親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ぶにん先生のカウンセリングルームは家庭教育支援センターペアレンツキャンプのカウンセラーが運営する「親が学べば子は伸びる!親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 経験豊富な復学支援カウンセラーや家庭教育アドバイザーが綴る今日から役立つ理論や最新の子育て論など情報満載です。 親子の笑顔のために日々情報発信をしています。

親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム イメージ画像

更新情報

 新年明けまして   おめでとうございます。     本年もよろしくお願いいたします。               ぶにん先生のカウンセリングルーム                     代表 ぶにん先生                         

テレビをつければ特番ばかりで、買い物に行けば鏡餅など新年を迎える準備に関する品物が並べられています いよいよ今年も終わりますね 私の方は先週で「家庭ノート」のチェックなどの事務所内作業を終えて、今週は訪問のカウンセリングを2件残すのみとなりました。(31日から

ブログネタ
クリスマスは何をしますか?しましたか? に参加中!
今日はクリスマスイブですね 皆さんのご家庭では今夜はターキーディナーでしょうか?それとも子どもが眠った後でご夫婦でシャンパンでもあけちゃいますか? 家庭教育相談の中ではクリスマス、お正月と冬休み中の対応が続くので事前にご相談を頂くケースがあります。子どもた

私たちの機関では、「家庭ノート」と呼ばれるものを親御さんに書いて頂いています。 家庭ノートとは親御さんと子どもたちとの家庭内対話を記入していただくノートで、基本的に家庭教育カウンセラーやアドバイザーは家庭ノートを中心にして、ご家庭の現状や、大小様々な問題点

前回の記事の読書感想シェアリングの反応が盛況だったので、しばらく新しい記事を発信するのを控えていましたら、 「ぶにん先生、ブログ止まってますよ〜?」 なんていう言葉を頂きました。決して無精していたわけではなく、皆さんの盛り上がりに水を差さないために更新を控

読書のススメのカテゴリでこれまでに4冊の書籍をご紹介してきました当カウンセリングルームにはだいたい毎日40名ほどの方が足を運んでいただいています。ネット上で初めて当カウンセリングルームを知った方、他の支援機関の先生からの紹介で来られた方、そして私の機関で家庭

日に日に寒さが増してきますが皆さん風邪などひかずにお元気にお過ごしでしょうか 街中ではクリスマスソングも聴こえ始め確実に時間の流れを感じさせます。 今日は「読書のススメ」です。 以前にご紹介した本に関する感想を数多く頂きました。特に『雨の日も晴れ男』に関して

ここから読まれた方は前回記事(※12月3日分)をご覧になってから読み進めてくださいね。 さて、いよいよ登校予定日前日です 前日には、実際に放課後に学校へ行ってみて雰囲気を感じてくるというスケジュールになっています。 訪問カウンセラーの先生と一緒に、お道具箱や音

以前に、1年以上休んでいた6年生の男の子のコーチング(登校刺激)のお話をしました。(※過去記事11月12日参照) その後、あの子はどうなったの?と気にされている方もいるかと思われます。今日は登校刺激以後の様子を簡単に書いていきたいと思います。登校刺激の日、彼は涙

(*・ω・)ノ ドウモー 今週の私はなんやかんやであわただしく過ごしていました。皆さん風邪などひかず、お元気に、パワフルにお過ごしでしょうか ちょうどいまの時期は中学生の2学期末の定期試験ということもあり、以前に復学をしたお子さんたちの勉強面のフォローで訪問をしてい

不登校状態のお子さんの中には、生活時間が段階的にずれていき、昼夜逆転してしまうケースが多々見受けられます。昼夜逆転については前回にも触れました(※過去記事11月10日参照)今日はさらに詳しく「なぜ不登校の子は昼夜逆転してしまうの?」というところに焦点を当てて

寒いッ!(*`Д') なんだ今週のこの寒さはッ!天気予報の人(関西の方はよくご存じのマデットおじさんです)によると今週の寒さは1月中旬並みの寒さだそうです ようやく我が家でも毛布が支給されて、足元を暖かくして眠ることが出来ています。ありがたやありがたや。 ついこの前

皆さん、「不登園」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? お察しのとおり、幼稚園(保育園)に行き渋り長期間連続して休んでしまう状態を指します。先日、大阪で幼稚園の教諭をされている先生と「不登園」についての現状と対策について対談する機会がありました。今日は

「自分に同情をするな。自分に同情するのは下劣な人間のすることだ」 人間生きていれば、思いもよらない不幸に当たったり、なんでこんなに弱気になってしまうのだろうなんて時があったりしますよね。息を吐けば溜息ばかり・・・そんな時についつい思ってしまいがちなのが、 

昨日はクライアントさんのところへ「登校刺激(コーチング)」に向かいました。現在6年生の男の子で1年以上の不登校。 家庭ノートなどで家庭の様子を分析していましたが、問題意識が薄く、このままの状態で待っていても小学生の間は復学するめどは立ちませんでした。実際、不

家庭教育相談を受ける中で、まず私たちカウンセラーが分析することは、 「原因はどこにあるのか?」 ということです これは言葉では説明しにくいのですが、超簡単にまとめると、その症状(問題行動)を起こしている根っこはどこなのかということを分析していくわけです。例え

青空に光、そして萌える若葉・・・ これまで使用していたデザインは気に入っていたのですが、とある方から 「文字色が灰色で薄くて読みにくい!!!」 と指摘を頂きました。確かにモニターによっては見えにくかったようです。ということで、文字色がはっきりとしたこちらの

今週は、遠隔地への訪問カウンセリングや、家庭教育相談が立て込んでいて、発信しようとした記事が書けませんでした・・・(それはまた後日にでも) いよいよ不定期更新が売りの前カウンセリングルームのノリになってきたかな 今日、訪問カウンセリングで担当している子ども

3連休、皆さんいかがお過ごしでしょうか 文化の日の三連休ということで、文化祭や音楽発表会などの行事をされているお子さんも多いのではないかと思われます。行き渋り傾向のあるお子さんで、行事が苦手な子は結構、このような発表会系の朝になるとお腹が痛くなったり、ふと

連日の更新です この人、暇なんじゃないの?と思われた方。・・・・私に謝ってください!(笑) ここから読まれた人は過去記事を読んでから進んでいってくださいね(※訪問カウンセラーの遊戯療法①と②参照)不登校支援における訪問カウンセラーのスキルとして大切なことは

前回記事の続きです。 訪問カウンセラーの遊戯療法として大切なことは子どもたちの世界の流行をつかんでいること、そしてその訪問先の子どもの好きな遊びを事前に調べておき知識や技能を持っておくことが重要だと書きました。 さらに大切なことは、年齢層だと考えています。

皆さんおはようございます。今日からまた新しい1週間の幕開けです。お子さんは元気に「いってきま〜す」と家を出て行ったでしょうか。 さて、今日のテーマは「遊戯療法」です。 不登校の復学支援で、訪問カウンセラーの支援があったほうがより安心できるのではないかという考

私の住む地域は、水曜日あたりから生憎の天気です 木曜日だったかなぁ。 イタリアンレストランの『サイゼリヤ』のピザに微量のメラミンが入っていたとニュースがよく流れていました。 報道を聞いている限り、きちんと現地の工場から「これこれのような有害物質は入って

さて、今日は前回記事の分析をしてみましょう。(※10月22日記事参照) 子「お母さん〜。アレどこ!」 母「あぁ、自転車の鍵は玄関の棚の中よ。ほら、あったじゃないの」 これを親のカウンセリングマインド(=PCM)に当てはめて分析してみました。 担当のアドバ

家族療法(家庭教育支援法)については以前お話ししましたね(※10月6日の記事参照) 今日は、実際には親子対話からどのような考え方で問題点を浮き彫りにしていくのかというところに焦点を当てて解説していきたいと思います。 支援法としては個々の家庭によりけりです

競馬では、各馬に脚質というものがあります。 ・逃げ・・・スタート直後からダッシュして後方の馬を置き去りにしてゴール          までつっぱしる戦法。最後の直線でバテバテになりやすい。 ・先行・・・先頭集団につけてレースをする。 ・差し・・・

皆さん、おはようございます 2代目「ぶにん先生のカウンセリングルーム」を開設してから20日が経過しました。思いのほか、立ち寄ってくださる方が多くて驚きとともに、喜びを感じています。不定期更新を売りに(笑)今後も情報発信していきたいと思います。 今日のテーマは

※昨日分(10月16日の記事)の続きです。 子どもに失敗させたくないという思いが強く、親が先回りして子どもに世話を焼いた結果として、社会生活(学校生活)に不適応を起こしてしまうとはどういうことかを今日は解説していきたいと思います 子どもが「う〜む」と迷って考え

家庭教育支援の活動をしていて感じるのは、ズバリ! 子どもに失敗をさせたくない親たちが多いことです。 家の中の会話の多くは 「手を洗ったの?」 「テレビ見る前に宿題おわらしちゃいな」 「お風呂まだ入らないの?」 などで、登校前の朝になると 「水筒もった?」 「ハン

ブログネタ
休日の過ごし方は? に参加中!
体育の日の三連休、皆様いかがお過ごしでしだったでしょうか? 私は、嫁さんの実家に帰ってご飯をごちそうになったり、フットサルをして汗を流したり、昼寝をしたり、映画を見たり、ネットの世界を放浪したりを・・・ まぁ、いわゆるだらだら〜と休日を過ごしました

家族療法については以前ご説明しました(※10月6日の記事参照) 今日は、家族療法を行っていくに当たってのルールを書いてみたいと思います。 プロ野球の戦略と一言で申し上げても、チームによっては投手中心に組み立てているチームもあれば、4番バッター級のスラッガ

ノーベル物理学賞に3名、ノーベル化学賞に1名の日本出身の方が選出されました。一度にこれだけ選ばれるというのは異例のことですね。 まだまだ誰が受賞するかわからない段階で、今回のノーベル賞は「アジア枠」が優遇されるので日本人受賞者も増えるのでは?なんていう憶

最近は地球温暖化の影響か、梅雨が7月末くらいまで続いたり、夏の暑さが9月末になっても残っていたりと季節感のズレを感じます 季節の中には啓蟄(けいちつ)や大雪などの日がありますが、これも時代の変化とともに違和感を覚えます。気温30℃、半袖にハーフパンツで迎

ブログネタ
あなたにとって『仕事』とは何ですか? に参加中!
世界経済は果たしてどうなるのでしょうか・・・日経平均株価も¥10.000を割りそうですし、為替のほうもドル円で101円、ポンドやユーロも軒並み円高傾向で175円、135円というここしばらくは見慣れていないが額になっています。心配です・・・ さて、家庭教育カウンセラーとは

家庭教育支援の形態で近年、問題解決の手法として用いられることが多いのが家族療法です。 家族療法とは簡単に言うと、「親の対応を変えることによって子どもに影響を与えて行動や考え方に変化を促す手法」です。その特徴としては、問題を個人に起因するのではなく、家庭内の

※子どもに携帯電話を持たすとき?(10月3日分記事)の続きです。 さて、携帯電話が子どもたちの世界でも当たり前のように普及してきていることは前回にもお話しました 防犯上の事というのが理由に挙げられることが今の時代を反映していて悲しくなりますが、時代に沿っ

家庭教育相談の中で感じられるのは、多くの親御さんはネガティブに事を捉えがちだということです。 相談の内容の例としては 「今日も子どもは学校へ行けませんでした」 「子どもが最近暴力的です」 「お風呂に入りません。毎日言うのも疲れました」 「祖父母

今の時代、携帯電話は我々大人の世界では基本ツールとなっています。コミュニケーションの手段として、または社会生活より楽しくするために携帯電話は役立てられています 近年では小学生がメールでお友達と遊ぶ約束をしたり、公園などから携帯電話を使って親にお迎えを頼ん

世の中には○○カウンセラーという言葉が氾濫しているような気がします。化粧品売り場にもカウンセラーはいますし、CMなどで有名な育毛の相談員もカウンセラーと名乗っています。 では、そもそもカウンセラーとは何なのでしょうか? カウンセラーとは心理学に精通し、言語的

皆さま、はじめまして 家庭教育カウンセラーの、ぶにん先生と申します。 2003-2005年に開設していた「ぶにん先生のカウンセリングルーム」は様々な理由によりいったん閉鎖とさせていただきましたが、このたびライブドアブログにて心機一転、新装開店OPENさせていただきました

↑このページのトップヘ