親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ぶにん先生のカウンセリングルームは家庭教育支援センターペアレンツキャンプのカウンセラーが運営する「親が学べば子は伸びる!親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 経験豊富な復学支援カウンセラーや家庭教育アドバイザーが綴る今日から役立つ理論や最新の子育て論など情報満載です。 親子の笑顔のために日々情報発信をしています。

親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム イメージ画像

更新情報

みなさんこんにちはきりこまち先生です全国的にコロナの休校が解除されつつありますね。まだ学校によっては分散登校や時差登校などを続けている学校も多いですが、徐々に日常が取り戻されつつあるようです。油断はできませんが、コロナの時代の学校生活が子ども達の間でも浸
『長期休暇明け、登校再開に向けて』の画像

ブログ読者の皆様、こんばんはりーぼ先生です蒸し暑い日が増え、いつの間にか今年も夏が来たなぁと感じる今日この頃です皆様いかがお過ごしでしょうか?例年に比べて、マスク着用や運動不足の影響で熱中症の危険性が高まっていると言われています。皆様もくれぐれも体調には
『「〜して!」「〜したら?」の声かけのリスクとは?』の画像

ブログ読者の皆さま、こんばんは!カケル先生です今回の記事は、以前投稿した「母子登校の解決事例①」の続きになります。前回は、親御さんからお子さんへの対応で「失敗をしたら可哀想」から「失敗をさせないと可哀想」という考え方に変えてみた結果、これまで一人で出来な
『母子登校の解決事例◆戮硫菫

7月に入り、本格的に夏がやってきた!と感じます訪問カウンセラーはそれぞれ自分に合った暑さ対策を行っています訪問カウンセラーの私(チャマル先生)は今年、暑さ対策として首からかける充電式の扇風機を購入しましたこれがまた、涼しくて快適です今回は私たち訪問カウンセ
『訪問カウンセラーの対応とは・・・?』の画像

子育て中、親御さんの対応が過干渉になってしまうことも珍しくありません。「過干渉は良いことではない」とは思いつつも、ついつい過干渉対応になってしまうと言う親御さんも少なくないのではないでしょうか??今回のブログ記事は、過干渉対応になりがちな親御さんの傾向を
『過干渉対応になる親の傾向』の画像

当センターの家庭教育支援コースでは、母子登校のご家庭もサポートしています。今日は一つ、カケル先生が担当していた、過去に母子登校だったご家庭を事例にあげて、支援当初から現在までの様子を書いていきたいと思いますその子は当時小学4年生の女の子でした。状況としては
『母子登校の解決事例 戮硫菫

前回、学年別!必要な干渉と過干渉のライン引きとは?という記事にて、学年別で必要な声掛けと過干渉のラインについて解説をしました今回は学年別の「自立の度合い」についてまいどん先生が解説をしたいと思います今回のブログでの「自立」とは、「生活習慣における自主的・
『学年別の「自立の度合い」とは?』の画像

ブログ読者の皆様、こんにちはりーぼ先生です例年、長期休み明けは不登校のご相談が増える傾向にあります。今年は新型コロナウィルスの影響で異例の事態となりましたが、やはり長かった休校期間明けが、子どもたちにとっても一つの山場となっているようです各地域で学校が再
『長期休み明けからの不登校復学事例』の画像

家庭教育で「必要な干渉と過干渉のライン引きが難しい」というご相談は日頃たくさんいただきます。皆さんが参考にされるのは、皆さんのお母さんのご意見や、ママ友の話が主になるかと思います。特に同学年のお子さんがいるママ友の話はとても参考になりますよね。しかしなが
『学年別!必要な干渉と過干渉のライン引きとは?』の画像

長い休校期間が明けて学校が本格的に再開し始めた地域も多いことと思います関西の公立小中学校は6月1日から学校が再開し始め、12日まで分散登校の期間があり、今週15日からクラス全員が集まって授業をし、給食を挟んで5限や6限まで授業をするという休校前と同じ時間割りで再
『休校明けの子どもたちの様子』の画像

休校が明けてから、当センターには日々沢山のご相談をいただいております。特に多いのが不登校のケースと、小学校低学年のお子さんの行き渋りや母子登校のご相談です。このブログをご覧いただいている皆さんの中にも、「休校明けからの登校が不安定になっていて不安」「休校
『「ころんでも立ち上がれる子」はあなたが育てる!!』の画像

緊急事態宣言も明け、分散登校や一日登校が始まるご家庭が増えてきましたね。学校が始まると、親御さんの目につくのはお子さんが宿題や翌日の準備をしていないということが多いのではないでしょうか。 私も訪問カウンセリングをしていると、休校期間中の課題がたくさん出さ
『その声かけは必要ですか?』の画像

皆さんこんにちはきりこまち先生ですいよいよ夏本番と言った日差しが降り注いできましたねテレビでも「今月の最高気温を記録しました」といった報道が見られるようになってきました。まずはこれから梅雨の時期を乗り越えなければいけませんが、いまから夏が待ち遠しいですさ
『5月病?から始まった不登校』の画像

ブログ読者の皆様、こんにちはりーぼ先生です訪問カウンセリングでは、お子さんとのリレーション(信頼関係)を構築するために、一緒にゲームをして遊ぶことがあります。その中で、お子さんの性格傾向というのも見えてきますよくある傾向のひとつが、「自分から言い出すのが
『やりたいことをやりたいと言えない子』の画像

ブログ読者の皆様、こんにちはりーぼ先生です引き続き外出自粛が求められる中ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうかコロナ以前と比べると、自宅で親子で過ごす時間が長くなっている方がまだまだ多いかと思います。親子の距離感が近くなりやすい分、いつも以上に「子ども
『イライラの原因は、〇〇を取り違えているから?』の画像

ブログ読者の皆様こんにちは!どんきー先生ですこの度、「おうち教材の森」様とご縁をいただきまして、相互で記事を書かせていただくことになりました!「おうち教材の森」様は、幼児教育を選ぶ方を応援するサイトを運営されております。様々な教材の紹介をされていたり、体
『子どもをよく見て得意分野を伸ばしてあげよう!』の画像

みなさんは、「母子登校」という言葉をしっていますか?小学生は、お家から1人あるいは登校班で学校に行き、授業を受け、帰宅します。しかし母子登校のケースは、「校門までお母さんが一緒じゃないと学校に行けない」「教室までお母さんについてきてもらえないと学校に行け
『小学校低学年のご家庭に多い登校の不安』の画像

皆さんは、お子さんと話をしていて「なんか親子の上下関係が逆転している気がする…」と感じたことはないですか?様々なご家庭の支援をしていますと、日常的に親子の上下関係が逆転しているご家庭が多いと感じます。「親子の上下関係が逆転しているしている」とはどういうこ
『ラクダから学ぶ家庭教育』の画像

チャマル先生ですブログ読者の皆さん、こんにちは私はお酒を飲むとすぐに眠くなってしまいます。それでもこの歳になると結婚式や人付き合いなどで「お酒の席」に呼ばれることが多くなりました。昔はお酒を飲むと寝てしまいますが、最近は眠くなることが減ってきたように思う
『ついついやっちゃう?過干渉について』の画像

ブログ読者の皆様、こんにちはりーぼ先生です私たちの訪問カウンセリングは、普段全国各地を飛び回って対応していますそのため訪問カウンセラーは、お家にお伺いするまでに電車を何本も乗り継いだり、新幹線や飛行機に乗ったりして、移動時間が長くなることもしょっちゅうで
『訪問カウンセラーのコバナシ 戮硫菫

当センターでは、日頃から子育てに悩まれる多くの親御さんからご相談をいただきます。その殆どが親御さんからのSOSです。「どうしたらいいでしょうか?」「相談に乗ってください」「助けてください!」そんなSOSを聞いていると、支援者としていつも思うことがあります。ブロ
『「どうしよう・・・」その間に深刻になることも⁉』の画像

6月に入りました全国で緊急事態宣言が解かれましたね学校再開とは言いつつも準備期間として、分散登校が始まる学校が多いようです。学校が始まることは親御さんの気持ちとしては複雑な方もいらっしゃると思います。とは言え、少しでも外に出られる環境は喜ばしいことでもあり
『長期の休校期間明けに見えてくる子どもの様子』の画像

緊急事態宣言が解除され、プライベートで自粛していた私は・・・先日バイクでツーリングに飛び出しました!この季節は晴れることも多く、過ごしやすいので毎年この時期はバイクで出かけていたのですが、コロナによる自粛でお預けでした(´Д⊂)やっぱりツーリングで外に出る
『新小1の環境不適応について』の画像

「ペアレンツキャンプってどんな支援をしているの?」「支援に興味があるけど、悩んでる…」「ペアレンツキャンプにはどんな先生がいるの?」などのご質問をよくいただいております。そこで!今回はマンガでペアレンツキャンプについて紹介してみようと思います!まいどん先
『ペアレンツキャンプってどんな支援機関?』の画像

地域にもよりますが、分散登校などが始まった学校も多いかと思います。実際の学校再開はいつになるのかは正直ギリギリまで分かり兼ねますが、そろそろ学校再開となりそうですね。ここで親御さんが心配になってくるのは「うちの子本当に学校に行けるのかしら?」という点にな
『学校再開に向けてできる準備とは』の画像

まいどん先生です前回のブログの続きです。前回、「不登校は誰にでも起こること」「不登校の原因は環境要因あるいは性格傾向要因のいずれかで考えることができる」ということを発信いたしました。お子さん1人ひとりに個性があり、一見短所に見える性格も長所と捉えることもで
『休校明けに行き渋りや不登校になりやすい子の性格傾向◆戮硫菫

緊急事態宣言が解除され、徐々に元の生活に社会は少しずつ戻り始めましたね元の生活が始まるということは子どもたちは学校が再開し始めるということになりますね。しかし、不登校のまま休校に入ってしまった子どもたちにとってはその再開するということが不登校が再開してし
『不登校のまま休校に入った子たちの現状』の画像

ブログ読者の皆さま、こんにちはカケル先生です5月も下旬に差し迫りましたが、世間では新型コロナウイルスのせいで何事に対してもやる気が出ないという声が飛び交っています去年までは5月に入ると「五月病」というワードが頻繁に出てきていましたが、今年は五月病に関係なく
『新中学1年生の環境不適応と予防策』の画像

ブログ読者の皆様、こんにちは。カケル先生です(*´▽`*)本当に新型コロナはいつ終息するのやら、、終息までに「1年かかる」「5年かかる」「コロナは消えない!」など、何が正しい情報なのか分からない中で不安な気持ちでいっぱいの中お過ごしかと思います。この状況の中で
『支援を検討されている方、今でしょ!』の画像

皆さんこんにちはきりこまち先生です5月も終わりが近づいてまいりましたそれと同時に、3月から始まった休校期間もいよいよ終了が見えてきましたね地域によってはすでに分散登校が始まっていたり、通常授業に近づける形で学校運営が始まっているところもあります。そういった
『「課題が終わらない、、、」から始まった不登校』の画像

ご好評をいただいておりますカテイズムオンラインスクールに新しい講座がアップされました。( ↓ カテイズムオンラインスクールはこちらから ↓ )今回追加されたのは応用講座⑪「通知表は親子で見よう」です。今回の講座の講師は水野達朗先生です今回の講座は「通知表
『カテイズムオンラインスクールに新着動画「応用編通知表は親子で見よう」』の画像

2月末に新型コロナウイルス感染拡大防止のための臨時休校要請が出されて早3ヶ月。全国の教育委員会も、突然の要請により、3月の休校期間は何日まで設けるのか?2週間?卒業式は?春休み明けまで?とバタバタされたことと思います。当初は春休み明けには終息するかもしれない
『休校明けに行き渋りや不登校になりやすい子の性格傾向 戮硫菫

ブログ読者の皆様、こんにちはりーぼ先生です今回のブログでは、先日初開催いたしました「オンライン親の会」のご報告をいたします ◆日時:5月16日(土) 13:00〜16:00 ◆方法:zoomを使ったオンライン上でのweb会議形式これまで関東、関西、中部と地域別に開催していた「ペ
『オンライン親の会開催のご報告!』の画像

ブログ読者の皆様、こんにちはりーぼ先生です休校期間中、親御さんからよく聞く悩みとして「子どもの運動不足」があります。「子どもがぜんぜん運動しないので体が心配です…」「もう少し運動してほしいんですけど、親が外出を勧めるわけにもいかないし…」不要不急の外出は
『休校期間中の運動不足を解消するには?』の画像

ブログ読者の皆さんこんにちはぶにん先生ですコロナ禍の中で皆さんの生活様式も大きく変化しているのではないでしょうか。政府からもそんなアフターコロナの生活様式が示されましたね。ペアレンツキャンプでもオンラインカウンセリング対応や各カウンセラーのテレワークを推
『学校へ行かないことは問題なのか』の画像

新型コロナウィルス感染拡大の影響による学校の休校期間が現在も続いていますねいつ休校が明けるのだろうと親御さんもお子さんも不安になられていることと思います私たちの復学支援にも少なからず影響が出ており、突然休校に入ったことにより、3月中に復学を目指していた子や
『休校明けは不登校が増える?!』の画像

こんにちは。スージー先生です。前回のブログ記事の続きとして、新小学1年生のお子さんを持つ親御さんの休校中のサポートに関して書きたいと思います②子どもが失敗しないようにと親が頑張り過ぎない。お子さんに対して「この子が失敗しないように私がちゃんとしなければ!」
『新小学1年生の子どもを持つ親ができる、休校中のサポート◆戮硫菫

タイトル通り、今回は新小学1年生の親御さん向けにブログ記事を書きたいと思います!本来、学校で経験するべきことも休校期間中となればその経験も出来ませんしかし、いつかは学校が再開するものです。その時に学校生活に対してお子さんが不適応を起こさないように、今出来る
『新小学1年生の子どもを持つ親ができる、休校中のサポート 戮硫菫

新型コロナウィルスの影響により、今年は春に行う予定だった親の会も中止とせざるをえませんでしたただ、そんな中でも何かみなさんと情報共有をできる場を作れないかと幹事のみなさんたちと協議をしてきました。そこで今回は【オンライン親の会】を開催したいと思いますみな
『オンライン親の会開催のお知らせ!』の画像

先日カケル先生が過干渉や過保護についてのブログ記事を発信してくださいました。少しおさらいをしてみましょう・過干渉とは「子どもができることを親が先回りしてやってあげすぎること」です。一言でいうと「親の価値観の押し付け」です。・過保護とは、子どもの行動に何で
『過干渉過保護な対応を避けていたら、いつの間にか放任気味に…?!』の画像

ブログ読者の皆さん、こんにちはカケル先生です。よいしょ〜前回は過干渉についての記事を書きました。(『どこからが過干渉?』を参考にしてください)今回は過保護と過干渉の違いがイマイチ分からないという方のために、具体的な違いについてお伝えします。前回の記事の復
『過保護と過干渉の違いとは"(-""-)"』の画像

みなさんこんにちはきりこまち先生ですGWがやってきましたねしかし今年は皆さんご承知の通り、政府によるオンライン帰省が推奨されるなど緊急事態宣言が続く中でのGWとなります。皆さん今年は自宅での楽しみ方を模索することになりそうですねこの特殊な状況に向けた記事は
『カウンセリングで聞こえてくる子ども達の本音』の画像

ブログ読者の皆さんこんにちは。代表理事のぶにん先生ですペアレンツキャンプでは、昨今のコロナの中でも適切な支援を子どもたちや保護者の皆さんに届けるための取り組みをしています3月中旬には「コロナウイルス対策のための訪問カウンセリングの指針」を策定し、3月下旬に
『こんな時だから少し昔の話を』の画像

ブログ読者の皆さん、こんにちは!カケル先生です!私たちはよく「過干渉をやめましょう」と親御さんに伝えます。そう伝えると「どこからが過干渉でしょうか?」「これは過干渉?あれは過干渉?」と悩まれる親御さんが多いです。今回は過干渉についての記事を書いていきます
『どこからが過干渉?』の画像

ブログ読者のみなさまこんにちは!まいどん先生です今回は、文部科学省のYouTubeチャンネルでアップされた 令和元年度「全国家庭教育支援研究協議会」の動画のご紹介です以前ぶにん先生がアップされていた「令和元年度 全国家庭教育支援研究協議会が開催されました」の内容
『全国家庭教育支援研究協議会の動画がアップされました!』の画像

みなさんこんにちは きりこまち先生です緊急事態宣言からもう少しで2週間ですね。ここからの感染者数の状況次第では更に期間が延びるようですし、なんとか終息が見えてきてほしいものです子ども達の休校期間も長くなるにつれ、家庭内でも様々な問題点がでてきているようです
『休校期間、干渉が多くなっていませんか?』の画像

新学年が始まったものの休校中になった学校も多く、みなさんどの様にお過ごしでしょうか?どの親御さんも工夫してお過ごしのことと思います。ただ、子ども達に勉強をさせるとなるとなかなか思うようにいかないことも多いでしょう。ゲームやテレビやYouTubeなど、観ることは構
『休校中の自宅学習、みんなどうしてるの?』の画像

緊急事態宣言が出てから、入学式や始業式が中止になった学校も多かったのではないかと思います。あった学校も次の日からは休校中となり、子ども達もしばらくの間家庭での生活を余儀なくされました。新学期が始まったものの、気が緩んでしまったというお子さんもいるのではな
『休校中の勉強の意識づけについて』の画像

みなさん、こんにちはどんきー先生です毎年、春と秋に開催しております「関西ペアレンツキャンプ親の会」及び「関東ペアレンツキャンプ親の会」は新型コロナウィルスの現状を鑑み、春の開催は中止とさせていただきます。関西の親の会のみなさんには幹事の方からメールで開催
『関西及び関東ペアレンツキャンプ親の会中止のお知らせ』の画像

ブログ読者の皆様、こんにちはりーぼ先生ですここ最近、親御さんと話をしていると、こんな声がたくさん聞こえてきます。「子どもが何もせずにボーっとしてるんです…」「毎日すごく退屈そうにしています…」いくら緊急事態とはいえ、休校期間が長引けば長引くほど、辟易とす
『子どもが毎日退屈そう…どうすればいい?』の画像

↑このページのトップヘ