メンタル面のケアにも活躍できる存在です。 しかし、訪問カウンセラーのスキルや、考え方については家族療法と同じく、その相談機関によってマチマチです。

なかなか、そのマチマチな手法の中から適切な復学支援機関を選ぶことは容易なことではないと思われます。


では、不登校支援において、どのような訪問カウンセラーが適切なのか?

その職務とは? 私なりの意見を書いてみたいと思います




 次回に続く!


parentscamp at 08:18|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 不登校カウンセリング | ぶにん先生の記事

2008年10月17日

子どもに失敗をさせたくない親たち?

※昨日分(10月16日の記事)の続きです。



子どもに失敗させたくないという思いが強く、親が先回りして子どもに世話を焼いた結果として、社会生活(学校生活)に不適応を起こしてしまうとはどういうことかを今日は解説していきたいと思います


子どもが「う〜む」と迷って考えているときに、親が「それは○○したらいいんじゃないかな(提案)」とか、「こうしなさい(命令)」などを小さいことからしてしまうと、子どもの思考としては 「僕がわからなくてもママが教えてくれる」 という考え方になり兼ねません。



親が子どもに考えることをさせずに「解答」を出してしまってきたご家庭の相談を受けると、その多くは自立心が低く、なにをするにでも 「おかぁさ〜ん。ちょっと来てぇ〜」 となるケースが多いです。

このように自分で考え、失敗から学んだ経験の少ない子どもたちは前の記事でご紹介したような「不登校」「五月雨登校」「母子登校」「保健室登校」の状態になりやすいデータがあります。

もちろん個々のケースによって差異はあるので、短絡的にすべてがそうだというわけではないのでその点はご了承ください。


なぜ失敗を乗り越えた経験に乏しく、自立心が低い子が上記のような問題を起こしやすいのか。


それは、「学校生活」と「家庭生活」のギャップの大きさによるだと私は考えています


家では失敗することもなく、わからないことがあれば親がどうすればいいのかを教えてくれます。しかし、学校では自分で考えて行動(表現)をすることが求められます。
そのような時に失敗した経験の少ない子は極度に失敗を恐れて、親が思う以上のストレスを抱え込んでしまいます。
たとえば、図工の時に「自由になにかを作りましょう!」なんていう課題の時に、家では「何作ったらいい?」と聞けば「ん〜アンタの好きな猫さんの貯金箱なんていいんじゃない?」などとすぐに答えが出ます。
うまく作れなくて手を止めると親が再び的確なアドバイスをくれます。


しかし学校ではそういうわけにもいきません。


学校にはなんでも指示・提案してくれる親はいません。
先生も一人の子につきっきりで指導するわけにもいかず、基本的には導くことを主体に指導されるので、最終的には自分で考えて自分で行動していくしかありません。
また、失敗をした経験の少ない子の性格傾向では「プライドが高い」「完璧主義傾向」が見受けられます。
そのような性格傾向が大きいと、出来ない自分を受け入れづらく学校に行くのが苦痛になったり、怖くなったりしてしまうケースもあります。ましてや、家に帰れば主体的に考えなくていい環境です。


当然、 「学校へ行くより、家にいる方がいいや」 という流れが考えられますよね。


小学生の不登校の原因をひも解いていくとこのようなケースが多々見受けられるのです。(もちろんすべての不登校のケースがそうだというわけではありませんよ)


子どもはいつか親のもとを離れて自立していかなければなりません。



親が仮にいなくなったとしても自分で考えて生きていかなければなりません。その最初の段階として小学校があります。その小学校に適応できないとなると親御さんとしては心配ではないでしょうか。


失敗させたくないという親の気持ちが根幹にあるようなケースでは家族療法が効果的です。


家庭生活と学校生活とのギャップを少なくしていけば子どもは学校生活に適応しやすくなります。 今回はあくまで「失敗した経験の少ない子」のケースに焦点を当てました。不登校は複合的な問題が絡み合っているケースが多いので一概には言えませんが、考え方の一つとして覚えておくのもアリではないかと思うのです。


私は家族療法の指導の中で 「もっと子どもに失敗させてね」 とよく言います。


失敗の中からつかんだ経験というのはその子の一生の宝ものになるかもしれません。

親が命令・指示・提案をして、その場その場の事を乗り越えさせるよりもきっと大きなものがつかめるのではないでしょうか

小さな失敗は、子どもの成長のチャンスです。口元まででかかった「こたえ」をグッと飲み込んで「ん〜お母さんわからないなぁ」とか「どうしたらいいかなぁ。あなたはどう思うの?」などの対応で子ども自身に考えさせましょう。

必ずしも正解にたどり着けなくてもいいのです。


同じようなことを何度も繰り返していくうちに子どもは失敗の中から 「こうしたほうがいいかな」「前はこれで先生に注意されたから今回はこうしよう」 などとさらに自分で考え行動を変えていくでしょう





parentscamp at 13:13|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | ぶにん先生の記事

2008年10月16日

子どもに失敗させたくない親たち?

家庭教育支援の活動をしていて感じるのは、ズバリ! 子どもに失敗をさせたくない親たちが多いことです。


家の中の会話の多くは 「手を洗ったの?」 「テレビ見る前に宿題おわらしちゃいな」 「お風呂まだ入らないの?」 などで、登校前の朝になると 「水筒もった?」 「ハンカチ入れた?」 「宿題したの?」 「だから時間割は昨日のうちにしとけばいいのに・・・」 などなどの会話が目立ちます。

家庭教育カウンセラーは家庭の様子を分析するために家庭内対話を読み解いていくのですが会話のほとんどが「命令」「指示」「提案」という家庭も少なくありません。



なぜ、親御さんたちは上記のようなことを毎日子どもに言うのでしょう??



もしご自身に当てはまると感じられたのであれば 「なぜ私は子どもに対して毎日同じようなことを口うるさく言うのだろう・・・」 ということを考えてみてください。


個々のケースによって違いはあるのは前提ですが、上記のような会話が多い親御さんの分析としては以下のようなことが考えられるかもしれません。

子どもに失敗させたくないもん!!

子どもがやらなければならないことは私のやるべきこと!一心同体!

ん〜。子どものことを実は信頼してないのかもしれない…




子どもに失敗させたくないと思うのはよくわかります。
しかし、小さい頃からそのように育ててしまうと小学校生活で不適応を起こすケースが多く見受けられるのです。

不登校?五月雨登校?(いったりやすんだり)保健室登校?母子登校? 実に多いです。

多くの親御さんが苦労されているのを私はすぐ横で見て支援してきました。

そのつど「こうなる前に対応できなかったのが残念だ」と感じるのです。



では、 なぜ、お子さんに失敗させたくないと思う親御さんにそのような問題が起こるのでしょうか??



続きは次回に。


parentscamp at 11:33|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | ぶにん先生の記事

2008年10月14日

気合いを入れて運動を

体育の日の三連休、皆様いかがお過ごしでしだったでしょうか?

私は、嫁さんの実家に帰ってご飯をごちそうになったり、フットサルをして汗を流したり、昼寝をしたり、映画を見たり、ネットの世界を放浪したりを・・・


まぁ、いわゆるだらだら〜と休日を過ごしました



体育の日にちなんで運動ができたことはうれしかったですね。
今は「さぁ運動するぞ!」と気合を入れないと汗をかいて運動する機会に恵まれないのは仕事柄というべきか加齢による周囲の変化と捉えるべきか。。。。ま!言い訳ですけど?
毎週1日は汗をかいての運動を目指していますが、実質1か月に1回か2回。フットサルかバスケットボールかという感じです。ちなみに筋肉痛は2日後に来ますが、これも仕方のないことでしょう。年齢の上昇とともに訪れる身体的な変化は受け入れていくしかありませんね。 できる限りアンチエイジングとは思いますけどね・・・実質のところ時の流れにただわが身を任せるのみ的な



さて、今日は訪問カウンセリングの日です。あいにくの雨の日ですが、ひとりでも多くの子どもたちの「学校に戻りたい」という気持ちに応えられればと思っています

parentscamp at 08:04|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック つれづれなるままに | ぶにん先生の記事

2008年10月10日

家族療法のルール(ぶにん先生編)

家族療法については以前ご説明しました(※10月6日の記事参照)

今日は、家族療法を行っていくに当たってのルールを書いてみたいと思います。

プロ野球の戦略と一言で申し上げても、チームによっては投手中心に組み立てているチームもあれば、4番バッター級のスラッガーばかりを打線に並べるチームもあります。ホームランを捨てて小技中心で優勝したチームもあります。家族療法もそれと同じように、機関によってそのルール決めは異なります。


機関によっては50個以上の細かいルール決めをして、それを忠実に家庭の中で守ることを指導するところもあれば、明確なルール決めをせずにそれぞれの家庭の状況を判断してその都度、必要なルールを指導していくところがあります。

私の考え方は基本のルールを11個だけ設けて、そこから個々の家庭の状況、お子さんの性格傾向を分析して新たなルールを追加したり、または効果の薄いルールを削除したり薄めたりしていく方法で指導しています。
最初からがんじがらめで多くのルールで縛るのは私は反対です。なぜなら家庭の状況や子どもの性格傾向は千差万別のため、ひとつの固められた理論のみで指導していくのは場合によっては効果が期待できないかもしれないからです。逆に何の柱も設けずに家族療法をスタートしてしまうと、理論のよりどころが初期状態ではないため親御さんの理解の進度に悪影響が出るケースも考えられるからです。

そのようなことを踏まえて、私は基本となる理論を11個+家庭状況に応じて追加理論というスタイルを推奨しています



私、ぶにん先生が取り入れている家族療法のルールのことを「親のカウンセリングマインド」と呼びます。(Parents Counseling Mind=PCM)


では基本ルールとなる親のカウンセリングマインドの11の柱をご紹介します。



 .▲ティブリスニング

◆.▲ぅ瓮奪察璽

 命令・指示・提案を極力避ける

ぁ〇劼汎吋譽戰襪硫駭辰鬚靴覆

ァ/討量簑蠅隼劼量簑蠅鯤けて考える

Α\莢鵑蠅靴道劼匹發侶亳海鮹イ錣覆

А”埖不満を言わない

─/討硫礎祐僂魏,敬佞韻覆

 悲しいときは悲しい顔で、うれしいときはうれしい顔で

 叱り役の立場を下げない

 ターンテーキング


細かい理論やルールは他にも多くありますが、相談に来られた方に初期段階でお話しするのはこの11個の柱です。

「あ、私これ知ってるかも?」なんていうものも含まれているかもしれません。これらの理論はカウンセラーの基礎スキルや家庭教育理論などを家庭に有効的に取り入れられるように考えて折衷しています。


ひとつひとつの理論についてはまた機会を見て書いていきたいと思います

parentscamp at 12:42|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | ぶにん先生の記事

2008年10月09日

村上春樹、ノーベル文学賞へ?

ノーベル物理学賞に3名、ノーベル化学賞に1名の日本出身の方が選出されました。一度にこれだけ選ばれるというのは異例のことですね。
まだまだ誰が受賞するかわからない段階で、今回のノーベル賞は「アジア枠」が優遇されるので日本人受賞者も増えるのでは?なんていう憶測も流れていました。

ふたをあけてみれば・・・「アジア枠」強し!

昨日、化学賞を受賞した下村さんは、クラゲを85万匹も自力で捕獲したと聞きます。好きだからこそ突っ走れるのでしょうね


さて、本日はノーベル文学賞の発表です。


今年こそはアジア枠のパワーもあり、村上春樹さんが受賞するのではないかと考えられているようです。
川端康成や大江健三郎がノーベル文学賞を受賞するのはフムフムとなるのですが、村上春樹がノーベル文学賞者っていうのはどうもしっくりしません

おそらくは彼の作風(でてくる主人公像)が賞レースに無関心っぽいからなのでしょうね。どこか冷めている雰囲気のある主人公が多いですから。。。。まぁ実際、村上春樹さんも自由気ままな生活をされている方ですし、周囲が騒いでいるだけでご本人は


「やれやれ、OK。わかったよ。騒ぎたいんだろう?」


というところなのでしょうね。




ということで今回オススメするのは村上春樹さんの作品です。


・村上春樹 『羊をめぐる冒険』 講談社


この作品を読めば村上春樹の世界観がどのようなものなのか感じられるのではないかと思います。私は文庫になった作品はすべて読みました。一時期はとうもろこしをむさぼる様に村上春樹作品ばかり読んでいた時期もあります。
そのような中で甲乙つけがたいですが、村上春樹を読んだことがない方には「羊」をオススメしています。
あえて解説はしません。とにかく読んでみてください。


ちなみに「羊をめぐる冒険」は4部作の3作品目に当たります。時系列順に読みたいという方もいらっしゃるでしょうし、ご紹介しておきます。

・風の歌を聴け     (主人公大学生時代)
   ↓
・1973年のピンボール  (風の歌の後、1973年)
   ↓
・羊をめぐる冒険    (主人公社会人時代)
   ↓
・ダンス・ダンス・ダンス (羊の後のお話)


という流れになりますが、むしろ羊から読まれたほうが前後への広がりが楽しめるのでいいかもしれません。


この4部シリーズの他にも素晴らしい作品が数多くある村上春樹。
また機会を見て村上春樹さんの小説の私なりの感想論評を書いてみたいと思っています

parentscamp at 12:24|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 読書のススメ | ぶにん先生の記事

2008年10月08日

金木犀が香ると秋の到来

最近は地球温暖化の影響か、梅雨が7月末くらいまで続いたり、夏の暑さが9月末になっても残っていたりと季節感のズレを感じます

季節の中には啓蟄(けいちつ)や大雪などの日がありますが、これも時代の変化とともに違和感を覚えます。気温30℃、半袖にハーフパンツで迎える秋分の日って…という感じです。


学生の頃は夏休みが終わったら「過ぎゆく夏を憂い、来る秋を想う」なんて思っていました。
社会人になると区切りが曖昧になって今が夏なのやら冬なのやらと学生時代よりも季節感がなくなってきている方も多いのではないでしょうか?

季節感がなくなってくると1年が流れるのも早く感じるのは私だけでしょうか。
仕事がら、親御さんから


「卒業しました」
「夏休みの対応が不安です」
「運動会を楽しく参加させていただきました」
「クリスマスプレゼントはどのように与えればいいでしょうか?」


などの季節感あふれるご相談があるので、ギリギリのところで感覚を保てていますが、それでも最近の1年間の終わるのの早いこと早いこと




秋。今は秋ですよね??




はい。

私の秋認定は「金木犀が香ってきたら」と定めています。
昨晩あたりから私の住むところでも足元から立ち昇るように香ってきました。

皆さんの秋認定はどのようなものでしょうか?


秋ですねぇ

parentscamp at 11:43|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック つれづれなるままに | ぶにん先生の記事

2008年10月07日

家庭教育カウンセラーの適正

世界経済は果たしてどうなるのでしょうか・・・

日経平均株価も¥10.000を割りそうですし、為替のほうもドル円で101円、ポンドやユーロも軒並み円高傾向で175円、135円というここしばらくは見慣れていないが額になっています。心配です・・・


さて、家庭教育カウンセラーとはどのような仕事かということは10月2日の記事に書きました。

今日は、その適正について私なりの見解をお伝えしたいと思います。
「ん〜、私には関係ないから」と心の中でつぶやいて「戻る」ボタンや右上の「×」を押しかけた親御さん。もう少しだけ読んでみてください。実は、この家庭教育カウンセラーの適正と、より良い子育てのできる親御さんには共通点があるのです

 家庭教育カウンセラーの適正としては、

 1、人の話を聴くのが好きである。
 2、共感的に人の話を聴くことができ、かつ自分の精神領域を持っている。
 3、その場の感情に流されず常に1歩先のことを考えられる。
 4、話をすることが好き。
 5、子どもが好き。



ざっくり挙げるとこの5点だと思います。

カウンセラーと名のつく方とお話したことのある方は、その方を思い出してみてください。その方はあなたのお話をよく聞いてくれませんでしたか?またアドバイスをされたとき、簡潔にその内容について説明してくれませんでしたか? 基本は「聞き上手のしゃべり上手」ということが挙げられるでしょう。

また、お子さんの行動に変化を与えるために親の対応を考えるわけですから、常に1歩(理想は3歩くらい)先を見れる人がより頼もしいでしょう。




さて、ここで大切なことをお話します


実は、今挙げたカウンセラー適正は、私が考える理想的な親御さん像に当てはまるのです。


多くの家庭教育相談の中でいろいろなお母さんやお父さんと膝を突き合わせてお話をしてきました。そしてお子さんの問題行動を解決または予防するためにアドバイスをしてきました。
アドバイスをするにあたって最初に分析するのが先ほど挙げた項目に当てはまるか?ということなんですね。具体的なアドバイスをする前に、まずは項目に当てはまらなかったところに関して具体的にアドバイスをしていき、親の行動を変えていくようにアドバイスをします。
つまり、親御さんにもカウンセラーとしての要素の一部分が必要だということです。
そのようなことから、私はカウンセラーのテクニックを家庭環境に当てはめていき親御さんにアドバイスしていく手法を中心に活動しています


お子さんの話を聞かず一方的に自分だけ話していませんか?命令・指示・提案ばかりになってませんか?お子さんの気持ちを共感的に受け止められていますか? 親がちょっと努力して変わるだけで、子どもは敏感に反応していきますよ



Lets.tryです



parentscamp at 08:03|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | ぶにん先生の記事

2008年10月06日

家族療法とは

家庭教育支援の形態で近年、問題解決の手法として用いられることが多いのが家族療法です。

家族療法とは簡単に言うと、「親の対応を変えることによって子どもに影響を与えて行動や考え方に変化を促す手法」です。


その特徴としては、問題を個人に起因するのではなく、家庭内のシステムのゆがみに求めることです。

ゆえに家族療法は「システムズアプローチ」とも呼ばれます。

不登校や非行などの問題行動を取り上げるとき、実際その行動をしているのは子どもなので、ついつい子ども自身に非難の目を向けたり、親が被害者意識を持ってしまったりするケースがありますが、家族療法では、あくまで子どもを責めるのではなく、家庭というシステムがうまく機能していないことによって一番影響の出やすい子どもに問題行動の症状が出てしまったと捉えます。 私たちのような家庭教育カウンセラーは、個々の家庭の現状を分析して、どのようにシステムを作り変えたり、付け加えたりすれば子どもの問題を解決できるのか、予防できるのかなどを考えアドバイスしていきます。


そのアドバイス対象は個人はもとより、個人を取り巻く家族関係や家族全員を対象として行う方法であり、家族と共に問題解決を支援したり、家族自身の力で問題解決をしていくことを援助していきます。


個々のケースによって

「親御さんがお子さんを年齢以上に幼く扱っているなぁ」 → 自立心が低い
「親が先回りして子どもにいろいろ注意してるなぁ」   → 親に対する依存が



強い などなど、数多くのチェック点を見ていってどのように親が変わればいいのかをアドバイスしていきます。
そのためには、家庭の様子やお子さんの性格傾向などを把握する必要がありますので、家族療法の第一段階としては親御さんとカウンセラーがしっかりと話し合い、カウンセラーが現状を把握するところから始まります。

家族療法を勉強していくと 「コミュニケーションって大切だなぁ」 と感じられることと思います。特に年齢が低いお子さんに対しては家族療法が有効で、今まで何をするにでも「おかぁさ〜ん、ちょっときて〜」などといっていた子が自分で考えて行動するようになるなど、自立心や社会性を育てる面で効果が期待できます。


では具体的に、家族療法の考え方(ルール)とはどのようなものか。また機会を見てルールの柱をお伝えしたいと思います


parentscamp at 12:13|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | ぶにん先生の記事

2008年10月05日

子どもに携帯電話を持たすとき

※子どもに携帯電話を持たすとき?(10月3日分記事)の続きです。


さて、携帯電話が子どもたちの世界でも当たり前のように普及してきていることは前回にもお話しました
防犯上の事というのが理由に挙げられることが今の時代を反映していて悲しくなりますが、時代に沿った家庭内対応を心がける必要があるでしょう。

では、具体的にどのような手法を用いるかということをご説明したいと思います。


まず大切なことは、親から言わないということです。
あくまで子どものほうから「携帯電話が欲しい」と頼む形にすることが大切です。親御さんのほうが持たせたいというスタンスで接してしまうと利用の方法に制限がかけにくくなるので要注意です。


子どもからそのようなことを言われてもすぐに買い与えないでください。

まずは、「お父さんにも相談してみるね」と保留しておくことが肝要です。
その間にご主人と携帯電話が本当にいる状況なのかを判断してください。つまり、子どもの言い分としては「みんなもってるんだから〜」ということが多いのですが、本当にそうなのかということをリサーチしてください。その上で両親共に買い与えてもいいという判断ができたのであればルール作りをしてください。


たとえば

・月額¥7000を超えるときには超えた分は自分で出す。出せない場合は解約する。
・有害サイトのプロテクトをかけること
・食事中などみんなが団欒しているときにはメールをしない。
・これらのことを破るようならば解約する。

などが挙げられます。

大切なことは買い与える前にきっちりとルールを決めることです。そのルールの中にはきっちりと「制限」を設けて、○○できなかったら解約するなどの事前策を考えておくことが大切です。


そこまでご両親で決められた上で子どもに話してください。


「このルールを守れるならば携帯電話を買い与えてもいい。守れるか?」


このように言うと、多少縛りの厳しいルールを作ったとしても、子どもは携帯電話を買ってもらえるならば仕方ないかと飲んでくれることでしょう。
買い与えてからルール決めをしても子どもの反発は親が思っている以上のものが予想されます。そのような反発を出されないためにも事前のルール決めが大切です


実際、携帯電話がらみのご相談はあります。
その多くが、事前のルール作りがなされずに便利で楽しい携帯電話を与えてしまったいるのです。その結果として月額料金が4万、5万となってしまったり、プロフなどのサービスにハマりこみ思いもよらない問題に巻き込まれてしまうケースもあるのです。


ざっくりお話しましたが、私は基本的にはそのように指導させていただいています
持たせる年齢に関しては前述の数値が物語っていますが、小学生にはまだはやいのではないかなぁと私も考えています。

parentscamp at 17:14|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | ぶにん先生の記事