親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。家庭教育支援センターペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

お父さんの叱り方について

ブログ読者の皆さん、こんにちは
カケル先生ですv( ̄∇ ̄)v

前回の記事では父親から子どもへの「良い叱り方」についてお話しました。今回は前回の「良い叱り方」に続き「悪い叱り方」をテーマにブログ記事を書きたいと思います。

悪い叱り方とは良い叱り方の反対のことをしてしまうことです。
子どもの話や言い分を聞かずに叱る、親の気持ちを伝えずにただ悪い点だけを指摘して叱る、時間が経ってから叱る、叱った後に切り替えずいつまでも不機嫌なままでいる等です。以上が前回のブログ記事でお伝えした「良い叱り方」と正反対の叱り方です。

これだけでもかなりの数がありますが、これ以外にも悪い叱り方は存在します。
いくつか紹介してみましょう。「あ、これしているかも…」という叱り方が見つかるかもしれません。「自分ももしかすると…」と意識して読み進めてみてくださいΣ(`□´/)/

そうすればきっと今後子どもを注意する場面でも「そういえばカケル先生のブログで読んだな…悪い叱り方をするところだった…」と叱る前に止めることが出来ると思います


では紹介していきますね

感情的になって叱らない
親も人間です。感情的になることはあるかと思いますが、それだと子どもには響きません。叱る前に一呼吸して、自分を落ち着かせてから叱りましょう。

叱りたいことがあれば端的に
いちまでもダラダラと叱るのはよくありません。何がいけないのか、今後どうすれば良いのか、同じことを繰り返さないためにはどうすれば良いのかなどなど、本当に伝えたいことだけを伝えましょう。ダラダラと叱り続けると話が膨らみ、本来の叱るポイントとは逸れてしまいます。そうなれば子どもには響きません。

子どもからの返事を待つ
叱られている時にはどうしても黙り込んでしまうこともあります。「これを言ったらもっと怒られるかも」「なんて答えよう」「なんでこんなことになってしまったんだろう」と、叱られている子どもは頭の中で色々なことを考えています。そこで「なんで黙ってるの?」「返事は?」「なぜそうなった?」と問い詰めると、子どもは余計に焦り心を閉ざしてしまいます。そうならないためにも子どもが返事をする時間は親から奪わないようにしましょう。

八つ当たりをしない
日常では子ども以外のことでもいらいらはするものです。夫婦で意見が合わない、仕事が上手くいかない、家事が忙しいなど疲れる要素はたくさん出てきます。しかしそれらの理由で子どもに当たってしまうと子どもの不満が溜まることはもちろん、親自身が後悔してしまいます。絶対にしないようにしましょう。


他の子どもと比較しない
自分の子どもより優秀な子が身近にいると「あの子はあれだけ出来るのにうちの子は…」と思ってしまうこともあるかと思います。だからといって誰かと比較すると子どもは僻みやすくなり自分に自信がなくなってしまいます。自己肯定感が低くなるとそれ以上に能力が下がってしまい良いことなんて一つもないです。周りと比べて劣っているなと思っても、絶対に子どもの前では言わないようにしましょう。


叱る内容を変えない
親の言葉に一貫性を持たせましょう。一貫性を持たせないと「え、今なにで叱られているの?」と子どもは戸惑ってしまいます。


過去の話を出さない
「あんたは前にも同じようなことを…」叱っている内容に関連していることでも過去の話を持ち出すと「前にも一回叱られてるのに何でまた?」「ちゃんと謝って許してもらったのに」「めんどくさい」と子どもが嫌がるだけで良いことなんて一つもありません。

暴力を振らない
体罰でしつけると、子どもは「自分のしたいことを通すためには暴力を使えばいい!」と学習してしまいます。そうなると学校でも自分の納得のいかない事があれば友達に手を出したりすぐキレたりと乱暴な性格になってしまいます。


多々あげましたがいかがでしたか?当てはまる叱り方はありましたでしょうか?
「当てはまってた〜」という方も中にはいらっしゃるかもしれません。
今から意識をして「良い叱り方」ができるようになりましょう
もちろん、すぐに直すことは難しいです。
世の中のお父さん方、練習して徐々に徐々に習慣化していってください

ではまた次回のブログ記事にてお会いしましょう

カケル先生 



↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


お父さんの叱り方について

ブログ読者の皆さん、こんにちは。
カケル先生です( ̄▽ ̄)

家庭教育を実践する中でみなさんが「難しい」と言うことはなんでしょうか?

それは、「子どもへの注意」または「叱る」こと。
叱る側も疲れるし、叱られる側も疲れるし…
もちろん親御さん自身、叱りたくて叱っているわけがないなんて事は理解しています。
我が子のためを思うからこそ!ですよね。
「出来れば叱りたくない。」「一回で聞いてほしい」「この子のために言ってるのに!」なんて声をよく聞きます。

そんな皆さんのために、今回は叱り方瓩鬟董璽泙縫屮蹈阿鮟颪たいと思います。

「叱る」前に、必ずしてほしいことがあります。
それは…

・先ずは子どもの話を聞く
どれだけ叱られることをしたって、子どもにはその行動をしたことに意味があります。
「イライラした」「寂しくてかまってほしかった」「良かれと思ってした」など理由は様々です。

「良かれと思ってした」という理由でたとえ話をしてみましょう。
親がいない間に、子どもが親に喜んでもらうために洗い物をしようとしましたが、お皿を運んでいる最中に手が滑ってお皿を割ってしまいました。
ちょうどその時、お父さんが帰ってきて「わざとお皿を割った」と勘違いしたとします。
状況確認をする前にお皿を割ったことを叱ってしまうと、子どもからすれば「お父さん、お母さんのためにしたのに」と気分が悪くなります。
その結果「二度とお手伝いしない」「お母さんなんか嫌い!」「お父さんなんか嫌い!」と親子関係に亀裂が入ることも…
逆に、直ぐに叱るのではなく先ずは話を聞いてあげると「そうか。お母さんたちのためにしてくれたんだな。ありがとう。ケガしてないか?」となるはずです。
頭ごなしに叱るのではなく、先ずは子どもの話をしっかりと聞いてあげましょう。

では、本題に入りますね。
「叱る」には良い叱り方悪い叱り方のふたつが存在します。

※良い叱り方には、先ほど書かせていただいた子どもの話を聞くということが前提となります。

悪いことをしたらすぐ後に!
悪いことをして時間が経過してから叱られても子どもは「あー。あの事か」「なんで今さら」「もういいじゃん終わったことだし」と、あまりピンとこない子もいれば、反省をしようとしない子もいます。そうならないためにも叱るべきことがあれば時間を経てずに直ぐに叱りましょう。電車やデパートなど人前であれば場所を移動して出来るだけ二人の空間で、もしくは移動できなければ小さな声で叱るようにしましょう!

叱った後は切り替えが大事!
叱った後も気持ちがスッキリせずにモヤモヤしたりイライラが残ったりはするものです。それは叱られた側も同じです。叱られた後でもモヤモヤしたり落ち込んだりと気持ちが晴れるわけではありません。その雰囲気を変えるのは叱った側の役目です。いつまでも顔に出すのではなく、普通に接することが大事です。

一度注意したこと、叱ったことが改善された場合は褒めてあげる
これについては子どもの年齢によっても違います。小学生低学年だと、褒められたことに喜び、また褒められるために同じ過ちは繰り返さないようになる可能性は高いです。しかし中学生、早ければ小学生高学年の子どもにしてしまうと「子ども扱いするなよ」「いつまでも子どもじゃないよ」「いちいち褒めなくてもいいよ」と返って反発があるかもしれません。年相応の接し方を心掛けましょう。


以上が父親から子どもへの「良い叱り方」でした。

次回の記事では「悪い叱り方」について書きますね。


ではまた次回のブログ記事にてお会いしましょう

カケル先生 



↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

子どもの話に耳を傾けられていますか?

ブログ読者の皆さんこんにちは
まいどん先生です

先日は関東ペアレンツキャンプ親の会に参加しまして、たくさんの親御さんとお話ができてとても嬉しかったです。
親御さんに「先生も今は訪問カウンセラーとしてではなく講演会などであちこち行かれていますもんね!何年目ですか?」と聞いていただいたのですが、お答えしますと「もうそんなに経ちましたか!」とびっくりされていました。
私もペアレンツキャンプに勤務して7年の月日が経っていたことにびっくりしました(笑)

振り返れば様々なご家庭に支援を差し上げましたし、たくさんの講演会講師を務めてきました。
親の会でお会いする親御さんとお話をしていても、支援をしたときから時間が経てば経つほど子どもたちの成長をより感じられて嬉しくなります。
なによりも、親御さんの表情がとても明るくキラキラしていて、なんだか泣きそうになってしまいました(笑)
愚痴っていてもどこか幸せそうで、支援者として本当にうれしいきもちになれました

さて、今回のブログ記事は「アクティブリスニング」について。

アクティブリスニングは子どもの話に共感的姿勢で話を聴くことです。
(具体的なテクニックなどは水野先生の書籍や過去のブログをご覧ください)

ポイントは「子どもの話に耳を傾ける」ということ。
当たり前と言われそうですが、これが意外と難しいんです。

下にダメな会話例を書かせていただきます。


皆さんは違和感に気づけますか?


(例)
子「ただいま。は〜、今日はめっちゃ疲れたわ〜」
母「おかえり。6時間授業やったもんなあ」
子「いや、それもあるけど部活が大変やってん」
母「ああ、この前言ってた基礎練習?」
子「それはもう慣れて平気になってんけど、先輩がめっちゃしごいてきてさ…」
母「え、そうなん。部長の〇〇先輩?」
子「いや、△△先輩」



いかがでしょうか。


この会話は、一見子どもの話に興味を持てているようにも見えますが、実はまったく話を聴けていません。具体的に解説すると…

子「ただいま。は〜、今日はめっちゃ疲れたわ〜」
母「おかえり。6時間授業やったもんなあ」

 →子どもは「授業で疲れた」とは言っていない。
  よって「おつかれさん」と頑張って帰ってきたことをねぎらうのがよい。

子「いや、それもあるけど部活が大変やってん」
母「ああ、この前言ってた基礎練習?」

  →子どもは具体的に部活の何が大変かは言っていない。
  よって「そうなん、大変やったんや」や「大変やったんや。何してきたん?」など子どもの話をいったん受け止めた上で話を広げるのがよい。

子「それはもう慣れて平気になってんけど、先輩がめっちゃしごいてきてさ…」
母「え、そうなん。部長の〇〇先輩?」

  →子どもは「部長」とは言っておらず、お母さんの読みや決めつけで話を聞いている。
   よって「先輩にしごかれたんや、それは大変やったなあ」と共感的姿勢を見せるのがよい


このように、この例文からはお母さんの主観が入り「決めつけ」で話を聴いてしまっているということがうかがえます。
このようなやりとりが日常化しているご家庭の場合、会話がかみ合わなかったり誤解がうまれやすかったり、お母さんが会話の主導権を奪いがち。
結果、子どもは自由に発言できなかったり、お母さんの返事をいちいち訂正するのが面倒で話をしてくれなくなる…ということも

PCMはカウンセラーのテクニックを親御さんにも使えるよう考えられた手法です。
私達カウンセラーの基礎は「聴く」ことであり、家庭教育でも「聴く」ということはなによりも基礎的なことと言えます。
皆さんは、日頃子どもの話に耳を傾け、聴くことはできているでしょうか
ついつい主観が入ってしまったり、会話の主導権を奪っていませんか?

家庭内のコミュニケーションの形がそのまま子どもの学校生活においても反映されます。
お母さんが話を聴くのが苦手だと、子どもも友だちの話を聴くのが苦手になることもあります。

どうせなら、聴き上手な子になって欲しい!と思われたみなさん!
近道は、お母さんが聴き上手になることです。
「子どもは親の鏡」と水野先生はおっしゃいます。
聴くことの大変さや我慢の必要性などをお母さんが理解して、是非とも子どもたちに背中やお手本を見せてみてください

続けることが大事なので、まずは3週間をめどにやってみると、変化がみられるかもしれませんよ
それでは、また次回ブログにて

まいどん先生

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

ストレス耐性が低いタイプの不登校の復学事例

こんにちは。どんきー先生です
以前から続けて投稿していた今回の記事も、これが最後です。

この日から、彼は訪問カウンセラーと二人三脚で準備を進めていきました。
私たちの支援では子どもに寄り添いながら、準備を進めていきます。

準備の内容によっては子どもが緊張する場面も多くあります。
そういった場面でもカウンセラーが寄り添ってあげることで乗り越えていけるように支えていきます。
彼は緊張する場面では素直に「緊張する」とカウンセラーに話をし、その場面を乗り越えられた時には「緊張した!やって良かった!」とカウンセラーの前で素直に喜びを表現していました。
このように一緒に乗り越えていくことでカウンセラーとのリレーション(信頼関係)を構築していきます。
このリレーションが後々、復学してから継続して登校していく中で彼が悩みを抱えた時に活きてきます。

寝る時間や起きる時間、勉強する時間、遊ぶ時間、と一日のスケジュールを自分自身で考えて決断し、その通りに生活をすることができていました。
これはカウンセラーからアドバイスをしたわけではなく彼が自主的に登校するために必要と考え、決めたことを実行しているようでした。
このように緊張する場面ではうまくカウンセラーを頼り、その上で自分が頑張らないといけないところは自分で考え行動することが出来ていました。

このような準備を約1ヶ月ほどかけてしていきました。

そして復学日当日を迎えました。

この日の朝、私は彼に久しぶりに会いました。
この復学する日の朝は多くの子が緊張する場面になるところでしたが、彼は緊張よりも楽しみが勝っているようでした。
彼はスッキリとした清々しい笑顔を見せてくれました。
ここまでの準備が充実していたのでしょう。
この顔を見て私はこの日から彼は生まれ変われることを確信しました。


私からはここまでの準備を労い、久しぶりの学校を楽しんでくるように彼に伝えました。
すると、彼は満面の笑みで「はい!」と力強い返事をしてくれました。


そして、彼は約半年ぶりに「いってきます!」と家を出て、彼は一度も振り返ることなく堂々と胸を張って登校していきました。


その後ろ姿を見えなくなるまで涙ながらに眺めていらっしゃるご両親が印象的でした。

この日のことを彼もご両親も一生忘れることはないでしょう。



彼は学校から帰ってからも明るく「楽しかった!」と言って帰ってきました。
早速、友達と遊ぶ約束をして友達と大いに盛り上がったようです。

この日から彼はインフルエンザによる体調不良以外は一日も休まず登校しています。

不登校をしている間に見られた行動は一切なくなり、学校のことはたまに失敗もしますが基本的には自分で考えてこなしているようです。

親御さんの方も「今まで言いすぎていました。今は何も言わずとも子どもに任せていて大丈夫とわかり気が楽になりました」とおっしゃっています。

彼の今の生活は不登校になる前とさほど大きな違いはないと思われます。
つい1年前はストレスフルだった生活が今は活き活きと充実した生活を彼は送れています。
この大きな違いは彼が自分の責任のもとで自分の人生を歩み出し、一度失敗したこと(不登校)でその辛さを十分に知ることが出来た。
そして、子どもだけではなく親御さんも子が不登校になったことで子に合う対応合わない対応を見つめ直し、子に合う対応に変えることで子どもが大きく成長したのだと思います。


継続登校はまだまだ始まったばかりです。
おそらく、この先、学校に行ったら行ったで起こる問題もあるでしょう。
ただ、ここを乗り越えて行けたこの親子であれば、どんなことがこの先合っても乗り越えて行けることと私は確信しています。


登校おめでとうございます!



それでは、また次回ブログ記事にてお会いしましょう!



※あくまでペアレンツキャンプにおける復学支援のケースから多く見受けられるものを元にお話ししました。なにかの参考程度にみていただき、家庭だけで判断するのではなく専門家にご相談されることをお勧めいたします。

 どんきー先生(佐藤博)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



第19回 関東ペアレンツキャンプ親の会のご報告!

ブログ読者の皆様、こんにちは。カケル先生です!

先日開催されました第19回関東ペアレンツキャンプ親の会のご報告をさせていただきます。



『第19回 関東ペアレンツキャンプ親の会』


日時:5月12日(土)13時30分〜16時30分 
場所:ミューザ川崎 4階 研修室2、3


今回の親の会では関西親の会に続き、私が司会進行を務めさせていただきました。今回はあまり緊張することもなく、楽しく司会を務めることが出来ました( ̄∠  ̄ )ノ関西親の会でも感じましたが、親の会に参加下さるお親御さんは暖かい方たちばかりなのでとても司会がやりやすいです♪


・幹事ご挨拶

今回も幹事であるはるはるさんからご挨拶いただきました。 
約2年半の支援を振り返っていただき皆さんにお話しいただきました。
支援していた頃のお子さんはやらないといけない事(宿題や片付け)があっても、自分のやりたい事を優先したり、やりたくないことはやらないといった様子だったそうです。
それが支援を通して家庭教育を学び、支援を卒業された今のお子さんは、やりたくない事でもやらなければいけない事であれば自ら率先して取り組めようになったそうです。なんと「ゲームがあると集中出来ないから預かって!」とお子さんからはるはるさんに渡すようになったのだとか!
お子さんの成長した話に私も感動しました
はるはるさん、ありがとうございました



・水野先生ご挨拶 

・ペアレンツキャンプの現在の支援状況
・社会的支援内容の詳細、支援状況
・Eノート継続のお知らせ
・カテイズムオンラインスクールについて
・絶版とされていた書籍の特別販売のお知らせ(完売いたしました)
・大阪事務所移転について


上記のように当センター代表の水野先生から、親の会開催にあたってのご挨拶とペアレンツキャンプの活動報告をしていただきました。 

・グループワーク


約2時間もの間、4回の席替えをしてグループワークを行いました。今回は初参加の親御さんが2組お越しになられました。参加していただいた親御さんの数も多く、和気あいあいとした雰囲気で楽しくお話しできていたように思います。今回親の会の企画をしてくださった、辻先生曰く「ゆる〜く楽しく」がテーマだと仰っていました。テーマ通りのゆる〜いグループワークが出来たのではないでしょうか
悩みを持ち話を真剣に聞いている親御さん、それに対してアドバイスされる親御さんの様子を見ていると、皆さんにとって学び多き場になったことと思います


・閉会のご挨拶と写真撮影

最後に辻先生から閉会のご挨拶をいただきました。

閉会のご挨拶の後は記念写真の撮影をしました。
田中先生がシャッターを切る瞬間に、「皆さん、にこっと笑ってください!」という掛け声と共に皆さんの笑顔をばっちり撮らせていただきました。グッドスマイルでしたよ


・懇親会 

懇親会へは水野先生、佐藤先生、山下先生、辻先生、田中先生、私が参加しました。
私自身、懇親会は初めての参加でしたがとても楽しかったです
ほろ酔い気分で普段聞けないお話を聞けたり、私のプライベートなんかもお話しする事が出来ました。
他の先生方も楽しそうにされていましたし、何より参加された方の楽しそうな顔を拝見する事が出来たので嬉しかったです
また機会があれば私も懇親会に参加したいと思います

親の会報告ブログは以上です 


次回の開催は秋になります。 今回もたくさんの方に参加いただきましたが、秋の親の会では今回よりもたくさんの方にお会いできる事を楽しみにしています 


それではまた次回のブログ記事にてお会いしましょう

カケル先生 



↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

それゆけ★スージー先生‼ Part

ブログ読者のみなさん、こんにちは

日中は暑くなり、もう夏目前といったところでしょうか。
既に私はそうめんが美味しい時期になったななんて思っているスージー先生です。(笑


さて、今回の「それゆけ★スージー先生‼」シリーズでは私が訪問カウンセリング中にほっこりしたケースをお話ししたいと思います


お子さんが小学校入学前や小学校低学年の頃を思い出してみてください。 
子どもが新しい言葉を知ると使いたがることはありませんでしたか???

私自身、訪問カウンセリング中に子どもが新しく知った言葉を嬉しそうに使っている場面を良く見ます。
特に、上記に挙げたような時期のお子さんではその傾向が顕著に現れます。

新しい言葉は、学校やテレビや大人同士の会話なんかで知ったのでしょうね。
子どもが気に入ったフレーズは様々な場面で多用しています。




例えば、小学生1年生の女の子のケースですと・・・・


私が描いた絵と、私の後輩の子が描いた絵が似ていた際に
「似たり寄ったりだね!!」
と彼女は自信満々に言ったのです。

私は思わず笑ってしまいましたが、その場ではあえて何も言わずにいました。

すると、また別の日にも彼女は「似たり寄ったりだね!」と使う時があったのです。
恐らく、彼女の中では「同じだね!」「似てるね!」と伝えたかったのだと思います。
それがどの様な経緯でかは分かりませんが、いつしか「似たり寄ったりだね!」という言葉に変換されてしまったようです。

彼女が「似てるね!」と言いたいのだと分かったので、私から
「そういう時は『似てるね!』で良いんだよ。」
と教えてあげました。

彼女はそれを聞いてビックリしていました。
「そうなの??」と・・・。(笑) 

それ以降は、彼女が間違って使う日は私が知る限りありませんでした。



また、別の小学2年生の男の子のケースですと・・・


ある日、彼と宿題をしていた時の会話です。
彼の学校では毎日音読の宿題がありました。

彼:「今日はもう宿題したよ!」
私:「そう。それだったらいっっぱい遊べるね!(*^_^*)
   音読はもう終わったの?」

彼:「違うよ!今日は音読じゃなくてもくどくだよ!」
私:「へー。黙読なんて難しい言葉知っているんだー!」
彼:「知ってるよ!心の声で読むんでしょ!」

そう、そうなんだけど言い方がステキすぎるー!!
ってなっちゃいましたね。(笑)

恐らく担任の先生がそう教えたのでしょうね。

心の声で読むなんて言葉を真っ直ぐ真剣な表情で言われてしまい、私はまた笑ってしまいました。
そしてその後の会話では、

私:「ステキな言葉を知ってるんだね。
   その言葉、どうやって書くか知ってる?」

彼:「知らない」
私:「じゃあ、せっかくだし教えてあげるねー。こう書くんだよ!」
彼:「へー。なんだか難しいね。犬って字が入ってる。」

と続いていました。
彼は、漢字が苦手でいつも苦戦していました
私とも何度も漢字の練習をしていて、彼は「漢字はややこしいんだよー!」なんて愚痴をこぼすことも多かったのです。
そんな彼が漢字に興味を持った瞬間でした。


新しい言葉を使いたがるということは、子どもがその言葉に興味があるもしくはカッコイイと思ったのだと思われます。
だからこそ、いろんな場面で使ったりするのでしょうね

漢字嫌い、算数嫌い、英語嫌い・・・
と勉強は面倒で子ども達から嫌われやすいです。
しかし、この様に子どもが興味を持つと自然と口にしたりするようです。
興味を持つことは非常に大切ということが分かりますね!

今回ご紹介したような私の対応のように子どもが興味を持った際に、「その字、漢字でどうやって書くか知ってる?」なんて聞いてみるのも良いかもしれませんね。

勉強をさせよう、させようと思ってもなかなか上手くいかないものです。
親御さんが一生懸命勉強の楽しさを伝えようとしてみても、大体のケースでは子どもが興味をもっていないので聞き流されてしまいます。
何事もタイミングが大事で、子どもが何かを学んだことに喜びを感じたり、興味を持ったタイミングに、いかにそれを広げられるかです。
勉強をすきになってもらおうとするあまり勢いがありすぎると引かれますし、遠回しに言っても「ふーん」でおわることも。
私も訪問カウンセリング中に子どもが勉強に興味を持った瞬間を見逃さないようにアンテナをはっています

親御さんであれば、勉強を「させよう!」ではなく、勉強に興味を持つタイミングを「逃さない」ようにするといいですね。

それでは、また次回ブログ記事にてお会いしましょう



スージー先生

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

ストレス耐性が低いタイプの不登校の復学事例

どんきー先生です。
前回の続きです。

お家に入った時、彼は自分の部屋でタブレットを眺めていました。
動画を観ていたのかゲームをしていたのかだと思われます。
その表情は無表情で目もうつろな様子でした。

私と顔を合わせたときには驚いた表情を見せてはいましたが、すぐにタブレットを置き、緊張しつつも落ち着いた様子でこちらの話を聴いてくれていました。

まず、私からは「なぜこのような状況になってしまったのか?」という事を聞きました。
この質問はおそらく答えにくかったのではないかと思います。
それでも、彼は涙を見せながらも自分の言葉で

「勉強に疲れてしまった。学校に行っていたころは疲れてしまって帰りの電車で寝てしまい本来降りる駅で降りれなくて終点まで行って引き返してきたことがある。そういう日が何度も続くと宿題が間に合わなかったりすることが増えて、嫌になっていってしまった」


と答えてくれました。

私からは彼が話してくれたことを受け止めた上で「今、学校についてどう思っている?」ということを聞いていきました。
すると、彼は「このままではいけないと思ってます。だから、学校には行こうとしているんです。勉強もしているし、でも、友達が自分のことをどう思っているのかがわからないから怖いんです」と話してくれました。


彼は学校の勉強について行くことに必死になり、自分の限界まで追い込んだ結果、学校に行けなくなってしまったこと。それを誰にも相談できずに今まで過ごしていたこと。
そして、勉強を始めたのは「学校に行くときのため」の準備だったことがわかり、なおかつ「登校」するという事に対して具体的な不安を抱えていることがわかりました。

このことから、彼が学校に戻るうえで必要なことは彼が今抱えている不安を解決するためにしっかりとしたサポートと彼自身の気持ちの「踏ん切り」が必要だということが見えてきました。


私からは彼の気持ちを汲んだうえで、
「君が学校に行こうとしていることはわかった。休んでしまった理由も良く分かった。そのことは事実として変えれるものではない。そのためには君1人で抱え込んでいても解決はしない。人の助けを借りながらでいいから解決していく道を考えていく必要がある。人の助けを借りることは何も恥にはならない。このままではいけないと思うのなら尚更人の手を借りてでも自分のために前に進んでいく方が君のためだと思う」
と彼に伝えていきました。


すると彼の方から
「学校に行けるものなら行きたい。不安が少しでも解消されるのであれば頑張ってみたい」
と泣きながら話してくれました。

そこには彼の「本当の気持ち」が込められているように感じられました。


ですので、ここから彼をサポートしていく訪問カウンセラーを導入し、具体的に復学に向けてどういったスケジュールで準備をしていくのか、彼の不安に対しどういった支援が必要なのか、というプランを話し合っていただきました。



話し合いについては彼は積極的に話をしてくれ、今彼が学校に戻る上で抱えている不安を正直に話してくれ、カウンセラーが提示したプランを興味を持って聞いてくれたようです。
その上で、「これなら学校に行けそう」という感想を持ってくれたようです。

私も詳しくどういったプランで準備をしていくのかを彼本人に確認しましたが、最初のような無気力な表情ではなく、目に光が宿りスッキリとした顔でプランの説明をしてくれました。


「これなら学校に行けそう」というプランが定まったことで彼の中で自信を取り戻すことが出来たのではないかと思います。自信を持つことが出来たことで表情が変わったのでしょう。


復学に向けてのプランが組み立てられたことで彼の表情に自信を持たせることはできました。
しかし、彼が不登校中に起こしてしまった行動については何も解決していませんでした。
ここを素通りしてしまって彼が復学に向けて動き出せたとしても彼自身が自分のしてしまったことをまた思い出し、自分を責めてしまうことが考えられました。
また、ここで彼が自分の行動について顧みることで親に支えられて自分が生きていることを再認識してもらう機会になると私は判断しました。

ですので、休んでしまっている間に起こしてしまった行動について理由を子に聴いていきました。

すると、彼は
「親に不満があったわけではなくて、学校に行きたくても行けなくて、親が心配したり、行くように言われるとイライラしてしまって起こしてしまった。親には悪いと思っている」
という内容を話してくれました。


私からは
「起こしてしまったことは仕方ない。君自身も苦しんでいたんだから。でも、起こしてしまったことは褒められることではないのも事実。君自身がやってはいけなかったことだという理解があるのであれば、一言君の口から親に言っておくことがあるかと思う。それを伝えておかないとまた君自身が自分を責めてしまいかねないと思う。伝えるべきことを親に伝えてそこもスッキリしておこう」
と伝えました。


そして、両親と彼とで向き合っていただき、彼の口から学校に戻ること、休んでいる間に起こしてしまったことに対して「ごめんなさい。」という一言と「育ててくれてありがとう」という言葉を添えてご両親に伝えてくれました


ご両親もその言葉を聞いて涙を浮かべながら「うん。うん」とうなづき、「これからは一緒に頑張ろう」と子に伝えてくれました。


私はこの親子の姿を見て「この家族であればきっとこの不登校も乗り越えられる」と確信することができました


次回に続きます


※あくまでペアレンツキャンプにおける復学支援のケースから多く見受けられるものを元にお話ししました。なにかの参考程度にみていただき、家庭だけで判断するのではなく専門家にご相談されることをお勧めいたします。

 どんきー先生(佐藤博)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

どうして家庭教育が大事なの?

ブログ読者のみなさん、こんにちは。

事務所移転に伴い、引っ越し作業のお手伝いで両腕筋肉痛・左足に謎の大きな痣がありと、体のあちこちが悲鳴をあげておりますスージー先生です
ダメですね
私は万年肩こりも酷く、某アニメ(僕のヒーロー〇カデミア)の『硬化』という個性を持っているのではないかと思うほどです

引っ越し作業も一段落し、前の事務所よりも広い部屋・広い机・座り心地の良い椅子で快適にお仕事しております
何事もそうですが、環境は良いに越したことはありませんよね
ぶにん先生に感謝です


さて、新学期がスタートしましたね
みなさんのお子さんの状況はいかがでしょうか?

と言いますのも、当センターにお問い合わせいただく方が日に日に増えているのです。

新しい環境に慣れず学校に行けない子
去年の学年でもお休みしていて、新学年からは行こうと思っていたが難しかった子
友達から冗談で言われた言葉に傷つき登校できなくなってしまった子
宿題ができなくて行き渋る子

とケースとしては様々ですが、どの親御さんも必死にお子さんの為を思ってお問い合わせいただいている方ばかりでした。
ただ、当センターは支援枠が限られておりまして、家庭教育支援コース・復学支援コース両方の支援枠が徐々に埋まりつつあります。

例年の傾向を見ていますと、GW明け・夏休み明けに一気にお問い合わせ件数が増えます
本当に毎年ビックリするぐらい全国からお悩みの親御さんからお問い合わせいただくのですが、その頃になりますと支援枠が満席になってしまい、お待ちいただく方も少なくありません。

当センターの支援では、個々のご家庭に合わせて具体的なアドバイスを差し上げております。
その為には、お子さんの性格傾向やご家庭での様子などを分析する必要があり、そのご家庭に合ったカスタムメイド型の支援となっております。

支援を受けられている親御さんみなさんが平等に同じ支援(支援の濃さ)を受けられるようにと考えた場合、アドバイザーが一度に受け持てる人数は限られます。


私もたくさんの親御さんのお悩みに対してアドバイス差し上げておりますが、
「もう少し早くご相談いただけたら・・・」
と思うことも少なくありません

お問い合わせいただいた時には不登校になっているお子さんも、よくよく話を聞くと五月雨登校の時期があったり、学校を行き渋る時期があることが多いのです。
その際にご連絡いただければ状況も変わっていたことでしょう。

特に行き渋りなどの問題は、「学校には行けているからまだ大丈夫」と捉えがちです。
ただ、この「まだ大丈夫」の感覚はとても怖いです。
初期の段階で対策を打てていれば、早い段階で問題が解消されやすいですが、とりあえずの対症療法のみを行うだけでは根本的な部分が解決されません。
時間の経過とともに状況が悪化してしまうと、打つ手がどんどんなくなったり、対応が難しくなってしまいます

当センターとしましても、予防開発的な支援を心がけております。
講演会やこのブログなど様々な方法で地道に世の中に発信してまいりました。
その成果か、最近は子どもが何とか学校に通っている段階でも素早くご相談される親御さんも増えてまきています。
それでも、子どもが学校に行かなくなってからご連絡いただく方の方が多いのは事実です。

「うちの子、どうだろう?」
「支援を受けるほどではないんじゃないかな?」
などとご相談されるのを躊躇している方。
アドバイザーの先生にお話しを聞いてもらうだけでも安心されるのではないかと感じます。

最近は地域のつながりの希薄化や核家族化が進み、子育て相談をする相手がいないという親御さんは多くいらっしゃいます。

子育てに不安を持たれて当センターのブログをご覧いただいている皆様には、ぜひ水野先生の書籍をご覧いただいたり、家庭教育のテクニックを学んで自信をもっていただくことをおすすめします。

書籍紹介ページ

カテイズムオンライン


このカテイズムオンラインの特徴は、DVDを買わなくてもいつでも何度でも家庭教育の学びを得られるということ
現状、DVD「PCMをまなぼう」を1本ずつ配信しておりますが、後々新バージョンの動画も配信される予定です

書籍等をご覧いただいても「やっぱり不安」「相談できる相手がほしい」と感じられた場合は、早めにご相談ください。

支援枠が残りわずかとなっておりますので、気になった方はなるべく早くにご連絡いただくことをおすすめします。支援スタートからご卒業までの流れが気になる方は、親御さんからの手紙をご覧いただけるとより支援のイメージがつきやすいかと思います。


それでは、また次回ブログ記事にてお会いいたしましょう

スージー先生

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

ストレス耐性が低いタイプの不登校の復学事例

ブログ読者のみなさんこんにちは
どんきー先生です。前回ブログの続きです。

不登校が始まってからの彼の行動としては
・思い通りにいかないことがあるとご飯を食べない日がある(ハンガーストライキ)
・友だちの連絡先をすべて消去してしまう。
・部屋に閉じこもり、部屋を荒らす
・「今日死ぬ」という発言が見られる
・漢方薬を大量に飲んでしまう
・パソコンに氷をのせ、壊す
・部屋の壁に穴をあける
・昼夜逆転気味の生活


というような行動が見受けられました。


このことを見ると、彼自身、学校に行けずにいることが辛く、自分自身を責めてしまってこのような行動に至ってしまっているように見えました。


支援開始したときにはこういった行動自体は落ち着いてはいたものの、感情的になりやすい状態ではありました。


私たちの復学支援では家庭教育に対してアドバイスをする支援(システムズアプローチ)と子どもに直接アプローチをかけて復学を目指す支援(ダイレクトアプローチ)による支援の大きく分けて2つの支援を柱にして復学を目指します。



このケースについてはまず家庭内での対応についてアドバイスするシステムズアプローチ支援により親御さんの対応面についてアドバイスしていきました。
きっかけとなるのは親からの声かけ(過干渉)に対する反発というものが多く見受けられたのでまずは親からの声かけを極力少なくしてもらうことで反発させる機会を減らし家庭を落ち着かせることを優先しました。


すると、狙い通りに子は落ち着き、反発はほぼなくなり、家庭が静かな状態に落ち着きました。


家庭は狙い通り落ち着きましたが、ただこれだけではなかなか復学といというところまでは行きつきません。
というのも、子どもは不登校が続くことによって休んでいる間の学校のことがわからなくなってしまうことで、学校に戻る「きっかけ」を見失ってしまうケースが多く見受けられます。

このケースでも子の行動としては落ち着いてきたことによって勉強には手を付け始めたものの、学校に行くという行動までは見受けられませんでした。


ですので、このタイミングで私たちの復学支援のもう一つの柱であるダイレクトアプローチ支援を展開し、復学に向けて彼が見失ってしまっている「きっかけ」作りと復学に向けた具体的なサポート体制づくりを進めていくことを親御さんと相談し決めました。


私たちのダイレクトアプローチ支援とはその名の通り、不登校になってしまっているお子さんに会うために訪問カウンセラーがお家に直接伺って対応をすることを指します。
これは不登校になってしまうことでお家から出れなくなってしまったり、相談はしたいけど行くことが出来ていない学校に行ってスクールカウンセラーさんや学校の先生に相談しに行くことが難しくなってしまっているケースが多く見受けられます。
そのため、私たちの支援では直接お家に入り込み、お家でお子さんに会ったうえで対応をしていきます。
お家に入る時にはお子さんから私たちの訪問に対して拒否をされることも想定されるので、そうならないような算段を立てるために親御さんと綿密に協議を重ねた上で対応に入ります。


いよいよ、ダイレクトアプローチ当日を迎えました。

続きはまた次回ブログにて

※あくまでペアレンツキャンプにおける復学支援のケースから多く見受けられるものを元にお話ししました。なにかの参考程度にみていただき、家庭だけで判断するのではなく専門家にご相談されることをお勧めいたします。

 どんきー先生(佐藤博)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

GW明け、子どもが学校を休んだら

みなさんこんにちは
きりこまち先生です

GWが終わってしまいましたねぇ
みなさん連休は楽しめましたでしょうか?私は秋田への帰省を満喫してきました

さて、GWが終わった初週ですが、お子さん達は順調な登校のすべりだしができましたでしょうか。
毎年この時期になるとペアレンツキャンプへの支援の御依頼が急増します

『4月から一ヶ月間頑張り続けていた子どもがGW明けから急に「行きたくない、、、」と言い出した』

『新学期は行けたものの五月雨登校気味だった子どもがぱったり行かなくなりました』

『新学期が明けても登校できていなかった子どもが「GW明けから行く」と話していたのに結局登校することができませんでした』

etc


このように、登校に影響が出てしまっている子ども達の御相談が多く寄せられます
等センターでは個々のケースについて詳細な御相談をいただき、御依頼があれば支援をスタートします。
しかし、復学支援には繊細な手法を用いるため、どうしても急増する支援のご依頼を全て受け入れることが難しいのです。

また、不登校という問題の性質上「初動対応」「早期対応」は大きなポイントです。

お休みが長くなればなるほど、「学校に行けていない」という事実そのものが再登校の足を引っ張ってしまうからです。
こういった状況に陥っている子どもたちは「最初は理由があって学校を休んだけれど、今は何が理由で学校に行けなくなったのかわからなくなってしまった」と話す子が多いように感じます

そこを掘り下げていくと「先生や友達が休んでいたことをどう思っているかわからないから不安、持ち物や時間割が分からない、勉強についていけなくなってしまっている、朝起きられない、夜眠れないetc」といった具体的な不安がでてくることがあります。

いずれも学校をお休みしてしまうことによって出てきた不安です。
ではどのようにしてこういった不安を解決してやればよいのか、結論からいうと100%不安を取り除くことは不可能です。

どんなに先生や友達から子どもに対して直接働きかけをしてもらっても、持ち物や時間割を用意してあげても、勉強を教えてあげたり、生活リズムを整えてあげても、不安が0になることはありません。
そもそも、上記のような対応を親御さんから働きかけても子どもが拒否してしまうことが多々あります。

そして子どもたちは「不安なことがあるから学校に行けない、、、」とループに陥ってしまい、ますますお休みが長くなってしまう、なんて話もよく聞きます

ではどうすればいいのか。
ここでポイントになるのが「初動対応」「早期対応」です。

初動とは子どもが学校を休み始めて1週間以内の時期で、早期は1〜3か月以内が大体の目安です。

この期間に対応を行うことで子ども達の復学、再登校、継続登校への確率はぐんと上がります

もちろん、中期から長期のお休みになってしまったとしても、それが=復学できないという話ではありません。
あくまで不登校というカテゴリーにおいて復学等を目指す場合、中期、長期のお休み期間に比べると、早期対応を行ったケースの方が比較的問題が深刻化する前に対処できているケースが多いというお話です。

いまこの記事を見ている読者の方で、今回の記事に思うところがある方は、おひとりで悩まずにまずはここだと思われた相談機関へのご連絡をお勧めいたします。

もちろん復学だけが選択肢ではないことと思いますが、「待っているだけでは何も変わらない、待つにしてもいつまで待てばいいのか、今の子どもへの対応に不安が強い、病院や学校以外の相談機関の話が聞いてみたい」という方はお気軽にご相談いただければと思います。

ペアレンツキャンプお問い合わせフォームはこちら


きりこまち先生


こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

ストレス耐性が低いタイプの不登校の復学事例

ブログ読者のみなさんこんにちは
どんきー先生です

クラスが変わったり、担任の先生が変わったり、と子どもたちを取り巻く環境がガラッと変わる4月。
この環境変化に子どもたちが戸惑わないよう家庭ではサポートしていくことが大切ですね。

さて、今回は復学事例についてとりあげたいと思います。

【中学1年生 男の子 不登校】

彼は1年生の夏休み前から欠席する日が多くなり、登校したとしても朝は行き渋り、親や時には担任の先生が迎えに来てくれ、最寄り駅や学校まで送り届けるというような日々が1ヶ月ほど続き、最終的には1学期の終わりから完全不登校になってしまったというケースでした。


夏休みが明けてからも登校する気配がないというところで支援のご依頼をいただきました。

彼は学校を休むようになった理由を親御さんや学校の先生たちには話をしませんでした。
親御さんや学校の先生方が彼を見てきた中で推察できる理由として
・学校が行事や勉強に忙しいところであり疲れてしまったのではないか
・新中学1年生という環境に適応できなかったのではないか
・勉強面での目標設定が高すぎて疲れてしまったのではないか

という事でした。


次に彼が不登校になってしまった時期の学校環境を見た時に、学校でいじめがあった事実は認められず、どちらかというと彼は友達が多い方で、成績は真ん中よりも上の位置にあり、担任の先生は親身に相談に乗ってくれ、他の生徒たちからの評判も良い先生だという事がわかりました。

このことから彼が不登校になった要因として全くないとは言えませんが、学校環境によるところの可能性は低いだろうということが見受けられました。

次に彼の性格傾向を分析していきました。

支援を始めた時の彼の性格分析としては
・完璧主義傾向にある
・内弁慶傾向にある
・ストレス耐性が低い
・親への依存が強い
・プライドが高い


といったような性格傾向が見えました。


完璧主義な上、プライドが高い上、内弁慶傾向が強く、ストレス耐性が低いということから、学校や社会で受けてくるストレスの感じ方が人一倍強く、その上、人よりもそのストレスに耐えれないという性格傾向にあったということが初期の分析で見えてきました。

以上のことから、学校の環境に起因する問題よりもむしろ子ども自身の性格傾向に起因する問題が不登校の一因になっている可能性が高いという事が見えてきました。

そして、これまでの家庭教育についても振り返り、彼に合った対応を親御さんとともに考えました。
家庭教育の特徴としては『過干渉傾向』にありました。

子に対して過干渉な対応を重ねてしまうことで子どもから見ると『親は口うるさい人』という認識になってしまっていました。つまり、子から見て『親の立場』が子よりも低くなってしまっている状態になっていることが見受けられました。
また、過干渉傾向にあることで子どもがなんでも親のせいにしてしまう傾向も見受けられました。
これは子が失敗する前に子を助けてしまうという先回りな対応を続けたことにより、いざ子が失敗した時に「親が助けてくれなかったからだ!」というような認識を持ってしまい、自分の失敗とは認められず、親のせいにしてしまいがちな傾向にあることが見受けられました。

こういった家庭教育にあったことも上記のような性格傾向に彼がなった一つの要因だったと考えられました。

次回に続きます。

※あくまでペアレンツキャンプにおける復学支援のケースから多く見受けられるものを元にお話ししました。なにかの参考程度にみていただき、家庭だけで判断するのではなく専門家にご相談されることをお勧めいたします。

 どんきー先生(佐藤博)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

不登校とGW

みなさんこんにちは
きりこまち先生です

GWですね
みなさんどうお過ごしでしょうか。私は実家が秋田なので、今年は帰省しております

さて、前回カケル先生にもブログ記事で書いていただいていますが、不登校や行き渋りの問題でGWというのは年間を通しても気をつけたいポイントとして捉えることが大切な時期です
環境が大きく変化しやすい4月をなんとか乗り越え、ほっと一息つけるのがこのGWですが、一息ついた結果、再び立ち上がるのが大変になってしまったというケースが多く見え始めるのがこの時期です

特に、完璧主義傾向のお子さんが4月に自分の能力以上に頑張ってしまい、燃え尽きてしまったというケースや、新しい環境になかなか適応できず、学校自体が嫌になってしまったというケースのお子さんが多くみられるように思います

以前書いた記事でも触れましたが、この兆候を見抜くのは非常に難しいのです
休んでからはじめて気付いたというケースや、「なんとなく大丈夫かなと気にはなっていたんですが、、、」という確信を持てずにいたけれどなんとなく気にはなっていた、というケースが多くあります。

全てのケースに当てはまるわけではありませんが、そういったケースの親御さんから改めてお話を伺うと4月以降に「帰って来てから昼寝をすることが以前に比べて多くなった、朝食を抜いたり、夕食を食べはじめる時間が夜遅くなっていた、会話の節々にイライラした様子が見られた、、、」といった兆候が思い当ったそうです。

もちろん、上記の様子だから必ず学校を休むということではなく、あくまで子どもが学校を休んだので、改めて振り返ると兆候としてこういった部分があったということです。

また、こういった状況でお休みした子ども達と私が直接話をしたときに、「なぜ休んでしまったのかわからない」と答える子が多いように感じます。
直接的なきっかけがあったわけではなく、「なんとなく休んでしまって、それが1日2日と長引いたことが不登校の入り口だった」という状況です。
そもそも長期的に休もうとして休んだわけではないため、本人達もお休みが長くなったことを後悔していることが多いようです。

しかし、一度お休みが長くなってしまうと、そこから復学を果たしていくというのは本当に難しいのです。
いくら後悔しても、それだけでは学校に再び行くことはできなかったと涙ながらに話すお子さんがたくさんいます。

ですので、もし休み明けに学校を休んでしまったということがあれば、その理由がなんなのかを特定できる範囲で把握し、お休みをできる限り長いものにしないことがまずは大切です。
親御さんで精いっぱい対応してみて、それでもお休みが長引いてしまうようであれば、適切な専門機関にご相談いただくことが結果的には自体の早期解決に繋がる場合も多々あります。
悩むことに多大な時間を使うのであればまずは専門機関について調べるところからスタートしていただければと思います。

今日はGWと不登校にまつわる話でした。



きりこまち先生



↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

今から出来る!GW明けの不登校・行き渋りの予防策♪

ブログ読者の皆さん、こんにちは。
カケル先生です( ̄∠  ̄ )ノ

最近は報告に関する記事が多かったので、今回は久しぶりに私個人の記事を書きたいと思います

さて、GWですね
今年は飛び石連休です。旅行に行かれる方、家でゆっくりされる方、普段できないことをする方などたくさんいるかと思います
GWと言えば一年の中でも大きな楽しみの一つですよね

しかし!中には「GWが怖い」「GWなんてなければ良いのに」という親御さんもいるのではないでしょうか。GW明けの不登校や行き渋りは一年の中でも最も多いと言われています。

もしもGW明けに問題なくお子さんが学校に行けるとなれば、親御さんも安心してGWを楽しめるのではないでしょうか?
今日はGW明けに出来るだけ行き渋りや不登校にならないようにするための予防的な対応をお伝えしたいと思います


そもそもなぜGW明けは休みたくなるのか?
4月は新学期で慣れない環境の中、緊張で張りつめて強張っている状態です。
一ヶ月頑張ってGWに入ると一気に気が緩んでしまいます。大人の私達でも気が緩んでしまう気持ちは分かりますよね。

GW明けの登校に繋げるには、GW中にお子さんのメンタルをどのように維持できるかがポイントとなります

・休みの最中でも生活習慣を崩さない
→「次の日が休みだから今日は夜更かししよう!」これはNGです。
一度生活習慣が乱れると簡単には直せません。昼夜逆転は不登校や行き渋りになる可能性がグンと上がります。

・旅行や遠出は登校日前日に(家に帰ってくるのを)重なるのを避ける。
→こちらも夜更かしの原因になったり生活習慣の乱れが生じる可能性があるからです。
必ず余裕を持ったスケジュールにしましょう。

・コミュニケーションをとる時間を作る
→新学期は緊張の中、お子さんは頑張って学校に行きました。それについて「まずは一ヶ月お疲れ様!どうだった?」と頑張りを認め、学校の話を聞いてあげましょう。その際にお子さんから愚痴や弱音が出てきたらしっかりと聞いてあげてくださいね。(これが傾聴になります。)もちろん良い話であれば親御さんも一緒に喜んであげてください

また、GW中に友達と遊ぶお子さんも多いと思います。喧嘩をして帰ってきてしまった…なんてことも耳にします。喧嘩をしてしまうと「あいつと喧嘩したから学校行き辛いなぁ」と思うお子さんがほとんどだと思います。これについては上記にもあります通りコミュニケーションを取る時間をしっかりと作ってあげる事でお子さんから親御さんに相談しやすくなります。年頃なので喧嘩した事を打ち明けるのが恥ずかしいと思う子もいますが、親御さんの傾聴が出来ていれば、お子さんも話し易くなります。
普段あまりお子さんと話さない方も、GW中は不登校・行き渋りの予防だと思って、この機会に是非コミュニケーションをとる時間を作ってみて下さい

以上がGW明けの不登校・行き渋りの予防的対応でした。

少しでも多くのご家庭が楽しくGWをお過ごしになれる事を心より祈っています

それではまた次回のブログ記事にてお会いしましょう。

カケル先生 



↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

サンケイリビング新聞社の取材を受けました。

ぶにん先生です。

新学年が始まり、全国各地から不登校のご相談が増えてきています。

環境変化が激しい春
ここでつまづいてしまう子どもたちが多いわけですが、ケースを紐解くと「環境適応力」に課題がある子が散見されます。
新たな友達関係。面識のない先生。経験のない授業。はじめての行事などなど・・・

環境適応力が低いことが原因で不登校になってしまう子たちは、幼いころから次のような行動があります。

小さいころから親の近くから離れたがらない。
知らない子たちが遊んでいる輪に入っていけない。
新しいことにはチャレンジしたがらない

などなど。
この環境適応力というのは生物学的な進化論で考えても重要視されています。
というのも今の世の中で生き残っている種は様々な環境の変化に適応した結果、今のスタイルで生き延びているとも言えますので、環境適応力の低い種は絶滅してしまう訳です。

そんな壮大なビジョンで考えると、子育てで親が子どもに幸せに生きていってほしいと願うのであれば、この環境適応力は、子どもたちに身に付けさせたい力として重要視しなければならないと言えるのではないでしょうか。
私たちペアレンツキャンプの家庭教育支援ではまさにそのような能力を開発するためのメソッドを提供しております。


さて、タイトルにもありますが、先日、不登校の子どもたちの居場所づくりを支援している団体を紹介するサンケイリビング新聞社の『保護者のための学校選び』という冊子の巻頭インタビューの取材を受けました。

不登校になった時、すべての子どもたちが学校へ戻ることを考える時代ではなくなりました

学校が全てではありませんし、様々な教育機会の確保は大切です。こちらの冊子はまさにそのような学校以外の居場所を保護者に知っていただくためのものです。

私自身は復学支援の専門家ですし、社会の縮図である学校に適応できる力を育んだ上での不登校児の学校復帰を目指して日々活動をしております。ですので、復学支援の専門家がこのような学校以外の居場所づくりの活動をされている冊子のインタビューというのはかなり珍しい光景となりました。

復学支援の立場から、学校復帰の優位性を語ったうえで、不登校の子どもたちの居場所づくりの拡充にも意見を述べさせていただきました。

まだまだ議論と改革が必要な不登校支援。しっかりとパイオニアとして、オピニオンリーダーとして発信していく機会をこれからも作っていこうかと思っております。

ぶにん先生

こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  


4月、突然子どもが休んだ時は。

みなさんこんにちは
きりこまち先生です

すっかり桜も散り、新緑が目に優しい季節となってまいりましたね
そろそろ子どもたちも新しい学年、新しい学校に慣れてきたころでしょうか。

環境が変わることで負担を感じる子もいますが、その負担も適度であれば成長のための糧になっていくものですので、暖かい目で見守っていただければと思います

しかし、周りの大人が思う以上に新しい環境への負担が大きい子ども達もいます。
特にこの時期は環境への緊張感や春休み明けの倦怠感、責任の増加によるストレスなどなど、普段と変わらない様子に見えても以外とたくさんのことを抱えて学校に通っているということがあります。

その結果、いつもよりイライラした様子が強く見られたり、親御さんへの甘えやわがままが出たり、生活リズムに乱れが起きたりすることがあります
これらは新しい環境に慣れるまでは頻発する可能性があるので、そういった行動をとる背景は理解しつつ、それでも自立を考えたらその行動を許して良いものかどうかを判断していく必要があります。

また、一見良い様子として、普段はやらない家庭内でのお手伝いができたり、提出するプリントをちゃんとだしてきたり、宿題に取り組みやすかったりといった様子が見えることもあります。

これらは新しい学年や学校に変わったことにより、年齢的な自覚が出て「ちゃんとしよう」という意識のもとやる気がでて行動が変わったケースです。
しかし、これらの行動が以前の環境でほとんどみられていなかった場合、その行動が本当に根本から変わった結果なのかを見極めていく必要があります

酷なことを言いますが、たまに出るやる気はやる気ではなくきまぐれです。
それを判断する材料で簡単なのは継続性があるかどうかです。
少なくとも1カ月以上はそういった行動が続いていなければ、気まぐれだったのかなと解釈しても良いでしょう。

さて、ここでお伝えしたいのは気まぐれだから悪いわけではない、ということです
そもそも短期的とはいえ、行動に変容があったのであれば「そうした方が良い」ということを理解しているわけです。
そういった気まぐれを繰り返すことによって、徐々に行動が変容していくケースもあります。

また、気まぐれでも行動を変容させているということは、本人にとって「努力している」状態です。
つまり、以前の自分でいるよりも負担を感じる状態になっているということです。

頑張ろう、頑張ろうという意識で日々を生活することにより、その負担が積み重なってしまい、最終的に息切れを起こして学校を休んでしまうケースもよく見られます。
これはもったいないですよね

もちろん、努力している子ども達を不安の目でみてくださいという話ではありません。
ケーススタディとしてこんな場合もあると捉えていただければと思います。

結論としては本当に努力しているのか、自分の限界を超えて無茶してしまっているのかを見極めることが大切になるわけですが、この判断は本当に難しいのです
当センターに寄せられるお話として「休んで初めて無理していることに気付いた」という声をよく聞きます。

特に、私の感覚では完璧主義傾向にあるお子さんや細かなことが気になりやすいお子さんがこういった状況に陥りやすいように感じます。

また、親御さんの傾向としては「もっとこうだったらいいのになぁ」というお子さんへの不足や不満を感じやすい性格傾向の方が多いように感じます。

子どもなりには努力しているのに、それに気付くことや満足することができず、「もっと○○したら?」という話をしてしまったり、話はしないものの雰囲気や目でそれを示唆してしまったなんてことはないでしょうか。

子ども達は意外と親御さんのことをみているものですよ

今回の記事をご覧いただいて、心あたりがある方は明日からの子ども達との接し方を見直してみるのはいかがでしょう。

きりこまち先生

(下のバナーをポチッと応援お願いします 
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

プロフィール

ぶにん先生

不登校児童の訪問カウンセラーとして多くの不登校の小中学生と関わり、復学へと導く。不登校の解決法として家族関係の重要性を説き、水野式の家庭教育メソッドである「PCM」を構築。「家族と子どもの自立」を第一に考え、全国の親子をサポート。不登校の復学支援や家庭教育に関する講演会も精力的に行っている。

現在、家庭教育支援センターペアレンツキャンプ代表理事として全国からの家庭教育相談や復学支援を展開している。著書多数。

【主な著書】
・『無理して学校へ行かなくていい、は本当か』
・『ころんでも立ち上がれる子はあなたが育てる』

当カウンセリングルームは2003〜2005年までMSNブログにて開設されていた「ぶにん先生のカウンセリングルーム」の2代目として開設された情報発信型カウンセリングルームである。


家庭教育に興味のある親御さん、お子さんのことでお悩みの親御さんなど皆さんの憩いの場になればと思います。

お子さんのことでお悩みのかたは家庭教育支援センターペアレンツキャンプまでお気軽にご相談を。

ご相談はこちらまで
不登校からの復学支援
  一般社団法人  
家庭教育支援センター
 ペアレンツキャンプ  

学校への行き渋りでお悩みの親御さん、家庭力で乗り越えましょう。親が変われば子も変わる!おひとりで悩まずまずはご相談を。
にほんブログ村参加中!クリック投票おねがいします。
                にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

親の会のご紹介
関東ペアレンツキャンプ親の会
みかんさんによる関東ペアレンツキャンプ親の会ブログ。小学2年生の時に不登校になった息子さんと娘さんとの日常生活についての笑いあり涙ありの日記。息子さんの不登校からの復学についての考察、情報発信を主にされています。


Archives
訪問者数
  • 累計:

ブログランキング参加中
人気ブログランキングへ
記事検索